【これで簡単】洋服を捨てる際に押さえておくべきルールとは

『洋服がなかなか捨てられない。』『どう服を捨てればいいの?』と悩む事はないですか?そんなあなたの為に、洋服を捨てるルールをご紹介します。

大前提として、あなたを含め、ほとんどの人は「必要以上に服を持っている」ということを意識してみましょう。まずはある法則から解説していきます。

パレートの法則

断捨離とは
パレートの法則とは、イタリアの経済学者パレートの理論で、全体を構成する大部分は、全体の一部のみが生み出しているとするものです。

簡単に説明すると、この理論を基に80対20の法則が生まれ、世の中の現象の内80%は、20%の要素のせいである、という考え方です。

パレートの法則は様々な事に適用される

これは世の中の様々な事に該当する、原則のようなものです。例えば、

・世界の所得の80%は、20%の富裕層が得ている
・売上の80%は、20%の製品である
・売上の80%は20%の常連客が買っている
・英語の文章で使われる単語の80%は単語全体の20%のよく使われる単語である

一例を挙げてみると、このようなイメージですね。もちろん、必ず80対20とキッチリした数字にはなりませんが、納得する事もあったのではないでしょうか?

この法則を当てはめて見ると

これをご自身のクローゼット事情に当てはめて見ると例えば、自分の生活の80%の時間に着ているのは、持っている服の20%だけ、という事になります。

どうでしょうか?あなたの生活に当てはまるとは思いませんか?思い当たる場合、残りの8割の服は基本、「必要のない服」と考えることができます。

このように考えてみると、「なら、やっぱり服をもう少し減らそうかな」と片付ける必要性を感じてきませんか?

リ・バスターでは、これまでも断捨離や洋服の処分方法について解説してきましたが、今回は更に「洋服の処分」にフォーカスを当てて具体的な「洋服を断捨離するルール」を解説さえて下さい。

洋服を捨てる際のルール

断捨離のメリット
さて、ここからは遂に洋服を捨てる為のルールを具体的に解説をしていきます。是非、ご参考にして頂いて実行して頂けると嬉しいです。

1年着ていない洋服は処分する

なぜ1年かというと1年で四季が一巡するからです。このルールを適用すれば、かなり捨てられるでしょう。

1年着ていない服だけど、捨てられないものがあるのなら以下のルールを適用してください。

サイズが合わない洋服は処分する

適したサイズの洋服でなければ、楽でもなければ見た目もよくありません。実はサイズが合わない服は捨てるべきです。

「痩せたら着よう」考える人も多くいますが、痩せようと思ってから何年経っているか?がポイントです。「やせたらいいな」と思うだけでは痩せません。

トレンドは目まぐるしく変化し、自分の体型も好みも変わります。実は痩せた時には「着たいと思わない」という事もあります。

とは言え、トレンドは周期で巡り巡ってきますし、本当に思い出の詰まった洋服もあるでしょう。そんな時は厳選した1着くらいは残してもいいですね。

ダメージがある服は処分する

ボタンが取れている、裾がほつれている、小さな穴が空いている、染み付いて汚れが取れない服。そういう服が眠っていませんか?

今に至るまで修繕していないという事は、着ることがない服です。思い切って処分してみてもいいのではないでしょうか?

思い出の服

例えば、新婚旅行時に着た服や、旅先で買った服やプレゼントされた服など思い出が詰まっていて記念に残したりしますよね。

あるいは、自分にとって転機の時期に来ていた服や、今の自分のルーツになった服など。色々な思い出がありますよね。

しかしこれは、服ではなく思い出です。思い出を象徴しているその服に執着しているだけではないでしょうか?服自体に魅力は感じておらず、思い出補正により手放せない可能性もあります。

どうしても抵抗がある場合は例えば、服の写真をとって、デジタルに残して服は捨てる。という方法はどうでしょうか?

コーディネートに悩む服

『ショップで見た時は気に入って買ったけど、全然着ない。』そんな気に入っている服があったりもするのではないでしょうか?

気に入っているはずの服をなぜ着ないのか?それは大体「合わせる服がないから」です。ショップで展示されている時はマネキンなどにコーディネートされているものもあります。

しかし、ほとんどの場合はアイテム単体で並んでいます。単体で見た時とコーディネートする時とではイメージも変わります。

『この服は単体で見るとデザインがすごく気に入っているけど、難しい。』そんな洋服は1年経っても続くようんであればこの先も続く可能性が大いにあるのではないでしょうか。

合わない服は処分する

数年前は好きだったジャンルの服を残している事もあるかと思います。『そう言えば最近着てないな』と思ったら好みが変わっていたり、何となく着てみたら似合わなくなってる。

なんて洋服があれば思い切って捨ててみましょう。また押し入れやクローゼットの中を整理したり中身を一度全部書き出してみると忘れていた服なんかも出てくる事もあります。

そんな忘れてしまっていた洋服も整理してみてはいかがでしょうか?

✔ 他にもこんな方法があります

これまでのルールでも、まだ捨てられない服もあるのではないでしょうか?モノや服は使われる事に意味があります。残しておくならば、せめて着る習慣をつけましょう。

こんなルールはどうでしょうか?

着替える時のルールを決めてみましょう

ここまでの方法で洋服の断捨離を進め、何着残っているでしょうか?始める前よりは確実に減ったかと思います。

残りの洋服は例えば、1年間1度も着なかった服を順番に着てみることにします。またはシーズン毎に持っている服を満遍なく着て見るルールを作ってみましょう。

このポイントの本質はただ着ればいい訳ではありません。まずは「外に着ていく」ことで実際着て外に出る事で、その服が今後も活用するのか判断材料になります。

また、持っているのに使わない・着ないのは可哀想なのでぜひ、着てあげて下さい。着ないのであれば処分する勇気も必要です。

まとめ

断捨離のやり方 まとめ
いかがだったでしょうか?いざ断捨離を進めてみると何故、この服が1年以上放置状態だったのか、分かったのではないでしょうか。

気に入らない服・着ない服は手放す勇気を持ちましょう。周りをシンプルにすることで無駄な思考やストレスから解放され振り回されることがなくなり、本当に必要な事に時間やお金など使えるようになります。

気分も晴れて様々な相乗効果の期待も見込めます。

✔ 1年着ていない洋服は処分する
✔ サイズが合わない洋服は処分する
✔ ダメージがある服は処分する
✔ 思い出の服を捨てる勇気
✔ コーディネートに悩む服
✔ 合わない服は処分する
✔着替える時のルールを決める
✔ 着てあげないと意味がない
✔ 満遍なく着る事で処分に繋がる

服を多く持っていれば「おしゃれな人」という事ではありません。ぜひ、上手に活用してみて下さい。

断捨離・片付けの解決はリ・バスター

ゴミ屋敷 分割払い 即日
どんなお部屋の片付けもリ・バスターへ24時間365日お気軽にご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

無駄な費用はありません

リ・バスターなら無駄な追加料金や初期費用、基本料金はありません。例えば、以下のサービスが全て含まれています。

✔ 見積/出張費/基本料等ありません!
✔ 分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔ 廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業

全てコミコミ価格で安心の明朗会計!これだけではなく、更にこのようなメリットで皆様に大変ご好評頂いております!

✔ 最速/安心丁寧で選ぶなら当社
✔ 初期費用/追加料金は必要なし
✔ 頭金不要/分割払いも対応可能
✔ 明朗会計/好評安心定額パック
✔ どんな不用品もまるごと回収!
✔ 限定割引/24時間365日相談可
✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速
✔ 資格など取得済みの優良業者

ゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。このようなお悩みをお持ちの方!

片付けたいお悩みを解決します

不用品回収 業者 ランキング【業界最速の最安値でご対応】
✔お客様のお悩みに急行し一括で即日解決!
【損をしない安心な明朗会計】
✔基本料金0円で分割払いやクレジット可能!
【個人様・法人様も利用可能】
✔粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!
【幅広い対応力と豊富な実績】
✔プロ集団リ・バスターにお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も可能です。

即日対応も可能!不用品回収・ゴミ屋敷など片付け掃除のプロ集団専門業者リ・バスターなら一括で即日解決!個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。

サイトトップ
Twitter
Facebook
Instagram

【後悔したものリスト】断捨離で後悔する前に確認しよう

断捨離したいモノって色々あるかと思います。例えば、服や本類・食器などは断捨離したい代表的なモノと言って良いのではないでしょうか?

いざ断捨離をするぞ!と決意したものの、「捨てて後悔したくない」という気持ちが芽生えると前に進みません。とは言え、捨てて後悔もしたくないですよね?

断捨離で後悔する主な理由は、調べて断捨離の方法は知っていても「後悔しない方法」を知らないからです。そこで今回は、後悔したモノを選別しご紹介と方法を解説します。

断捨離で後悔したモノ

断捨離で後悔したモノ 具体例
断捨離という言葉が浸透し、取り組む人が増えています。スッキリする人もいれば、後悔する人もいます。処分後に後悔してしまい再度購入するケースもあるようです。

後悔しないように、事前に後悔したものをご紹介します。

サイズの合わない服などの衣類

体型の変化から衣類を捨てたらダイエットに成功して残しておけばよかった。昔、流行っていた服で捨てたけど、またブームになってきた。
お気に入りだったのにな、また流行るなら捨てなかったな、ということもあると思います。また、痩せられたら着ようとモチベーションになるに繋がる事もあります。

そんな時は、最もお気に入りの1着くらいは残しておいても良いのではないでしょうか。何でもかんでも残しておく訳ではなく、あくまで目的はモノを減らし快適に過ごすことは、忘れないように!

トレンドは70年代、80年代、90年代、とサイクルで巡っている、ということです。10年周期で流行りが周るなんて言われたりもしますよね。

時間が経つと、逆に新しく見えているのでしょう。

本や漫画などの本類

人気のモノなら新装や復刊がありますが、絶版になってしまったモノはもう再購入はできません。

本当に大切な本や、思い入れの強いもの、人生に影響を与えた本など、一度処分してしまうと読み返したくても、絶版になってしまった本は手に取ることはできません。

自分の本当に好きな作家、自分のルーツの一部になったような本は容易に捨てるのはやめておきましょう。

手紙やハガキなど

手紙やハガキには過去の思い出や人の思いが詰まっています。思い出は何にも変えられない大切なものです。

本当に残しておきたいものは、厳選し残して残りはデータ化して保存することがおススメです。今はデジタル社会で実物でなくても残しておく事ができます。

昔使っていた携帯やスマホ

当時の思い出や大事な画像や動画、メモ様々なデータがそのまま残っているかと思います。また、処分の際も慎重に。

例えば、携帯ショップで正規に処分してもらうか買取ショップに持っていけば、意外と価値があったりすることもありますし。大切なデータはバックアップやデータ移行は忘れずに。

手帳や日記

当時の自分の考えやアイディアを書いておいた手帳、また日記代わりに持っていた手帳は自分にとって大切なことが書いてあったりします。

捨てる前に中身の確認はしてみましょう。また、捨てる前に写真に撮ってデータ化がおススメです。デジタルに残せるものは残してモノを減らしていきましょう。

アルバム

アルバムの中身を仕分けずに捨ててしまうと、大切な写真も捨ててしまうことになります。結局、人生の財産は思い出や記憶ではないでしょうか。

こういった人生の一部が残っているものは最後に手をつけましょう。勢いで捨てるものではありません。

コレクション

一生懸命に集めたコレクション。一気に断捨離し、後から調べてみたら価値があったということもあります。高く売れた!と、思うと断捨離で後悔するのも頷けます。

断捨離で後悔しない為に

断捨離で後悔しないために
断捨離で後悔しないためには、モノとの関係性を知るが重要です。今の自分に本当に必要なのか改めて確認していく作業でもあります。

モノは使われなければ意味がありません。

1:モノと向き合う

まずは断捨離して捨てようとするモノと向き合ってみてください。

今のあなたにとって本当に必要か?ものは使うことに意味があります。あなたに使われないものが本当に価値があるのでしょうか?

2:理由を考える

漠然と片付けたり、気分や勢いで捨てるのではなく、捨てる理由と捨てたくない理由を考えます。これはモノの整理はもちろんですが、自分自身と向き合うことでもあります。

捨てる理由は、必要がないから。捨てたくない理由は色々あるでしょう。

3:迷った時は一時保存もあり

迷ったら捨てなければならない訳ではありません。一定期間とっておく選択肢もあります。

一定期間たった後に、改めて向き合っても良いですね。迷ってもいい、と思っておけばいくらか気が楽になります。

後悔しない断捨離とは

後悔しない断捨離とは
断捨離で後悔する場合、取り戻せないもの、後で価値があったと気づく、買い直した、のような場合だと思います。こういった事にならないように対策方法を知っておきましょう。

一時保存をする

本当に迷う時は、後悔するなら決断は先延ばしにしましょう。一時保存用の箱を用意します。どうしても悩んでしまう時は一時保存がオススメです。

時間を空けるだけで悩みが解消することもあります。

期間を設ける

一時保存する際は期間を決めましょう。期間を設けなければ、箱にモノを詰め込んだだけになってしまいます。決めた期間が経過したらもう一度、考えましょう。目安としては1ヶ月後に箱を見返すと「やっぱり必要ないな」と思うものが出てくるかと思います。

思い出の品は慎重に

思い出の品は断捨離の中で最も慎重に決めましょう。余程の理由がなければ断捨離の最後に手をつけましょう。

笑ったり、微笑ましかったり、自分の大事な時期など思い出の品の役割はあなたをポジティブにしてくれるかどうか。ネガティブな感情が出てくる品は捨ててしまっても後悔しにくいはずですよね。

意外と思い出に浸かって頑張ろうと今の自分の糧になったりもするものは残しておいてもいいのではないでしょうか。

市場価値を知る

後で価値が出るかモノか、実は既に価値があるものなのか見極めましょう。価値が出そうなものは、似たようなものを調べてみましょう。実は価値があるものがあったりします。

カードやフィギアといったコレクションは意外と価値が出たりもします。カードなんかでも当時数百円で買ったパックから出たカードが数十万二なることもあります。

例えば、これは非常に希少価値の高い例ですが某カードの記念品では億を超えているものもあります。

とは言え、二度と手に入らないものでも今の自分には必要ないと即決できたら捨てる決断絵をしましょう。しかし、悩んで時間がかかる手に入らないものは慎重になり一時保存してもいいですね。

再購入しない為に

断捨離 コツ
大前提として、買い直しがダメということではありません。使うものをその時々で買い直すことは当然してもいいはずです。

しかし、もったいないという気持ちがあると、使えるものを捨てたくないですよね。そこで、できるだけ買い直さないための秘訣をご紹介します。

思い出の品は二度はない

言うまでもなく思い出の品は買い戻すことはできないので注意が必要です。中にも同じモノを買い戻すことはできたとしても、思い出まで付いてくるわけではありません。

必要な時にまた買えるか

すぐに買えるものならば捨ててしまっても問題ありません。使いたい時にすぐ買うことができないモノは考えてから捨てるようにしましょう。

同じ用途・代用できるものがあるか

代用できるものがあるならば捨ててしまって良いものがあるはずです。 例えば食器なら代用できるお皿やカップはありますよね。棚の奥に眠っている使わない食器類なら捨ててしまっても代用品は必ずあります。

ボールペンなどの文房具の場合、例えば何本も黒のボールペンがある場合は1本残して残りを捨てる。ハサミが複数あるなら一つ残すなど1ジャンル1アイテムを意識すると効率的です。

断捨離を簡単に進める方法

断捨離 やり方
後悔したくないと考える人は、断捨離は時間がかかる。と思っているのではないでしょうか?断捨離は可能な限り短時間・短期間で終わらせるべきです。

時間を浪費してしまうと体は疲れ、モチベーションが下がり、もう断捨離したくないと挫折してしまいます。

断捨離は部屋にものを広げて作業する為、一時的に部屋にモノが溢れます。途中で挫折してしまうと、断捨離をしかけた部屋だけが残りやらなきゃよかったと、感じてしまいます。

こうならないように最も断捨離で最適な方法をご紹介します。

不用品回収業者に依頼する

断捨離をする上で最も最適解な方法は不用品回収業者を利用する事です。断捨離をするならば不用品回収業者に丸ごと頼むことがオススメです。

費用は発生してしまいますが、どんなものでも処分してくれます。片付けに必要な作業を丸投げが可能で、素早く断捨離を終わらせてくれるので、手間も時間も必要がないので最も安全安心かつ、最もコスパの良い方法です。

不用品回収業者を利用する際は、いわゆる定額パックなどのサービスを提供している業者にお願いすることで、更にコスパよく断捨離をする事が可能です。

自分で片付ける際も時間や手間がかかれば、最も大切な体や体調を悪くする可能性もありますし、自分で片付ける場合でも行政の粗大ゴミ回収など利用すると費用がかかります。

更に行政の場合、単品価格なためモノが多いほど値段が上がりコスパが悪くなってしまいます。

業者を利用する際の注意点

また、積み放題や破格すぎる金額を提示する業者には注意が必要そうです。理由はこうした業者全てではありませんが、悪徳業者が潜んでいる場合があります。

作業完了時に何かと理由をつけて金額が全然違ってかなり上がっていた、安かったからとお願いしたら見積もり金額とはかけ離れた請求をされた。

不用品は積み放題だが運搬料が必要だ。など理由をつけてお金を取ろうする悪徳業者が存在します。こうした悪徳業者は業界問わず一定存在しますが、不用品回収も例外ではありません。

業者利用の時も迷ったら一時保存

断捨離の共通点として、すぐに判断できない場合は例え、業者を利用する場合も一時保存しておきましょう。処分するか迷ったモノは一時保存する事が失敗しないやり方です。

保管期限を設けて、時期が来たら改めて考えてみましょう。

まとめ

断捨離のやり方 まとめ
いかがだったでしょうか?今回は断捨離の方法ではなく、後悔しない方法についてご紹介しました。

大事なのは自分自身やモノと向き合い、今の自分に必要かどうか考え、気分や勢いで処分してはいけません。どうしても判断に迷ったら、無理をせず一時保存をしましょう。

一時保存をする場合は、一ヶ月など期間を設けて再度、モノと向き合ってみましょう。お部屋がスッキリすると自分自身もスッキリし、ストレスが減り思考もクリアになります。

✔ 自分やモノと向き合う
✔ 迷ったら一時保存し保管期限を決める
✔ 思い出のモノは慎重に
✔ 最適解は不用品回収業者

もし、ご自身での断捨離が困難な場合、本記事にも記述してありますが、断捨離を行う上で最も最適な方法は不用品回収業者を利用することです。

利用の仕方は様々ですが、弊社リ・バスターではゴミ屋敷片付けのお悩みをまるごと即日で一括解決する弊社はゴミ屋敷の片付けを始め、不用品回収・片付け・清掃のプロ集団です。

業界最速・最安値かつ確かな経験と実績で安心丁寧に、お客様のお悩みに合わせた柔軟さにご好評頂いている弊社へ安心してご相談ください!

断捨離・片付けの解決はリ・バスター

ゴミ屋敷 分割払い 即日
どんなお部屋の片付けもリ・バスターへ24時間365日お気軽にご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

無駄な費用はありません

リ・バスターなら無駄な追加料金や初期費用、基本料金はありません。例えば、以下のサービスが全て含まれています。

✔ 見積/出張費/基本料等ありません!
✔ 分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔ 廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業

全てコミコミ価格で安心の明朗会計!これだけではなく、更にこのようなメリットで皆様に大変ご好評頂いております!

✔ 最速/安心丁寧で選ぶなら当社
✔ 初期費用/追加料金は必要なし
✔ 頭金不要/分割払いも対応可能
✔ 明朗会計/好評安心定額パック
✔ どんな不用品もまるごと回収!
✔ 限定割引/24時間365日相談可
✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速
✔ 資格など取得済みの優良業者

ゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。このようなお悩みをお持ちの方!

片付けたいお悩みを解決します

不用品回収 業者 ランキング【業界最速の最安値でご対応】
✔お客様のお悩みに急行し一括で即日解決!
【損をしない安心な明朗会計】
✔基本料金0円で分割払いやクレジット可能!
【個人様・法人様も利用可能】
✔粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!
【幅広い対応力と豊富な実績】
✔プロ集団リ・バスターにお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も可能です。

即日対応も可能!不用品回収・ゴミ屋敷など片付け掃除のプロ集団専門業者リ・バスターなら一括で即日解決!個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。

サイトトップ
Twitter
Facebook
Instagram

【完全保存版】断捨離が失敗しない方法をプロが徹底解説

『身の回りがごちゃごちゃしてスッキリしない』『生活環境を整えて気分を変えたい』そんなとき頭を過ぎるのが断捨離。やってみたいけれど、片付けは苦手だし面倒。

『何から始めたら良いの?』そんなあなたに向けて、断捨離によって得られる効果やメリット、無理なく後悔をしない断捨離を始める方法、不用品の種類別に断捨離のコツなどを全て解説します!

この記事を最後まで読めば、断捨離するにあたり悩むことなく片付けを進められスッキリした生活を過ごすことができます。

補足として、断捨離の方法や注意点など網羅した内容になっているので、目次も是非ご活用ください。

断捨離とは?

断捨離とは
そもそも断捨離ってどうゆうこと?と疑問に思う方もいるかと思います。ここ数年で身近になった言葉で、断捨離=捨てるというイメージが強いですが、断捨離はただ単に不要な物を捨てるだけではありません。

物の整理を通して人生が変わる効果的な方法と言われています。まずは、断捨離の意味を理解しましょう。

本来の断捨離の意味

モノを減らすといえば断捨離。やました ひでこさんが著書の中で断捨離という言葉を使ったことが始まりで、2010年には新語・流行語大賞にもノミネートされました。

実は断捨離とは、ヨガ哲学の「断行・捨行・離行」をもとに生まれた言葉です。

・自分にとって不必要なモノ、情報、悪い習慣などを断つ
・今ある不必要なモノや余計な心配事を捨てる
・モノやお金や地位・名声への執着を手放す

片付けの断捨離では、ただ単にモノを捨てて綺麗に片付けるというだけではありません。
モノへの執着を捨て不要なモノを減らし、生活の向上・心の平穏などを図る考え方のことです。2009年刊行の『新・片づけ術「断捨離」』(やましたひでこ著、マガジンハウス)により提案されました。

・断:入ってくる要らないモノを断つ
・捨:家にある不要な物を捨てる
・離:物への執着から離れる

つまり、不要なものを捨てて増やさない、物に執着せず身軽に快適に生きることを目指す考え方です。

断捨離によって起こるメリット

断捨離をする事で生活がシンプルになり、ストレスがなくなり豊かになるという意見が多いです。自分にとって大切なものは何かを見つめ直すことができ、不要なもの縛られていた場所や時間から解放されます。

断捨離は何から始めればいい?

家全体にものが多くて途方に暮れてしまう。という方は、急に張り切って全体を片付けようとするのではなく、まず自分が普段持ち歩いているカバンやポーチ、毎日使う場所から断捨離を始めましょう。

毎日に見る場所が片付くと、気分がスッキリして断捨離に勢いがつくでしょう。逆にアチコチに手をつけてしますと途方もない作業に感じてしまいます。

その結果、意気込んでいた気持ちが冷めてしまい挫折してしまいます。小さな所から確実に片付ける事で成功体験を重ね達成感からモチベーションに繋がります。

断捨離によって得られる恩恵

断捨離のメリット
断捨離は部屋が綺麗になるだけでなく「時間」、「お金」、「思考」など様々な効果が期待できます。それは何故かを解説していきます。

価値観を見直すことができる

断捨離時に不要だと判断した物は意外にも周囲の影響を受けたものが多いものです。

・テレビで話題だったから
・みんなが持っているから
・店員さんに勧められて断れなかった

このような理由で購入したものは「断れない」、「同調圧力」など本当に自分が「良い」と思ったものでない限り愛着を持ってレギュラーメンバーとして使っていません。

断捨離をすれば、自分の「良い」を見つけることができます。その積み重ねが、人生の選択を自分らしくより良いものにしてくれるはずです。

金銭的な余裕が生まれる

前述した通り断捨離の「断」とは不要なものを断つこと。つまり、日頃から断捨離をほんの少し意識していれば、手に入れる前に「本当に必要か」と自問するようになります。

どこに何かあるかを把握できるようになるので、ストックがあることを忘れて同じものを買ってしまうこともなくなります。

フリマアプリなどに不用品を出品し売れれば臨時収入の可能性もあります。買わないことで支出が減りお金が貯まり、いらないと思ったものを売ることでお金になる事があります。身近なリサイクルショップを活用するのもありです。

豆知識:無駄な家賃を割り出す

ものが散乱してしまう理由の一つに、「無駄なものを買い込んでしまう」と言う原因が一つあります。断捨離は、無駄なものを買ってしまうのを辞める方法になるだけではありません。

更に必要以上に物が増えてしまうと、無駄な出費が増えるだけでなくお部屋を圧迫してします。つまり、無駄なものを置いている面積分の家賃を払っていることになります。

年間の家賃(年額の物件価格)÷専有面積=1㎡あたりの年間収納コスト

1㎡あたりの年間収納コストを明らかにすることで、ムダなモノの収納にいくらかけているのか確認する、というものです。

(例)70㎡で3500万円のマンションに住んでいる場合
30年ローンだとすると、3500万円を30で割って、1年あたり約117万円
117万円÷70㎡=1㎡あたり約1.7万円

(例)24㎡で家賃6万円の賃貸に住んでいる場合
年間の家賃は72万円なので
72÷24㎡=1㎡あたり3万円

無駄なものを買わない=必要なものだけにお金を使うことができる、というメリットを生み出します。

時間の余裕が生まれる

断捨離をして物の場所を把握できるようになると、探し物の時間が無くなって時間に余裕ができます。

・調理用具:引き出しの中を探す時間がなくなる
・服:毎日の服選びで悩む時間も無くなる
・ハンコや通帳など細かい物の探し物がなくなる

つまり、取り出しや収納にストレスがなくなり日々のストレスがなくなります。これは思っている以上に快適な生活を送る上で重要な要素です。

ストレスが軽減し心の余裕が生まれる

周りを見渡すと部屋の中が多くのもので溢れ、引き出しや押し入れがゴチャゴチャしていると、視界に入る情報量が多く無意識の内にストレスが溜まっていきます。

使わないものが目に映るたびに「いつか捨てなきゃ」と思っては先延ばしにするのを繰り返していると、どんどん気が重くなってしまい、自己嫌悪にもなってしまいます。

不要なものをすべて処分し、必要なものだけにする事ができれば、そんな不要なストレスから解放されます。気掛かりの1つ減り、精神的な余裕にも貢献します。前向きにもなる事に繋がります。

人間関係が良くなる

探し物をして外出するのが遅くなったり、必要な物が見つからなくて慌てて買いに行ったり…かと思えば家に戻ったら買ってきた物が見つかったりすることってありますよね。

自分にイライラしますし、周りにあたってしまったり家族に待ってもらっていると余計に焦ります。かと言って急かされたら怒りが湧いてきて険悪なムードになるなんてこともあるでしょう。

不要な物が少ない状況になると、そういった無駄な心の余裕からが発生しなくなる可能性もあります。
・関連記事:モノを捨てる基準と整理整頓のコツと注意点

小さなことから断捨離を始めよう

断捨離を始める手順
断捨離を意気込み一気に行おうとするのは途方もない作業に感じ挫折に繋がる為、まずは少しずつ簡単なところから断捨離の楽しさと達成感を感じてみましょう。きれいな状態を継続していくのは大変です。

STEP1:カバンやポーチなど小さところから始める

小さなものや場所でもひっくり返してみると忘れていた物が潜んでいるかもしれません。

・カバンには入れっぱなしで存在を忘れている小物はないか?
・ポーチには使っていないメイク道具はないか?
・財布には普段使わないカード・入れっぱなしのレシートはないか?

通勤用のカバンや財布、の中を確認してみると、レシートやゴミ、長らく使わずに入れっぱなしだったポケットティッシュなど出てきませんか?財布も同様に全部出してみると存在を忘れていた物があった場合は整理し保管しておく場所を決めましょう。

苦戦するのが化粧ポーチです。『まだ使える』と思って出が悪くなっても取っておいた高いデパ地下コスメなどはありませんか?『高かったから』と使わないのに取っておいていませんか?

例えば、開封後のマスカラの寿命は約3ヵ月。化粧品には使用期限があり、一般的には未開封で約3年、開封済みは半年以内に使い切ることが推奨されています。

化粧品は開封すると空気に触れて酸化が始まります。特に筒状のジェルやクリームは直接手に触れるため雑菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルの原因になる恐れもあります。迷わず捨てましょう!

STEP2:引き出しなど収納箇所を断捨離する

小物の中身が整理できて、スッキリする感覚と「やればできる」という自信が付いたら、徐々に範囲を広げて引き出しの中をひっくり返して整理していきましょう。

・書類などは1年以上前のもので、契約書などの大事な重要書類でなければ捨てる
・文房具などは何本もある場合やインクが薄いペンや小さくなった消しごむは捨てる
・薬は使用期限が切れているものは捨てましょう!
・衣類や下着・靴下など:ゴムがくたびれてきたもの、身に着けてテンションが上がらないものは捨てる。
・冷蔵庫:賞味期限が切れているもの・干からびているものなどは何も考えずに捨てましょう!

書類や薬類、冷蔵庫の中は目に見えて分かりやすい日付があるので、そこからどんどん捨てて行きましょう。

衣類や下着・靴下は履こうと思えばいつまでも使えてしまいます。しかし、身に着けて気分が上がらないもの「色あせてるな」と思うようなものは捨て時です。

STEP3:ひと部屋断捨離してみよう

最後は思い切って、ひと部屋まるごと持ち物を出してみましょう。ここから断捨離の本番です。

小さなことでも気楽に続けてみるのが鍵

前提として断捨離は余計なものを入れない、持たないという考え方です。しかし、ある日突然思い立ち急に完璧にできるようになるものではありません。

まずは、やる気が出た時に気張らず焦らず小さなことから始めましょう。小さいところから始め、成功体験を積みかね快適な生活と断捨離できるという自信が生まれモチベーション維持に繋がり、やがて習慣化し日常的に断捨離が身についていくはずです。

家全体の断捨離をしよう

断捨離の手順
これまでは断捨離のウォーミングアップとすると、ここから遂に1部屋丸ごと断捨離してみよう!となったら、この章から断捨離の手順を確認しましょう。

STEP1:よく使う場所から断捨離しよう

家の中を「キッチン」「寝室」「リビング」などエリアに分け、順番に一箇所ずつ確実に断捨離をします。最初に手を付けるのはキッチン・洗面所・玄関など、普段よく使う目に付く場所がオススメです。

趣味のものや思い出の品などではなく生活必需品が多いエリアで、捨てる物と取っておく物の判断もしやすいでしょう。物置や押し入れなどの多くのものが詰まっている場所は、判断に時間がかかります。慣れてきて勢いがついてから作業しましょう。

エリアに悩んだ場合は片付けの基本的な流れで進めることもいいかと思います。物屋敷や汚部屋などの場合は、手前から奥にかけて片付けを進めていきます。

この流れを利用し、玄関から断捨離を始め小さい場所を優先的に片付けるのもアリです。

STEP2:残す物の量を決める

ご自身の家やライフスタイルに合わせて残す物の量を決めましょう。量を決め基準を設ける事で判断の後押しが期待できます。具体例としてアイテム別にポイントをまとめました。

アイテム 判断基準
衣類・タオル類 洗濯の頻度
食器類 同居人数、来客の頻度、使用頻度
本・雑誌・紙類 収納場所の容量
日用品 収納場所の容量、使用期限、利用頻度

仮に1週間に1回しか洗濯をしないのに、服を4日分しか残さなかったら着る服がなくなってしまいます。ストレスなく生活するために必要な数を見極めましょう。

断捨離に勢いが付くと手放す事に慣れ、どんどん処分しようとする場合がありますが、最低限必要な量は意識しましょう。

洗って繰り返し使うものは一度に使う数量、収納場所に保管しておくものはそこに収まる分だけ残すようにするとよいです。イメージとしては収納場所に少し余裕を残す程度が理想です。

STEP3:必要・不要・保留に分別する

いよいよ断捨離スタートです。すべてのものを見直し、以下の3つに分類します。

必要なもの=残すもの
不要なもの=処分するもの
保留するもの=迷ったもの

理想はダンボールなど箱を3つ用意し、分類した物を入れていきましょう。

その場で残しておくか処分するか決められない物は、その場の一時的な感情で無理に判断せず保留にしてもかまいません。その際はいつまでに決めるか期間を設けましょう。

例えば、保留用の箱に入れておき、その後1か月以上触る事がなければ捨ててもよいでしょう。

✔ 残す物と処分する物の判断基準例

まだ使えるかも、いつか使うかもと、かもで残しておくのは極力やめましょう。具体的な活用シーンが思いつかなければ使うことはありません。

残した方がいい物 処分した方がいい物
・頻繁に使っている物

・使う頻度は少ないけど、必ず使う物

・見るだけで楽しい気分になる物

・季節もの

・壊れた家電

・1度も使っていない物

・1度しか使っていない物

・1年以上使っていない物

例えば値が張った家電は、いつか修理して使おうと思って取っておいている方がいます。修理してもあと何年使えるか分からないようなものは、思い切って捨ててしまいましょう。

STEP4:思い出の物は最後にする

思い出が詰まった物は捨てるかどうか判断するのが難しいです。理屈と感情がぶつかり時間がかかってしまうので、必要か不要かを決めるのは一番最後にしましょう。

幼少期の作品や誰かにもらったメッセージ、卒業アルバムなどは、二度と手に入りません。そういった場合はデジタル化することをオススメします。

写真に撮っておいて現物を処分するというのも1つの手です。どうしても現物として残しておきたい場合は、収納場所や箱を用意して、そこに収まる分だけ取っておくようにするとよいでしょう。

代表的な断捨離3選

断捨離 やり方
ここからは、断捨離でも特に代表的なアイテムをピックアップし、その具体的な方法を解説していきます。アイテム別に記述していますが、応用することでどんな断捨離のシーンでも使える必須テクニックです。

衣類の断捨離時のコツ

服の断捨離のコツ
日本は四季があり、季節ごとに適した必要な服が変わるので服の数が多くなりがちです。特に女性の場合は仕事用、私服、冠婚葬祭やシーンに応じた服装が多い為、衣類の量に悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

服のサイズや好みの移り変わりに合わせて服を買い足す一方、古い服を処分を後回しにしてしまいでクローゼットがいっぱいという方もいるかもしれません。その様子を見て一層片付ける気が沈んでしまいます。

ここでは、効果的に服を断捨離するコツをご説明します。

衣類を処分する判断基準

着ない服も、ボロボロにならない限りはクローゼットにしまいっぱなしにしているという人も多いのではないでしょうか。

「まだ着られるかどうか」で判断するとなかなか捨てられません。以下のポイントを参考に、処分する衣類の判断基準を決めてみましょう。

残すもの 捨てるもの
・ほつれたり、襟や袖が伸びたりして劣化した服

・サイズが合わなくなった服

・現在の好みとは異なるデザインの服

・普段着で1年以上着ていない服

・一度も着ていない服

・持っているだけで楽しい気分になるお気に入りの服

・冠婚葬祭用の服

基本的には服の状態や着る頻度で判断するのがおすすめです。「高かったから」「まだ着られるから」と取っておくのはやめましょう。

ただし無理して「あまり着ない服は即処分」と決めてしまう必要もありません。手元にあるだけで嬉しくなるお気に入りの服は、生活を豊かにしてくれるアイテムとして残しておくとよいでしょう。

どうしても決断できない場合、一度着用してみてしっくり来るか確かめるのも1つの手です。

種類別に断捨離を進める

クローゼットやタンスの中身を合わせて書き出すと結構な量になります。一気に断捨離を試みると、中途半端に散らかった状態で終わる可能性もあるでしょう。

服の断捨離をするときは、「靴下」「シャツ」「スカート」「ボトム」などカテゴリーを細かく分けて1種類ずつ進めるのがおすすめです。

一つ一つの労力はあまり必要がない為、すきま時間を活用して少しずつ進めることもできますし、取り掛かるハードルも下がります。

迷ったら保留ボックスに

ここでも断捨離の共通して「残すか、捨てるか」決められない服は、保留ボックスを作って保管しておきましょう。処分するか迷った服は保留にしておくのが断捨離で失敗しないやり方です。

その後1シーズン様子を見て着なかったものは、思い切って処分してしまいましょう。

本類の断捨離をするコツ

本の断捨離のコツ
本や雑誌はいつの間にか数が増えて部屋を圧迫するものです。「いつかまた読むかも」とため込んでしまいがちなアイテムですが、部屋をすっきり保つためには、基準を決めて処分することが大切です。

本を処分する判断基準

処分したほうがよい本の一般的な基準は以下の通りです。

・今後1年以内に読み返す可能性が低い本
・扱っている情報がすでに古い本
・積読にしていたが、読む気が起きない本
・読みかけだが、あまり読み進める気が起きない本

あとで読もうと思ったまま手をつけていない本や、読みかけのまま放置している本も多いのではないでしょうか。

興味関心が変わる、忙しくて時間がない、と今後も読まない可能性が高いのであれば、思い切って処分してしまいましょう。誰かから贈られた本や、影響を受けた本など読み返さなくても大切な本は、無理に処分しなくても大丈夫です。

電子書籍を活用する

絶対に紙の本で読みたいというものでなければ、思い切って一度手放し、読みたくなったタイミングで電子書籍で買い直すという手もあります。

電子書籍であれば、1冊買うたびにものが増えるということもありません。スマートフォンやタブレットなどの端末1つで大量の本を所持できます。紙とデジタルでうまく分けましょう。

残す量を決めておく

「本は何冊、雑誌は何冊」「本棚などの保管場所を決めて、収まる数だけ持つ」など、手元に置いておく本の量を決めておきましょう。

新しい本を買ったら、決めた上限を超えないように古い本を処分する習慣をつけます。そうすれば、いつの間にか収納スペースを超えて本が散らかるということもありません。これも断捨離の共通する方法です。

書類の断捨離をするコツ

書類を片付けるコツ
気付いたら溜まりがちなのが紙の書類。量が増えるにつれて分別するのも面倒になってしまいます。思い切って捨てるか、デジタル化して、本当に取っておかなければならないものだけ保管するようにしましょう。

書類を処分する判断基準

契約書や権利に関するいわゆる重要書類以外は、基本的に処分しても問題ありません。原本が必要なものでなければ、思い切って捨てることをおすすめします。

処分するもの 残すもの
・各種パンフレット、チラシ

・ネット上で手に入る情報の案内書類(例:自治体のごみ分別ルール、各種サービスの案内)

・保険証券

・不動産の権利書

・年金手帳

更に書類では残す物、処分する物の他にもう一つ分別種別があります。

一定期間は保存する書類
・金融機関の通帳

・スマートフォン等の契約関連書類

・健康診断の結果

・手紙やはがき

書類整理は誤って重要書類や必要な書類を処分してしまうと大変な事態になる可能性があります。焦らず確認しながら断捨離を進めてください。

重要書類や原本を除き、例えば何か残しておきたい場合はデジタル化もオススメです。家庭用のスキャナーなどは2万円前後程度で購入できます。

iPhoneやiPadならスキャナーの機能もついていますし、Androidなどのスマホでも可能です。

✔ 個人情報はシュレッターなど使う

住所が記載された書類、給与明細など個人情報が入った書類をそのままゴミ箱に捨てるのは不安・・・という書類もありますよね。

ゴミ箱に入れた時点では自宅内ですが、ゴミ出ししてしまえば収集されるまで無防備に放置されているに等しい状態です。

何かペンなどで塗り潰すなど対策も手ですが、量によっては全ての書類を塗り潰すには時間がかかってしまいます。定期的に個人情報入りの書類を処分する場合は、家庭用シュレッダーを使うと便利です。

手動のシュレッダーなら1,000円前後から手に入ります。電動のものはピンキリですが安いものは5,000円程度で購入できます。

断捨離のタイミング

断捨離のタイミング
思い立ったら吉日と言われるように断捨離も決意した時が始めどきです。しかし、絶好のタイミングがあります。それが引越しのタイミングです。しかし、引越しするまで待つ、は違います。

必ず部屋中の物を書き出すため強制的に断捨離ができます。ここからは、引っ越しをキッカケに断捨離する方法やコツを解説していきます。

断捨離は大きな家具・家電を処分し、新居へ持って行くものだけを残し、小物類はダンボールに梱包する前に不用品を処分していきます。不用品処分は想像以上に大変で時間も掛かりますので、早めに取り掛かりましょう。

新居に大きい家具家電を運ぶものを決める

普段使っていない家具・家電は思い切って不用品処分してしまいましょう。新居では、部屋の広さや雰囲気に合わせて新しい家具・家電を揃えたいと思う方も多いと思います。引っ越し前に捨てられるものは捨ててしまいましょう。

収納家具は必要最低限に

断捨離をすると、部屋に置く物の量がかなり減るので多くの収納家具は不要になります。

収納家具や収納ケースが多いと『まだ入る・しまう場所がある』と新居でも荷物が増えてしまうので、最低限に抑えましょう。

使っていない物は捨てる

断捨離は新品なものであっても使っていないものは手放すのが鉄則です。もったいない精神はやめましょう。

・お歳暮やお中元でもらった古い調味料のセット
・いつ買ったか分からないのインスタント食品
・使っていないお鍋など調理器具 etc…

例えば、こんな物が眠ってはいませんか?特にキッチン周りは新居で新しく商品を購入することになるので、要らないものは全て捨てましょう。

売るより寄附、捨てる選択する

家の中に不用品が沢山あると、リサイクルショップやフリマアプリに出してお小遣い稼ぎが出来たら良いなと思いますよね。しかし、買取りは査定から入金するまでに時間がかかり、自分で配送の手配などもあるので大変です。

更にフリマアプリやオークションでは出品の手間を掛けても実際に売ればければ意味がありません。モノを売ったり譲ったり、寄付するのはある程度時間がかかるため、断捨離に一番最適な方法は処分です。

荷造りの時も断捨離を意識する

断捨離してスッキリした!と思っても、そこから更に処分していきます。ダンボールに梱包している時も要らないものはドンドン捨てて行きましょう。

一度片付いたと思っても段階を分ける事でまだ不用品があったりします。なので断捨離を終えて荷造りに入っても断捨離を意識して作業することがポイントです。

断捨離は慣れてくると捨てることに抵抗がなくなって来るので、捨てることに快感を覚えるようになります。新居でも使わないものは、梱包作業中も捨てるようにしましょう。

ただし、捨てることが快感になり本来必要なものまで処分したりもする場合もあるので注意しましょう。

重要:断捨離で後悔する最悪の事態

やってはいけない断捨離の方法
断捨離をしたら、「捨てなくていい物まで捨てて後悔しそう」と思う人も多いようです。やってはいけない後悔をしないポイントを知り、後悔せずに断捨離をすることができます。

使えそうなものを全て取っておく

片付けられない人に共通点が、ものを捨てるときに「使えそうかどうか」で判断することです。

家にある多くのものは使おうと思えば何らかの用途があるでしょう。あると便利、なくても困らないものが半数以上です。壊れて使い道がないものだけを捨てていても物量は減りません。

例えば、一例としてこんなアイテムをたくさん溜めている人は要注意です。

どこかでもらった社名入りボールペンやメモ帳
ちょっと質の良い紙袋やショップバッグ
家電や雑貨が入っていたダンボールの箱

どうしてもすべて捨てる決心がつかなければ、家に置いておく数量を決めて基準を設け、新しいものを入手したら古いものを捨てるサイクルを作りましょう。

判断基準を設けず気分で捨てる

物の処分を繰り返していると捨てる事に慣れ、何でも捨てたくなる方がいます。気分で捨てていると、本当に必要なものや、大切なものまで捨てる可能性があるので注意しましょう。

たとえば、洗濯ペースが週1に対して下着を3着まで減らしてしまうと、洗濯が追い付かずに困ってしまいます。断捨離はストレスなく生活を送るた為です。

断捨離には「成功する断捨離」と「失敗する断捨離」があります。断捨離はあくまでも手段でしかありません。断捨離をしたあと、快適な生活を手に入れる事が目的です。

手段が目的になってしまっては本末転倒です。これではいつまでたっても完結せず、失敗した断捨離になってしまいます。断捨離が目的の場合、極端に言えば家にあるものをすべて捨てるまで断捨が終わりません。

日常生活を不便に変えてしまうほどものを捨ててしまう断捨離は危険です。行き過ぎた断捨離は「断捨離依存症」とも呼ばれています。

必要なものやその量をしっかり考えた上で、残す量や基準を決めましょう。

思い出の品や大切なものを捨てる

親の形見や卒業アルバムなどもう手に入らないモノの断捨離は最後に行います。

断捨離を進めていくうちに捨てることに抵抗がなくなっていきますが、勢いで処分すると後悔につながるからです。また、心から大切に思っているモノは、無理に手放すべきものではありません。

一度捨ててしまうと替えがきかない思い出のモノの断捨離は慎重に行う必要があります。捨ててから取り戻したくなっても買い直すことができません。

片付ける前に収納用具を揃える

断捨離を機に、収納用品も一新して部屋を整えようと意気込んでいる方は要注意です。先に収納用品を買ってしまうと、実際に残したもののサイズや数量に合わず、不要な収納用品が出てくる可能性があります。

実は、断捨離や不用品回収業者で最も処分や回収される物は収納グッズです。用意した収納に合わせて物を残してしまい、捨てるべき物もとりあえず取っておくという判断にもなりかねません。

残すものを決めてから、必要な量の収納用品をそろえましょう。

不用品を全て売ろうとする

少しでもお得に処分しようと、不要な物を全てフリマサイトやオークションサイトで売ろうとするのはオススメできません。手間を掛けて出品しても売れなければ意味がありません。出品から配送までの手続きが面倒になり結局、不用品が家に放置される可能性が高いからです。

売れなければ処分できません。高価なものを捨てるのがもったいないと感じる場合は、フリマサイトやオークションサイトで需要と売却価格の相場を確認しましょう。

売る場合は、需要があって高値で売れそうなものだけ残し、あとはリサイクルショップや買取専門業者にまとめて持ち込むのがおすすめです。

一気に片付けようとする

家全体の断捨離は基本的に1日では終わりません。想定以上に物が多かったり、判断に時間が掛かり疲れてしまい、中途半端に終わる可能性が高いです。

断捨離を意気込み、家全体を片付けようとアチコチ手を出してしますと途方もない作業に感じ挫折してしますのです。更に片付けているつもりがただ、ゴミや不用品を移動しているだけ、なんて事も。

他にも部屋一面にものを広げて進めるため、一時的に部屋が散らかり、途中で力尽きてしまい、断捨離をする前より散らかってしまった。という事態にもなりかねません。

エリアやスペースを区切り、今日はキッチン、今日はクローゼットというように小さい場所からで良いので、焦らず一箇所ずつ確実に断捨離を進めましょう。

断捨離依存症とは

断捨離依存症とは
行き過ぎた断捨離は断捨離依存症と呼ばれる一種の中毒症状のような状態になります。捨てることで達成感や爽快感が味わえるので、「すっきりしたい」と徐々にエスカレートしていきます。

断捨離依存症とは

モノへの執着を手離すという行動ばかりが先行し、捨てることに依存してしまい生活に支障をきたす状態を指します。

断捨離依存症の症状の一例として、、、

・何か捨てられるものはないかと常に探す
・必要なモノまで処分する
・モノが増えることに極度のストレスを感じる

エスカレートすると家族や他人にも捨てることを強要したり、勝手に捨ててしまい人間関係にまで影響が及んでしまうこともあります。

断捨離依存症になりやすい特徴

断捨離依存症になりやすい人には以下の共通点があります。

・没頭しやすい性格
・潔癖症・綺麗好き
・汚部屋・ゴミ屋敷を経験している
・完璧主義者

ゴミ屋敷などでよく目に付くモノを溜め込む「ためこみ症候群」というものがありますが、ためこみ症と断捨離依存症は正反対に感じますが、本質的には不安や心配によって起こしてしまう行動で、心理状態は一緒です。

自分に必要なモノの適量が分からなくなっている危険性があり、依存症を招きます。

予防・改善方法

断捨離の本質を理解し計画的に進めることが断捨離依存症の予防策であると共に解決策でもあります。

断捨離をはじめるに前に一度立ち止まり自分の理想の暮らし、大切にしたいもの、部屋に適した量を考えて目標設定から始めましょう

モノを持つことも捨てることも悪いことではありません。大事なのはバランスです。
・関連記事:断捨離は危険?その理由と対策を解説します

断捨離で出た不用品の処分方法

不用品の処分方法
断捨離をするとた沢山の捨てるモノが出てきますよね。これらを処分しないと部屋が片付きません。片付けをして処分し終わるまでが断捨離です。

と同時に最後の山場でもあります。ここを乗り切れば快適な生活を送ることができます。最後の山もポイントを押さえて越えていきましょう。

様々な処分方法がありますが結論から言うと断捨離で出た不用品の処分方法で最も最適解な方法は「不用品回収業者に丸ごと回収してもらう」ことです。

モノが少ない場合は「自治体のごみ回収」、高価でごみに処分に躊躇う物はモノは「リサイクルショップやフリマアプリ」といった処分方法もあります。

最適解:不用品回収業者を利用する

通常、生活する中でモノを捨てるときは、分別をして自治体のごみ収集や粗大ごみの回収予約をしたりする必要があります。断捨離で一気に沢山のモノを処分したいときは、手間がかかって大変ですよね。

メリット デメリット
・分別、解体、運搬など処分に関して丸投げできる ・どの業界にも悪徳業者が存在する

行政の粗大ゴミでは必要に応じて解体や指定場所まで自分で運搬をする必要があります。更に単品価格で不用品が多いほど手間もお金もかかり、回収まで一ヶ月以上待つ事もあり、コスパが悪くなってしまいます。

回収できない品目もあり、不用品を処分できない可能性もあります。また、回収日まで不用品を部屋に置いておくと、「やっぱり取っておこうかな」と決意が揺らいでしまうかもしれません。

✔ 安心・安全に処分が可能

捨てることを決めてすぐに不用品回収業者に依頼すれば、迷う余地なく処分できますよ。不用品回収業者なら、回収できない物は基本的にありません。自分で面倒な分別や解体、大変な運搬も必要ありません。

あなたが唯一することは、業者に連絡する。たったこれだけです。

業者を利用する際は定額パックなどを用意している業者に選ぶことで、手間や時間を節約する他、圧倒的に価格面でのコスパもいいです。

ご自身で作業をすると運搬や解体が必要となればお金や時間を消費するだけでなく、怪我などのリスクもあるため、不用品が数点ある場合は不用品回収業者を利用することがオススメです。

✔ 業者を選ぶ注意点

断捨離は様々な不用品を処分する為、定額プランを提供している業者を選ぶことをオススメします。
注意点としては安過ぎる金額を提示している業者には注意が必要です。片付け作業などは定額だが人件費や出張費は別など後から追加料金を支払い損する可能性があります。

企業努力だけではどうにもならない事もあるので安過ぎる価格設定をしている業者は極力避けましょう。破格過ぎる場合、利益が出なければ業者は存続できません。

存続ができなければお困り事を解決できず、サービスを提供する事はできませんので本末転倒です。目の前の金額に惑わされずコスパの良い業者を選ぶことが大切です。

✔ 業者利用する前の工夫

業者に依頼をする際にほんの少しの工夫をすると料金を抑えることができます。不用品の選別や片付け作業まで全て依頼すると業者によっては料金は高くなる事もあります。

つまり、自分で選別や簡単な片付け、自分で処分できるものは処分することでその分の費用を浮かせることができます。

または、ご自身で予算を決めて、その金額分の回収をお願いする方法もあります。予算が少ない場合は効果的な方法の一つです。
しかし、予算が少ない場合でもまとめて処分したいというのが本音だと思います。そんな時は弊社では分割払いやクレジットカード払いをご用意しておりますので、即日でご負担を抑えることが可能です。
・関連記事:部屋の断捨離は不用品回収業者が最適!選び方を解説します

物量が少なく一般ごみで処分する

捨てる物量が多くなければ、自治体のごみ回収に出してしまうのが安上がりでおすすめです。

メリット デメリット
・モノが少なければ費用が安くおさえられる ・1つ1つ自分で分別等の作業が必須

・粗大ごみの回収は事前予約が必要で、回収までに時間がかかる

一般ごみとして捨てられるモノは、自治体で決められた回収日に指定の場所で処分しましょう。粗大ごみは事前に回収日時を予約して、コンビニやスーパーで手に入る「粗大ごみ処理券」を貼って出す必要があります。

高価な物を処分するなら

高価なデジタル機器や状態の良いブランド品など、世間的に価値のありそうなモノは、リサイクルショップやフリマアプリで売ることもできるでしょう。

メリット デメリット
・不用品を手放すことで現金収入を得られる ・需要がなければ値がつかない

・フリマアプリは売れるまでの時間が読めず、買い手がつかない場合もある

出張買取に対応しているリサイクルショップに依頼すれば、家まで査定・回収に出向いてもらえます。

フリマアプリはリサイクルショップよりも高値で売れることが多いですが、出品から購入者とのやり取り、配送手配まですべて自分でやらなくてはなりません。手間をかけても高く売りたい方におすすめです。

部屋が片付いたら物以外も断捨離

スマホの整理
身の回りの要らないものが減り部屋が片付くと、気持ちが整いますよね。ここからもう一歩スッキリする為ににオススメなのが、モノ以外の断捨離です。

ここでは「サブスクサービス」「スマホアプリ」「写真・動画データ」などの契約内容、データの断捨離についてお話しします。

サブスクサービス

月額制のサブスクリプションサービスを利用している人も多いでしょう。動画・音楽の配信サービスや新聞・雑誌の定期購読、各種ソフトウェアなど、世の中には様々なサブスクサービスが存在します。

初月無料を理由に加入してそのまま契約し続けているサービスや、「いつか使うかも」と言いながらあまり利用していないサービスはありませんか?

中には解約を忘れている場合やアプリを消したら解約になると勘違いして知らない内に月額費が発生し続けているなんて事もあります。

使用状況を見直して、ほとんど使っていないサブスクは思い切って解約しましょう。月額はたった数百円でも、1年間、数年間というスパンで見ると案外大きな出費になっていますよ。

余裕があれば利用している携帯キャリアの契約内容の確認も意外とスッキリします。

アプリ

あなたのスマホのホーム画面は使わないアプリで溢れていませんか?部屋と同様、毎日見る画面が散らかっていると、すっきりせず無意識のうちにストレスが溜まってしまいます。

その場の勢いでインストールしたけれど使っていないアプリ、ついつい見過ぎてしまうSNSのアプリなどは、スマホから削除してしまいましょう。

アカウント登録しているサービスであれば、アプリを消しても自分のアカウントが消えることはありません。スマホやPCの中身を断捨離するとかなりスッキリするのでオススメです。

画像やデータ

あとで選別しようと思って撮った写真や動画をすべて放置していたり、一時的なメモとして撮った写真を消し忘れていたりしませんか?

必要ない写真や動画をなんでもかんでも取っておくと、データ容量を圧迫する上に、探したい写真や動画を見つけるのにも苦労してしまいます。

スマホの容量を圧迫すれば処理や動作にも影響するので定期的にスマホの中身wp見直して不要なデータは削除しましょう。

ミニマリストというスタイル

ミニマリスト 生き方
ミニマリストという言葉をご存知ですか?自分に必要な物だけを厳選し、必要最低限のもので暮らす人たちを指し、新しいライフスタイルとして注目されています。

YouTuberやSNSなどでもミニマリスト系インフルエンサーの方々も増えているので断捨離が注目される後押しになっていると予想されます。

断捨離の先

たくさんの物を持つよりも、自分が本当に必要な物だけに囲まれて暮らすことでシンプルになり豊かに暮らすというライフスタイルです。

家電は持たないという人や服を数着しか持たない人などいろいろなタイプのミニマリストが存在します。

まとめ

断捨離のやり方 まとめ
いかがだったでしょうか?断捨離は意外なメリットや思わぬ危険が潜んでいます。お部屋がスッキリすると自分自身もスッキリし、ストレスが減り思考もクリアになります。

周りをシンプルにすることで無駄な思考やストレスから解放され振り回されることがなくなり、本当に必要な事に時間やお金など使えるようになります。

✔ 時間を有効的に使える
✔ 無駄なお金を浪費しない
✔ 人間関係が良くなる
✔ 価値観や思考を見直せる

注意点も多々あったと思いますが、断捨離で得られる効果は想像以上だったのでないでしょうか?是非、この記事を参考に片付けをしてみてください。

もし、ご自身での断捨離が困難な場合、本記事にも記述してありますが、断捨離を行う上で最も最適解な方法は不用品回収業者を利用することです。

利用の仕方は様々ですが、弊社リ・バスターではゴミ屋敷片付けのお悩みをまるごと即日で一括解決する弊社はゴミ屋敷の片付けを始め、不用品回収・片付け・清掃のプロ集団です。

業界最速・最安値かつ確かな経験と実績で安心丁寧に、お客様のお悩みに合わせた柔軟さにご好評頂いている弊社へ安心してご相談ください!

断捨離・片付けの解決はリ・バスター

ゴミ屋敷 分割払い 即日
どんなお部屋の片付けもリ・バスターへ24時間365日お気軽にご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

無駄な費用はありません

リ・バスターなら無駄な追加料金や初期費用、基本料金はありません。例えば、以下のサービスが全て含まれています。

✔ 見積/出張費/基本料等ありません!
✔ 分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔ 廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業

全てコミコミ価格で安心の明朗会計!これだけではなく、更にこのようなメリットで皆様に大変ご好評頂いております!

✔ 最速/安心丁寧で選ぶなら当社
✔ 初期費用/追加料金は必要なし
✔ 頭金不要/分割払いも対応可能
✔ 明朗会計/好評安心定額パック
✔ どんな不用品もまるごと回収!
✔ 限定割引/24時間365日相談可
✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速
✔ 資格など取得済みの優良業者

ゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。このようなお悩みをお持ちの方!

片付けたいお悩みを解決します

不用品回収 業者 ランキング【業界最速の最安値でご対応】
✔お客様のお悩みに急行し一括で即日解決!
【損をしない安心な明朗会計】
✔基本料金0円で分割払いやクレジット可能!
【個人様・法人様も利用可能】
✔粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!
【幅広い対応力と豊富な実績】
✔プロ集団リ・バスターにお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も可能です。

即日対応も可能!不用品回収・ゴミ屋敷など片付け掃除のプロ集団専門業者リ・バスターなら一括で即日解決!個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。

サイトトップ
Twitter
Facebook
Instagram

【片付け術】収納や片付けのコツを徹底解説!

人には向き不向きがあり、片付けが苦手な人も自分に適した片付けや収納方法を知るだけで解決できます。苦手を克服して、スッキリした生活を手に入れましょう。

片付けが苦手な人の特徴や、部屋がすぐに散らかってしまう原因についても解説します。自分に合った方法と特徴さえ知ってしまえば難しい事ではありません。

片付けが苦手な人の特徴

片付けができない特徴
「いつも散らかっている」「片付けてもすぐに散らかる」という方には、共通点があります。まずは自分に該当するか、チェックしてみましょう。

現状の確認をしよう

片付けが苦手な人の特徴として最も多い理由の1つに「もったいない精神」を持っていることです。「もったいない」と思い物を捨てられないことです。

物を大切にするのは決して悪いことではありません。しかし、それは使っている物に関しての場合です。使わない物まで持っていると、家に物が溢れて片付けができなくなってしまいます。

使わないままでは物も可哀想ですし、物はあくまで生活を便利にする為、豊かにする目的で使う為に存在しています。使わなければ意味がありません。

後でまとめてやろう、先送りにするのも片付けが苦手な人の特徴です。片付け上手な人は「使ったらしまう」と都度片付けを実行します。

また、常に部屋が散らかっている人の中には、収納場所を決めていないという場合も多いです。まずは「どこに何をしまうのか」を明確しましょう。

・もったいない精神を持っている
・片付けを先送りにしてしまう
・収納場所を決めていない

該当する内容があれば意識してみましょう。ほんの少しの意識で変わってきます。

片付けができない状態とは

片付けができない状態
自分では片付けられていると思っていても、実は散らかった部屋と思われていることもあるかもしれません。

そもそもどういう状態か

物が部屋のどこにあるか分からず、探し物をする事がよくある、などという場合は片付けができていない状態と言えます。ぱっと見は部屋全体が綺麗に見えたとしても、一か所に物を詰め込むなど整理整頓ができていなければ、片付けができているとはいえません。

また、床の上に物が溢れている部屋も、片付けができていない状態です。「床」に物を置くと散らかって見える上に、いくらでも物を置けてしまうので癖になりどんどん部屋が物で溢れ始めてしまいます。

・一部分に詰め込んでいる
・床に物を置いている
・探し物をしがち

思い当たることがあれば、改善してみてはいかがでしょうか?

片付けられない原因

部屋を片付けられない原因
片付けなきゃと分かっていても、片付けられないのは何が原因なのか。整理整頓された部屋を維持するにはどうすればいいのか原因を探っていきましょう。

片付ける方法が分からない

片付けが苦手な人は「部屋が散らかっているせいで、友達を家に呼べなかった」「遅刻寸前なときに、探し物が見つからなかった」といったような、困った経験を持っていると思います。

片付いた部屋を維持するには最低限のルールが必要です。綺麗な部屋を保っている人は、そのルールを無意識にしています。

しかし、片付けが苦手な人はルールを知らないため、片付け方が分からないという場合が多いです。物の収納場所を決めるときは、物の使用頻度を基準に考えましょう。

ポイントは必要な時に取り出しやすく、片付けも楽でストレスが少ない事を意識してみましょう。また、物を置かない場所を決めることも大切です。

・ルールや基準も設ける
・収納場所を決める
・取り出し時などのストレスを意識する

床の上はもちろん、例えばデスクの上やテーブルなど日常的に使う場所、何か作業する場所には物を置かないよう出しっぱなしにしてしまう癖を治していきましょう。

最初は一箇所ずつでも良いので、物を出したらしまう習慣をつけれれば自然と片付いていきます。

時間に余裕がない

日々の仕事や家事により忙し過ぎる人は、時間が足りないことが原因かもしれません。散らかり過ぎてしまうと片付けにも多くの時間と体力、気力が必要になります。

自分で片付けることが困難な場合は、不用品回収業者などを利用する事をオススメします。

例えば、業者を利用し一気にリセットし、その後、必要に応じて食洗機や乾燥機能付き洗濯機、お掃除ロボットなどを導入し簡単に綺麗を維持することもいいですね。

✔ 物を増やさない事を意識する

掃除や片付けするだけでなく、「新しい物を増やさない」事を意識してみましょう。

物が増えるほど部屋は散らかりやすくなってしまいます。購入する際には本当に必要か考え、購入するなら買った分だけ今まで使用していた物は処分しましょう。

物が増えなければ、片付けをする事は劇的に減ります。

片付けが日常ではない

「来客時だけ」「気が向いたら」と片付けを一時的なイベントとして捉えてはいる場合が多いです。一気に片付けをしようとすると、時間や労力が必要で大変な作業になりストレスを感じ、片付けにマイナスなイメージがついてしまいます。

本来、片付けとは日常的に行うこと、それほど時間が掛かる事はありません。都度、何かをした後は元に戻す習慣を付けるようにしましょう。

片付けないデメリット

部屋を片付けないデメリット
片付けが苦手な人は、生活において損をしているかもしれません。散らかった部屋で生活し続けると、どのようなデメリットがあるのか解説します。

デメリットの具体例

持ち物を把握できない、物をなくす事が多いため同じ物を購入して無駄な出費に繋がることがあります。探し物をする手間も増えるため、時間や気力、金銭的な浪費に繋がります。

・家にある物を購入してしまう
・探し物によるストレス・時間効率の低下
・健康や精神面に悪影響がある

ゴミやホコリが放置される環境で生活をし続けると、健康面にも負担が掛かります。気分がスッキリせず「あとで片付けをしなきゃ」とストレスを感じたり、ハウスダストなどでアレルギーを引き起こすこともあります。

苦手を克服:片付けるコツを解説

部屋を片付けるコツ
苦手を克服することで、生活の質も上がり気分も晴れます。理想の部屋をイメージして、片付けに取り組んでみてください。

少しのコツを意識する

片付けが苦手な人でも、片付けのコツを意識して生活していれば、整理整頓された部屋を保つことができます。片付け抑えるべきポイントやコツを解説していきます。

少しのコツと意識をするだけで劇的にお部屋は綺麗になるだけでなく、維持をすることも簡単にできます。。

一箇所ずつ小さな範囲から始める

一気に部屋全体を片付けようとすると、途方もない作業に感じ挫折に繋がります。更に家全体を片付けようとするとあちこちに手をつけてしまい、片付けているつもりが、ただ不用品やごみを移動しているだけ、なんてことも。

小さな範囲から確実に片付けてみましょう。あくまで根を詰めたり、無理は禁物です。

例えば、キッチン下の収納箇所を片付けるなど、少しの範囲で簡単に片付けることができるため、成功体験から達成感が感じその積み重ねからモチベーションを維持になります。

不用品の選別をし処分する

「いつか使うかもしれない」では片付けが進みません。明確な活用シーンがなければ使うことはありません。便利グッツなんかも同じです。

物は無理に使おうと思えば何かに使えます。しかし、あれば便利でなくても困らない物です。更に使えばの話です。使わなければ意味がありません。

片付けのメジャーな基準は、一年間使わなかったものを基準に処分する、ワンシーズン着なかった服を処分する、といったように、明確なルールや基準を設け片付けを進めましょう。

・一年使わなかったものは処分する
・ワンシーズン着なかった服は処分する
・処分に対して基準を設ける

「思い出の品」など使わないけど捨てられない物もあるでしょう。そういった物を無理に処分する必要はありません。また、写真をとってデータとして保存して捨てるといった方法もオススメです。

片付け後の収納方法

片付け 収納方法
完璧を目指さずとも部屋がスッキリと片付いており、どこに何がしまってあるかを把握できるだけでも、生活は快適になります。

見えない収納をする

「全て綺麗に整理整頓しなくては」と思っていると、片付けが億劫になり苦手意識がさらに強くなってしまいます。そこで、片付けが苦手な人でも実践できる、収納方法をご紹介します。

見える収納はゴチャゴチャした印象を与えてしまうことが多いため、見えないよう収納することをおすすめします。

片付けが好きな人やインテリアや部屋の雰囲気に対し意識が高い人であれば、部屋のイメージやインテリアに合わせた「見える収納」によりもおしゃれに収納することもできます。

しかし、片付けが苦手な人が片付け始めたばかりの段階ではハードルが高めです。まずは片付けや収納を整えシンプルになった状態になるまではオススメしません。

・見える収納はまだしない
・外から見えない収納する

扉付きの棚や箱、カゴなどを利用すると、外からの見栄えを気にしなくて良いため、片付けの時間を短縮することができます。

ボックスやカゴを買い足す際には、全て同じ色や形状、規格で揃える、色味を合わせるなど、部屋全体の統一感を出すと、さらにスッキリした印象になります。

注意点は先に収納グッズは買わないようにしましょう。片付けを終えてから、必要な分だけ購入しましょう。
先に買ってしまうと、サイズが合わなかった、余ってしまいます。

・同じ規格、色で合わせる
・家全体で統一感を意識する
・収納グッズは必要最低限だけ

更に、余ってしまった時などは、ものを保存するスペースを設けてしまいつい詰め込んでしまいます。そのため収納グッズは必要最低限に抑えましょう。

細かく分類しない

慣れないうちに細かく分類しすぎると、収納場所が分からなくなってしまったり、収納グッズが増えすぎて逆に部屋が散らかって見えたりしてしまいます。

片付けは日常的に行うものなので、細かく収納してしまうと長続きしないことも。ある程度大雑把に分類して収納していた方が良いでしょう。

出しっぱなしのものに居場所を与える

置き場所に悩み出しっぱなしになっているものはありませんか?常に出しっぱなしになっているものや、片付けにくいと感じるものは、収納場所が生活スタイルに合っていない証拠です。

物の定位置を見直し、収納しやすいようにしまう場所を決めましょう。頻繁に使う物だからと収納場所を決めないのも散らかってしまう原因になります。

収納する量を決める

「いつか使うから」ストックを置き過ぎるのも物が溢れてしまう原因になります。例えば安売りされていたからと日用品を購入するのではなく、収納場所にストックできる量だけを購入するようにしましょう。

買い物をした際にもらったビニール袋や、街中でもらったポケットティッシュなども、ストックが減ってきたときに、またもらってくれば良いのです。

そのため、残すもの、ストックする量に基準を設け、その範囲で管理し適度な量を心がけましょう。

片付けられない場合は不用品回収業者に

部屋の片付けには不用品回収業者がオススメ
部屋の片付けや断捨離をする上で、最も最適な方法は不用品回収業者を利用することです。その理由をご紹介します。

プロに丸投げしてしまう

ここまで片付けるコツやポイントをご紹介しましたが、とはいえ「片付けが上手くいかない」「片付けをする時間がない」という事もあるでしょう。

そんな場合は、プロに片付けを依頼するという手段もあります。あなたに最適な片付けを提案し作業をし丸ごと代行してくれ、住みやすい環境を作ってくれます。

一度プロに片付けを依頼しリセットしてしまえば、これまでご紹介したことを少し意識するだけで簡単に維持することはできます。

初めは意識していたことが、それが習慣化し無意識に行えるようにもなることもあるでしょう。

最適解:不用品回収業者を利用する

通常、生活する中でモノを捨てるときは、分別をして自治体のごみ収集や粗大ごみの回収予約をしたりする必要があります。断捨離で一気に沢山のモノを処分したいときは、手間がかかって大変ですよね。

メリット デメリット
・分別、解体、運搬など処分に関して丸投げできる ・どの業界にも悪徳業者が存在する

行政の粗大ゴミでは必要に応じて解体や指定場所まで自分で運搬をする必要があります。更に単品価格で不用品が多いほど手間もお金もかかり、回収まで一ヶ月以上待つ事もあり、コスパが悪くなってしまいます。

回収できない品目もあり、不用品を処分できない可能性もあります。また、回収日まで不用品を部屋に置いておくと、「やっぱり取っておこうかな」と決意が揺らいでしまうかもしれません。

✔ 安心・安全に処分が可能

捨てることを決めてすぐに不用品回収業者に依頼すれば、迷う余地なく処分できますよ。不用品回収業者なら、回収できない物は基本的にありません。自分で面倒な分別や解体、大変な運搬も必要ありません。

あなたが唯一することは、業者に連絡する。たったこれだけです。

業者を利用する際は定額パックなどを用意している業者に選ぶことで、手間や時間を節約する他、圧倒的に価格面でのコスパもいいです。

ご自身で作業をすると運搬や解体が必要となればお金や時間を消費するだけでなく、怪我などのリスクもあるため、不用品が数点ある場合は不用品回収業者を利用することがオススメです。

✔ 業者を選ぶ注意点

断捨離は様々な不用品を処分する為、定額プランを提供している業者を選ぶことをオススメします。
注意点としては安過ぎる金額を提示している業者には注意が必要です。片付け作業などは定額だが人件費や出張費は別など後から追加料金を支払い損する可能性があります。

企業努力だけではどうにもならない事もあるので安過ぎる価格設定をしている業者は極力避けましょう。破格過ぎる場合、利益が出なければ業者は存続できません。

存続ができなければお困り事を解決できず、サービスを提供する事はできませんので本末転倒です。是非、目の前の金額に惑わされずコスパの良い業者を選ぶことが大切です。

✔ 業者利用する前の工夫

業者に依頼をする際にほんの少しの工夫をすると料金を抑えることができます。不用品の選別や片付け作業まで全て依頼すると業者によっては料金は高くなる事もあります。

つまり、自分で選別や簡単な片付け、自分で処分できるものは処分することでその分の費用を浮かせることができます。

または、ご自身で予算を決めて、その金額分の回収をお願いする方法もあります。予算が少ない場合は効果的な方法の一つです。
しかし、予算が少ない場合でもまとめて処分したいというのが本音だと思います。そんな時は弊社では分割払いやクレジットカード払いをご用意しておりますので、即日でご負担を抑えることが可能です。
関連記事:部屋の断捨離は不用品回収業者が最適!選び方を解説します

断捨離・片付けの解決はリ・バスター

ゴミ屋敷 分割払い 即日
どんなお部屋の片付けもリ・バスターへ24時間365日お気軽にご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

無駄な費用はありません

リ・バスターなら無駄な追加料金や初期費用、基本料金はありません。例えば、以下のサービスが全て含まれています。

✔ 見積/出張費/基本料等ありません!
✔ 分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔ 廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業

全てコミコミ価格で安心の明朗会計!これだけではなく、更にこのようなメリットで皆様に大変ご好評頂いております!

✔ 最速/安心丁寧で選ぶなら当社
✔ 初期費用/追加料金は必要なし
✔ 頭金不要/分割払いも対応可能
✔ 明朗会計/好評安心定額パック
✔ どんな不用品もまるごと回収!
✔ 限定割引/24時間365日相談可
✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速
✔ 資格など取得済みの優良業者

ゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。このようなお悩みをお持ちの方!

片付けたいお悩みを解決します

不用品回収 業者 ランキング【業界最速の最安値でご対応】
✔お客様のお悩みに急行し一括で即日解決!
【損をしない安心な明朗会計】
✔基本料金0円で分割払いやクレジット可能!
【個人様・法人様も利用可能】
✔粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!
【幅広い対応力と豊富な実績】
✔プロ集団リ・バスターにお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も可能です。

即日対応も可能!不用品回収・ゴミ屋敷など片付け掃除のプロ集団専門業者リ・バスターなら一括で即日解決!個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。

サイトトップ
Twitter
Facebook
Instagram

【お悩みを即日解決】お部屋の片付けならお任せください

行政の粗大ゴミ回収では受け付けてくれないものがあり困っている。受け付けてくれるか不安。量があり金額が高くなってしまう。

種類が多く粗大ごみや不燃ごみが混在している場合、行政での対応が難しくなりお悩みの方が多くいらっしゃいます。

更に急な回収をお願いしたい、いつか処分する。とお考えの方。しかし、どうしても片付けられないと困っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、不用品回収を始めゴミ屋敷の片づけなど実績・経験豊富な最前線で解決しているリ・バスターが解説いたします。

不用品回収業者のメリット

不用品回収 オススメ
行政の粗大ごみ回収とは違い不用品回収業者に頼めば、様々な物を一括で即日回収出来る点や粗大ごみ、不燃ごみ、可燃ごみ等の分別も必要がない点がメリットです。

全て丸投げできてしまう

面倒な分別も大変な運搬や解体もごみの日や行政の回収日も待つ必要はありません。

業者を依頼する場合、あなたが唯一する事は、連絡を一つする。たったこれだけです。

これだけで、あとは全て業者が必要な全ての作業を一括で丸ごと代行し、最も安全で早い解決方法です。

行政の粗大ゴミ回収では必要に応じ、解体や指定場所までの運搬などが必要です。さらに回収日が一ヶ月後、ということもあります。

不用品が1~2点なら良いですが、それ以上もしくは様々な物が混在している場合は行政からも断られてしまったり、ご自身での無理な作業により体調や怪我の可能性もあります。

柔軟に対応してくれる

「急な引っ越しをしなければいけない」というような場合などもすぐに駆けつけてくれます。

又、自宅にある倉庫の中身や物置ごと回収してほしい、戸建ての2階にある大型家具だけを回収してほしい等行政では対応してくれない細かなことも対応できます。

✔ 物が部屋中に散乱していて、足の踏み場がない
✔ 家具などの買い替えにより日時を決めて回収してほしい
✔ 大型の物は自身では困難
✔ 解体をしないと搬出が出来ない
✔ 様々な物をまとめて回収してほしい
✔ 行政では対応していない物を回収してほしい。

ゴミ屋敷を片付けたいなどのご要望にも対応できる点も大きなメリットです。ゴミ屋敷をなんとかするためには、まず自分自身で今の状況を把握して危機感を持つことが大切です。

自分で片付けるデメリット

片づけによる怪我の可能性
不用品を自身で処分しようと考える方は、自身で行う際の注意事項や思わぬ怪我も考えていかなければいけません。

粗大ごみや不燃ごみなどを自身で処分する際に気を付けなければ行けない事に次のようなことがあげられます。

片づけによる怪我などのリスク

家具や家電類などの、大型なものや重量のあるものは持ち運びが困難で無理な作業は怪我につながります。

戸建てやマンションなどでも、階段を使っての搬出などで、普段やらないことを急に行う場合、生活する中で使わない筋肉や姿勢などで怪我をしてしまう方もいます。

分別には注意は必要

自身で処分を行う場合は、分別も行わなければいけません。地域により、多少の違いがあり分別の細分化が進んできています。

又、大きさで判別する場合もあり、50センチ以上は粗大ごみ扱いになる場合や地域によっては取り扱えない品物もあるため、ゴミ出しを行う前に各行政に確認もしないといけません。

又、ガラス類や陶器類は手袋をはめて作業するなどの配慮も必要です。

不用品回収業者を選ぶポイント

不用品回収業者の選び方
不用品回収を業者に頼む前に、自身がどこまで頼むか、品物を限定して頼むのか、全てを回収してもらうのかを、確認をしてください。

まずは無料見積もり

見積もりが無料の業者なら安心して問い合わせが出来ます。物量が多い場合は現地見積もりを行いましょう。見積もりに応じて、無理のない範囲で自身で行う方は、作業の方法なども業者に聞けば、アドバイスしてくれます。

しっかりした業者を選ぼう

只いくらですとお伝えする業者に頼むのはやめましょう。お客様毎に、作業方法や状況は違いますので、車両の止め方から、作業同線の確認もしてくれる業者が良いです。

✔ 時間通りに来ない
✔ 素行が悪い
✔ 当日になり金額が全然違う
✔ 後から高額な請求をされる
✔ 勝手な作業をする

あくまで一例ですが、この様な悪質な業者はどの業界にも一定数存在します。不用品回収業者も例外ではありません。一方的な業者より、状況をよく聞いてくれる、相談に乗ってくれる業者を選びましょう。

不用品の解決はリ・バスターへ

ゴミ屋敷 分割払い 即日
ゴミ屋敷などの片付けはリ・バスターへ24時間365日お気軽にご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

無駄な費用はありません

リ・バスターなら無駄な追加料金や初期費用、基本料金はありません。例えば、以下のサービスが全て含まれています。

✔ 見積/出張費/基本料等ありません!
✔ 分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔ 廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業

全てコミコミ価格で安心の明朗会計!これだけではなく、更にこのようなメリットで皆様に大変ご好評頂いております!

✔ 最速/安心丁寧で選ぶなら当社
✔ 初期費用/追加料金は必要なし
✔ 頭金不要/分割払いも対応可能
✔ 明朗会計/好評安心定額パック
✔ どんな不用品もまるごと回収!
✔ 限定割引/24時間365日相談可
✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速
✔ 資格など取得済みの優良業者

片付けたいお悩みを解決します

不用品回収 業者 ランキングゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。このようなお悩みをお持ちの方!

【業界最速の最安値でご対応】
✔お客様のお悩みに急行し一括で即日解決!
【損をしない安心な明朗会計】
✔基本料金0円で分割払いやクレジット可能!
【個人様・法人様も利用可能】
✔粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!
【幅広い対応力と豊富な実績】
✔プロ集団リ・バスターにお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も可能です。

即日対応も可能!不用品回収・ゴミ屋敷など片付け掃除のプロ集団専門業者リ・バスターなら一括で即日解決!個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。

サイトトップ
Twitter
Facebook
Instagram

【断捨離は危険?】その理由と対策を解説します

お部屋の片付けの為、いざ断捨離を進めようとする際に『やっても無駄』と否定的な意見を聞くこともあると思います。

断捨離の本質を理解せずに捨ててしまった時には、断捨離後に後悔する場合がある事も事実です。

そこで今回は、断捨離に否定的な意見がある理由や捨てる際の注意点について、不用品回収を始めゴミ屋敷の片づけなど実績・経験豊富な最前線で解決しているリ・バスターが解説いたします。

この記事を読み終えると失敗する断捨離の仕方が分かり、後悔のない断捨離ができます。

断捨離には注意が必要な理由

断捨離 やり方
まずは、断捨離に否定的な意見がある理由について解説していきます。

時間と手間が掛かる

断捨離には時間や手間がかかることも、否定的に言われる理由です。

とりあえず家に置いていただけの物でも、いざ処分するとなると判断に悩みます。悩んでいるだけで時間ばかりが過ぎ1日が終わってしまうこともあります。

断捨離にはワンルームであっても数日から1ヶ月以上必要なのは覚悟しておきましょう。

選別が終わったとしても自治体のごみの日や行政の粗大ゴミ回収の回収日も考えると一ヶ月ほど全てが片付くまで必要な場合もあります。

家から出し処分するまでが断捨離です。選別から処分まで時間が空いてしまうと気持ちが冷めてしまい不用品を放置するケースもあります。

そのため、お仕事終わりの帰宅後や休日を断捨離に費やすことに違和感を感じた方が断捨離は時間の無駄と、断捨離は良くないと言われてしまいます。

処分したことに後悔する

勢いに任せて捨てたり、残すものを意識せずに断捨離をしていると後悔のもとになります。やみくもに捨ててしまって後悔することが多いので断捨離は良くないと言われています。

部屋が散らかる

断捨離ではその過程でしまっていたモノも取り出すため、一時的に部屋が散らかるのは仕方ないのですが、片付ける前に断捨離への気持ちが冷めてしまうことがあります。

片付けまで終わらなかった時には断捨離前よりも散らかってしまうためマイナスなイメージがついてしまうのでしょう。

断捨離のタイプ


断捨離には「成功する断捨離」と「失敗する断捨離」があります。

断捨離はあくまでも手段でしかありません。断捨離をしたあと、快適な生活を手に入れる事が目的です。

手段が目的になってしまっては本末転倒です。これではいつまでたっても完結せず、失敗した断捨離になってしまいます。

断捨離とは

断捨離とは、というヨガの思想がベースにされたものです。

・入ってくる不要なモノを「断つ」
・家にある不要なモノを「捨てる」
・モノへの執着から「離れる」

モノへの執着を捨て、身の回りの不要なものを減らすことで生活の質や心の平穏の向上を図ろうとする考え方で、本当に必要なものは何か?モノに対しての執着から離れ、必要なモノだけを手元に残すことです。

成功する断捨離

モノがなくなると煩わしい片付けや取り出しのストレスから解放され時間と心の余裕が生まれます。例えば、

・規則正しい生活になりダイエットできた
・空いた時間で副業をして貯蓄ができるようになった
・必要なものがはっきりして、断れるようになった

不要なモノがなくなると無駄な事に考える時間がなくなり思考がクリアになり、様々なことに対しモチベーションや集中力の向上にも期待できます。

失敗する断捨離

断捨離が目的の場合には極端に言えば家にあるものをすべて捨てるまで断捨が終わらないことになってしまいます。

必要な会社資料や有益な書籍でも家に持ち込むことに抵抗が出てきてしまいます。

日常生活を不便に変えてしまうほどものを捨ててしまう断捨離は危険です。行き過ぎた断捨離は「断捨離依存症」とも呼ばれています。

断捨離依存症

行き過ぎた断捨離は断捨離依存症と呼ばれる一種の中毒症状のような状態になります。捨てることで達成感や爽快感が味わえるので、「すっきりしたい」と徐々にエスカレートしていきます。

断捨離依存症とは

モノへの執着を手離すという行動ばかりが先行し、捨てることに依存してしまい生活に支障をきたす状態を指します。

断捨離依存症の症状

・何か捨てられるものはないかと常に探す
・必要なモノまで処分する
・モノが増えることに極度のストレスを感じる

エスカレートすると家族や他人にも捨てることを強要したり、勝手に捨ててしまい人間関係にまで影響が及んでしまうこともあります。

断捨離依存症になりやすい特徴

断捨離依存症になりやすい人には以下の共通点があります。

・没頭しやすい性格
・潔癖症・綺麗好き
・汚部屋・ゴミ屋敷を経験している
・完璧主義者

ゴミ屋敷などでよく目に付くモノを溜め込む「ためこみ症候群」というものがありますが、ためこみ症と断捨離依存症は正反対に感じますが、本質的には不安や心配によって起こしてしまう行動で、心理状態は一緒です。

自分に必要なモノの適量が分からなくなっている危険性があり、依存症を招きます。

予防・改善方法

断捨離の本質を理解し計画的に進めることが断捨離依存症の予防策であると共に解決策でもあります。

断捨離をはじめるに前に一度立ち止まり自分の理想の暮らし、大切にしたいもの、部屋に適した量を考えて目標設定から始めましょう

モノを持つことも捨てることも悪いことではありません。大事なのはバランスです。

処分してはいけないもの


断捨離で捨ててはいけない物の一例をご紹介します。
断捨離に否定的な意見がある理由の一つには必要なものまで捨ててしまうことがあります。では残さなければならない物を把握するだけで後悔を減らすことができます。

重要書類

要書類は再発行の手続きに余計な手間や時間、手数料がかかりますし、紛失したことで信頼をなくし、トラブルに発展する可能性もあります。

保管期間を設け定期的にチェックしてから処分するのが正しい断捨離です。

手に入りづらいもの

卒業アルバムや親の形見など2度と手に入らないモノの断捨離は最後に行います。

断捨離を進めていくうちに捨てることに抵抗がなくなっていきますが、勢いで処分すると後悔につながるからです。また、心から大切に思っているモノは、無理に手放すべきものではありません。

一度捨ててしまうと替えがきかない思い出のモノの断捨離は慎重に行う必要があります。

家族のもの

家族のモノは勝手に捨ててはいけません。断捨離が勢い付くと家族のものでも勝手に捨て初めてしまいます。

捨てる前に話し合う、家族から了承を得てから捨てるなど、相手を尊重する姿勢が大切です。断捨離以前に道徳的な問題です。

必須の買い置きしているもの

とはいえ、スペースを占領するのでストック品には量を決めておきましょう。
いつか使うかもと残している買い置き品は積極的に使用して減らしていきましょう。

季節もの

1年の間に必ず使っているものは捨ててはいけません。季節モノは使用する期間が限られていますが、ないと困ってしまいます。

例えば、扇風機や電気毛布、雛人形、お子様がいれば、こいのぼり、クリスマスツリーなどが挙げれれます。

毎日使うもの

断捨離に勢いがついてしまうと毎日使うものにまで手を出してしまい、後に後悔し買い直すケースも少なくありません。

例えば、掃除機や冷蔵庫など一度捨ててしまうと、買い直すのは痛い出費です。せっかく断捨離したのに余計な出費がかかり生活の質が下がってしまえば意味がありません。

優先して断捨離するもの


風水では、使わないまま保管されているモノや壊れたままの古いモノには「陰の気」が宿り、運気を低下させてしまうといわれています。この項目では悪い気のたまりやすいもの5つをご紹介します。

服の断捨離は効果が見えやすく、処分の判断がしやすいので断捨離を始める時は服から始めることをオススメします。衣類をケースやタンス、クローゼットから全て取り出し分別していきましょう。

年齢と共にデザインや柄、色味など好みは変わってきますし、今の自分に合わないと感じた服は捨てる時期です。また、最近着ていない服や、痛みがある服、着る予定がない服も検討し捨ててみましょう。

化粧品

化粧品も断捨離しやすいものです。化粧品には使用期限があり、一般的には未開封で約3年、開封済みは半年以内に使い切ることが推奨されています。

化粧品は開封すると空気に触れて酸化が始まります。特に筒状のジェルやクリームは直接手に触れるため雑菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルの原因になる恐れもあります。

積読とよばれる途中で読むことに挫折した本や、電子書籍化された本も断捨離を検討すると良いです。
絶版の書籍や大切にしている本などは別ですが、本に虫が湧いてしまった場合も処分することをおすすめします。

本につく虫は紙や糊を餌とし、高温多湿を好みます。悪条件下でも生き長らえ1年ほどの絶食にも耐えることができます。

食器

食器は使うモノがだいたい決まってきます。数が欠けているモノや使用頻度が低い、未使用のもの、キズや割れ・欠けがある、趣味ではないものは断捨離の対象となります。

また、最初に茶碗や丼、大皿など種類別に食器を分け、それぞれに必要な枚数を確認しながら仕分けすると必要な食器の種類や枚数がわかりやすくなります。
食器を必要なものだけに絞って断捨離すると、出し入れするときの負担を減らすことができるでしょう。

便利グッズ

あると便利、なくても困らないものが半数以上です。買った時の熱量から冷めてしまって全く使っていない便利グッズは迷わず処分しましょう。

いつか使うかもしれない「いつか」が来ることは、残念ながらありません。

断捨離のルール


断捨離では以下のルールを意識することが大切です。

小さな場所から確実に

自宅を一気に全て片付けようとすると、途方もない作業に感じてしまい挫折してしまいます。今日はクローゼット、今日はカラーボックスと小さいところから一箇所ずつ確実に整理しましょう。

これにより小さくても成功体験を積みかせね達成感からモチベーションにつながります。

迷ったら一旦保存

処分した後に「やっぱり必要だった」と後悔しないよう、迷ったら一時保管します。
また、基本的には1年使っていないものは処分の基準と言われています。なので一年を基準に物の処分を検討するとスムーズに作業ができます。

基準を設けることで処分の迷いが減り、効率的に作業を進めれられます。それでも処分する決心がつかないものは「いつまで」に判断するか期限を決めましょう。

断捨離には不用品回収業者が最適解

一気に断捨離を進めたい時や断捨離で出た不用品の処分は不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者では毎日、家具や家電などの不用品を回収しているため最もスムーズに回収してくれます。

即日処分が可能

不用品回収業者では連絡をした当日に不用品の回収が可能な業者も存在します。その日のうちに終わるので作業もはかどります。

仮に自分で大型家具や家電などを自治体で粗大ゴミとして出す場合、1週間から1か月以上先にしか捨てられません。コロナウィルスの影響に伴い、持込処分への受け入れ制限をしている自治体も増えています。

不用品回収業者では室内からの搬出から処分まで全て代行してくれるので、最も早く安全で楽に処分できます。

大量の処分もすぐに終わる

大量の不用品も短時間で回収してくれます。細かい不用品の分別もやってくれるので、ケガや事故の心配もありません。不用品回収業者では物量に合わせて最適なプランを組んでくれます。

自分では何往復もしなければならず、分別や解体、運搬、処分など大量の不用品も1日で簡単に回収作業が終わります。もちろん、片付けに伴う怪我や体調不良になる事もありません。

あなたがする行動は業者に連絡すること。たったこれだけです。

まとめ


いかがだったでしょうか?断捨離はよくないと言われる理由や、失敗する断捨離方法と後悔しない方法を解説させていただきました。

この記事を参考にしていただき、後悔のない断捨離をして気持ちい生活を送っていただけると幸いです。

この記事の要点

・断捨離に否定的な意見があるのは間違った認識と方法によるもの
・捨ててはいけないものがある
・断捨離依存症になってしまうこともある
・後悔しない為には計画性と、本質
・小さなもの、場所から始めるといい
・不用品回収業者を利用すると早く簡単に片付く

不用品の解決はリ・バスターへ

ゴミ屋敷 分割払い 即日
ゴミ屋敷などの片付けはリ・バスターへ24時間365日お気軽にご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

リ・バスターなら無駄な追加料金や初期費用、基本料金はありません。例えば、以下のサービスが全て含まれています。

✔ 見積/出張費/基本料等ありません!
✔ 分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔ 廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業

全てコミコミ価格で安心の明朗会計!これだけではなく、更にこのようなメリットで皆様に大変ご好評頂いております!

✔ 最速/安心丁寧で選ぶなら当社
✔ 初期費用/追加料金は必要なし
✔ 頭金不要/分割払いも対応可能
✔ 明朗会計/好評安心定額パック
✔ どんな不用品もまるごと回収!
✔ 限定割引/24時間365日相談可
✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速
✔ 資格など取得済みの優良業者

片付けたいお悩みを解決します

不用品回収 業者 ランキングゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。このようなお悩みをお持ちの方!

【業界最速の最安値でご対応】
✔お客様のお悩みに急行し一括で即日解決!
【損をしない安心な明朗会計】
✔基本料金0円で分割払いやクレジット可能!
【個人様・法人様も利用可能】
✔粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!
【幅広い対応力と豊富な実績】
✔プロ集団リ・バスターにお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も可能です。

即日対応も可能!不用品回収・ゴミ屋敷など片付け掃除のプロ集団専門業者リ・バスターなら一括で即日解決!個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。

サイトトップ
Twitter
Facebook
Instagram

【ゴミ屋敷から脱出】更に後戻りしない方法を解説!

ゴミ屋敷から抜け出したくて悩んでる、片付けをしてもゴミ屋敷に戻ってしまう方は、抜け出す方法や繰り返さない方法を知って決意さえすればゴミ屋敷から脱出することができます。

小さな成功体験を積み重ね、少しの意識で継続し習慣化すれば、もうゴミ屋敷に戻ることはありません。

そこで今回は、ゴミ屋敷のデメリットとゴミ屋敷から抜け出す方法、そしてゴミ屋敷に戻らないために必要なことについて、不用品回収を始め、ゴミ屋敷の片づけなど実績・経験豊富な最前線で解決しているリ・バスターが解説いたします。
ゴミ屋敷・汚部屋に関係するコラム記事一覧

ゴミ屋敷に住むリスク

ゴミ屋敷 危険
野生の動物は常に自分の巣をキレイにします。それは生活する場所が汚れていることがデメリットであり、健康を害するものであることを知っているからです。

これは人間にも同じことで、ゴミ屋敷化することで自分にどれだけデメリットやリスクがあるのか改めて認識するところから始めましょう。

【この章でのポイント】
✔ 精神衛生上の問題
✔ 健康被害
✔ 建物を傷める
✔ 近隣とのトラブル

では、それぞれのデメリット・リスクについて解説します。

✔ 精神衛生上の問題

ゴミ屋敷化している場合、基本的に閉鎖的空間で気持ちがマイナスな方に向かってしまいます。更に精神面でのマイナス思考がゴミ屋敷化を助長させてしまうため、負の連鎖に飲み込まれ改善どころか悪化する一方になってしまいます。

また、一人暮らしが原因でゴミ屋敷になる場合、孤独感やセルフネグレクトなど精神的な病がゴミ屋敷から抜け出せない状況を作りだしてしまいます。

そのため、自分では改善できず精神衛生が悪い状態が長く続いてしまい負の連鎖は更に深いものになります。ゴミ屋敷の住人に多い特徴の一つに精神的な病が理由で片付けられない場合があります。

✔ 健康被害

当然のことですが、部屋に不要品やゴミが溢れている状況ではゴミやホコリ積もり、湿気を含みダニやカビが繁殖しやすくなります。

舞い上がったカビとダニの死骸やフンは、人の気管や肺に入り込むので呼吸器の病気になる可能性が高まります。害虫なども発生するので、伝染病や食中毒になることも容易に想像できるでしょう。

狭い空間ゴミの上に不自然な体勢で寝ていると、体にも悪く疲れも残ってしまいます。同時に睡眠の質も低下し、内臓疾患や精神疾患を引き起こす危険性が高くなってしまうのです。

このようにゴミ屋敷で生活することは心身共に非常に危険なことです。アレルギーや特定の害虫による被害は長期的な治療や最悪の場合死に至ることもあります。

✔ 建物を傷める

ゴミ屋敷化している場合、空気が滞留することで湿気がこもり、木製の建材が歪んで戻らなくなります。フローリングや畳の上に長期間ゴミが置かれていると、表面の剥がれやカビが生えた床が抜けやすくなります。

壁や天井、収納スペースでも同じく、結果として建物全体の痛みを早めてしまうのです。

また、傷んでいる建物に大量のゴミが負荷となり、倒壊による事故や怪我が発生する危険性が高まります。結果、建物の傷みはあなたへの危険性も高まります。

もちろん、引越しなど何かのきっかけで退去する際の修繕費なども高額になり金銭的な圧迫もあります。

悪臭やゴミの飛散、害虫などの移動などが原因で、近隣住民から苦情が発生し人間関係が悪化しトラブルに発展したり、家族や子供が嫌がらせの対象になる可能性もあります。

ゴミ屋敷から脱出するポイント

ゴミ屋敷から抜け出すポイント
物事は明確な目標や決意がなくては、動き出すことは難しいものです。ゴミ屋敷でもそれは同じ事でゴミ屋敷から抜け出す行動をする為のエンジンを目標や決意によりかける必要があります。

理由な何でもいいと思います。例えば、抜け出した後の快適な生活を想像し目標にすることなどがゴミ屋敷から解放される第一歩です。

【この章でのポイント】
✔ 生活習慣を見直す
✔ 計画的に不用品を処分する
✔ 医療機関に受診する
✔ 不用品を一気に片付ける

抜け出したいという意識を持っているだけで、成功確率は高くなります。その意識と上記の方法を行動に移すことで、ゴミ屋敷の生活から抜け出せます。

重要なのはは抜け出したいという熱が冷めないうちに行動することです。明日やろうはばかやろうという言葉があるように決意したら行動しましょう。

✔ 生活習慣を見直す

毎日の忙しさから疎かな生活になっていないでしょうか?面倒なことを後回しにしていると、掃除や後片付けが疎かになるので、ゴミ屋敷になる条件が揃ってしまいます。

楽なことや興味のあることばかりでなく、意識的に不用品を片付けるようにしてください。

最初から根を詰めて一気に片付けなくてもいいのです。一箇所だけ、部分的でも毎日少し掃除や片付けをする習慣を身に付けることがポイントです。

✔ 計画的に不用品を処分する

すでにゴミ屋敷になっている場合は、ゴミや不用品を処分することから始める必要があります。生活習慣の見直し、意識ができていれば、ゴミが溜まりづらい状況になってきているので、次はゴミや不用品を片付ける計画を立てましょう。

何も考えず手当たり次第目につくものを処分しようとしても、何から始めてどうすれば良いか分からなす、途方もない作業に感じ、途中で挫折してしまいます。

更に片付けているつもりが、ただゴミや不用品を移動しているだけ、ということも珍しくはありません。

中途半端で終わらないためにも、まずは小さなところから少しづつなど確実に片付けが進むようキッチリと計画を立てましょう。

例えば、最初はプラスチックや紙、ペットボトルなど順番を決めて1種類ずつ確実に片付けます。あちこちに手を付けず決めたものだけを片付けましょう。理想は手前から奥に向かって片付けをすることです。

玄関から奥に向かって作業し導線を確保しながら徐々に範囲を広げていくイメージです。

1種類ずつではなかなか片付かないと思っていても、気づけば周りはどんどん綺麗になっています。散らばっているゴミの種類も減っていくので効率化に繋がります。

ポイントは挫折しないように少しづつでいいので確実に片付けることです。こうすることで成功体験を重ねることで達成感を感じモチベーションにも繋がります。

✔ 医療機関に受診する

近年、生活環境によるストレスが原因でゴミ屋敷になるケースが急増しています。生活習慣を変えられない、不用品を片付けることに抵抗を感じる場合は医師のカウンセリングを受けてください。実は精神的な病にかかっている場合もあり、それが弊害になっている事もあります。

無理に片付けようとすると、心の病が悪化する可能性もあります。心当たりがある方はまずは自分自身や病気に向き合うところから始めてみましょう。

ゴミ屋敷と病気についての関係やその他、ゴミ屋敷や汚部屋に関する事について様々な内容の記事を更新していますので、併せてご覧いただければと思います。
ゴミ屋敷や汚部屋のコラム記事一覧

✔ 不用品を一気に片付ける

では、ゴミ屋敷からの脱出を掲げ生活習慣を見直し、自分で不用品を片付けたとしても、やり切るまでには長い時間と労力、更に費用が必要になります。

更に途中で諦めてしまうかもしれません。不用品の片付けは自分だけでやる必要はありませんので、片付けのプロに依頼し、ゴミ屋敷状態をリセットすることもオススメです。

ゴミ屋敷であれば、片付けられるようになるまで長期的な期間が必要ですので、まずは不用品回収業者の力を借りて片付けてしまうことをおすすめします。

業者に依頼をする場合、面倒な分別も大変な運搬も怪我のリスクもありません。あなたが行う事は連絡をする。たったこれだけです。

一度お部屋をリセットしてしまえば、あとは少しの意識で維持をするだけでいいのです。更に習慣化すれば意識することもなく綺麗な状態を維持できます。

弊社リ・バスターでは、最短当日から片付けが可能です。分割払いなど様々な状況、ご希望に柔軟に寄り添うができます。もちろん相談や見積もりも無料です。

お気軽に片付けたいお悩みをお聞かせくださいね。

ゴミ屋敷に戻らない方法

ゴミ屋敷に戻らない方法
ゴミ屋敷の片付けは業者に頼ることですぐに解決できます。残る問題はゴミ屋敷に戻らないための本人の意志が一番重要であるという事です。

対策をすることで必ず効果が出ます。諦めず、できるところから一歩踏み出しましょう。

【この章でのポイント】
✔ ゴミ屋不用品に対して自分ルールを決める
✔ 治療による支援を受ける
✔ 指導や片付けを不用品回収業者に頼る

自分1人では難しくてもどこかに寄りかかれば解決できるはずです。ゴミ屋敷に戻らないため、決意し行動に移していきましょう。

✔ ルールを決める

注意点から説明すると、全てルール化しない事です。張り切って強いルールを作ってしまうとストレスや無理がたたり、途中で諦めてしまい逆効果になってしまいます。

今まで掃除やゴミ捨てが苦手だったのに全てをルール化しても消化不良を起こしてしまいます。まずは無理のない範囲で対策し習慣づけるようにしてください。

自分の段階によってルールを調整してみましょう。最初の一歩踏み出せば綺麗なお部屋での生活し続ける事は目前です。無理をせず小さな事でも毎日継続することができれば習慣化し、意識せず生活できるようになります。

例えば、業者に依頼をし綺麗になってしまえば食べた終えたタイミングで容器処分するだけ、使い終わったものをその時に処分するだけ。必要なのはほんの少しの意識だけです。

✔ 治療による支援を受ける

病気により自分の意思だけでは困難な場合は、まずは適切な診療を受け、段階的に改善に向かう事をオススメします。

精神疾患による医師の治療の一環として、ゴミ屋敷の対策を支援しているプログラムがある場合もあります。中には買い物依存症の専門医がいる場合もあります。

ストレスによるゴミ屋敷問題では、一般的な精神科医による対応が可能ですが、医師によって得意分野があるので事前に確かめてみてもいいかもしれません。

✔ 指導や片付けを不用品回収業者に頼る

不用品回収業者であれば、ただ膨大なゴミや不用品によりできたゴミ屋敷をすぐに片付けてもらうだけではありません。

ゴミを溜めないコツから片付けるポイントまで知り尽くしたプロですので、作業している間、作業後などアドバイスも受けられるメリットがあります。

色々なパターンのゴミ屋敷を片付けてきたプロは、あなたに最適な対策を丁寧に指導してくれます。まずは相談や見積もりは無料なので、電話やメール、LINEで気軽に相談をしてみましょう。

プロならではの的確なアドバイスと提案によって、不用品を素早く片付けてくれるだけでなく、価値のある品物は独自ルートで売却して回収料金を安く設定してくれます。

【大家様、管理会社様などの企業様へ】
借主様が夜逃げをしてしまった、急にいなくなってしまった、残置物撤去など管理業務を行う中でゴミ屋敷と化した部屋のお片付けも必要になることもあるかと思います。

弊社リ・バスターでは、ゴミ屋敷の片付けや特殊清掃、ハウスクリーニングなど業界屈指の対応力と丁寧さにご好評いただき、お手伝いさせていただいておりますので、ぜひご相談くださいませ。

本記事のまとめ

ゴミ屋敷 まとめ
ゴミ屋敷から抜け出すには覚悟と努力が必要になります。今の生活に疑問を持ってさえいれば必ず解決方法はは見つかるはずです。

医師や不用品回収のプロに相談することで、想像しているよりはるかに早くゴミ屋敷から抜け出せる可能性がありますので、勇気を持った第一歩を踏み出してください。

更に業者を利用する場合は、連絡をする。たったこれだけです。面倒な分別も大変な運搬も必要ありません。唯一必要なのはほんの少しの意識で維持するだけです。

そして、その意識は習慣化しその先には無意識に行動できるようになり快適な生活を続けているはずです。

リ・バスターでは今まで経験実績豊富なため様々な状況のゴミ屋敷の片付けを行なってきました。
心身の健康やあなた自身の為に早めのご対応をされるようご検討くださいませ。

【本記事のポイントまとめ】

〜ゴミ屋敷で生活するリスク〜
✔ 精神衛生上の問題
✔ 健康被害
✔ 建物を傷める
✔ 近隣とのトラブル

〜ゴミ屋敷から脱出するポイント〜
✔ 生活習慣を見直す
✔ 計画的に不用品を処分する
✔ 医療機関に受診する
✔ 不用品を一気に片付ける

〜ゴミ屋敷から後戻りしないポイント〜
✔ ゴミ屋不用品に対して自分ルールを決める
✔ 治療による支援を受ける
✔ 指導や片付けを不用品回収業者に頼る

不用品・ゴミ屋敷問題の解決はリ・バスターへ

ゴミ屋敷 分割払い 即日
ゴミ屋敷などの片付けはリ・バスターへご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

24時間365日お気軽にご相談ください!

ゴミ屋敷業者 分割払い 即日
リ・バスターなら追加料金なし
以下のサービスがすべて含まれています︕
✔見積/出張費/基本料等ありません!
✔分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業
全てコミコミ価格で安心の明朗会計

片付けたいお悩みを解決します!

不用品回収 業者 ランキングゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。
このようなお悩みをお持ちの方!

最速/安心丁寧で選ぶなら当社

初期費用/追加料金は必要なし

✔ 頭金不要/分割払いも対応可能

✔ 明朗会計/好評安心定額パック

✔ どんな不用品もまるごと回収!

✔ 限定割引/24時間365日相談可

✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速

✔ 資格など取得済みの優良業者

【業界最速の最安値でご対応】
 不用品もゴミ屋敷もお客様のお悩みに急行し即日解決!

【損をしない安心な明朗会計】
基本料金オール0円で分割払いやクレジットカード可能!

【個人様・法人様も利用可能】
廃品回収・粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!

【幅広い対応力と豊富な実績】
プロ集団リ・バスターに安心してお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。
片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も即日対応可能!

不用品回収・ゴミ屋敷の片付けなど片付け掃除のプロ集団
専門業者リ・バスターであれば一括でまるごと即日解決可能!

個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。
リ・バスターのサイトトップをチェック!

Twitter Facebook Instagram
ゴミ屋敷 不用品回収 分割払い ゴミ屋敷 業者 即日 不用品回収 業者 即日
不用品回収業者 優良 選び方
不用品回収 業者 即日 ゴミ屋敷 即日 業者 不用品回収 引越し 業者
空き家 不用品 処分 店舗 不用品回収 業者 不用品回収 買取業者
遺品整理 ゴミ回収 遺品整理士 片付け 業者 特殊清掃 生前整理 業者 選び方
ハウスクリーニング 相場 おすすめ リフォーム 不用品処分 業者 庭の手入れ 業者 おすすめ

【最短最適】部屋の断捨離は不用品回収業者が最適!選び方を解説します

皆さんはお部屋の片付けや断捨離をしたいと考えたことはありますか?また、片付けはしたいが大変で断捨離を断念してしまったり、妥協して諦めてしまうことはありますか?

そこで、今回はラクに・素早く断捨離ができる、不用品回収業者を利用するメリットや費用相場を解説を不用品回収を始め、ゴミ屋敷の片づけなど実績・経験豊富な最前線で解決しているリ・バスターが解説いたします。

さらに後半では、コスパ良く利用する方法や信頼できる業者選びのコツを紹介します。優良業者に依頼すれば、安く簡単に断捨離ができるうえ、キレイで快適なお部屋や生活が簡単に手に入るので、ぜひ参考にしてください。
ゴミ屋敷・汚部屋に関係するコラム記事一覧

断捨離は圧倒的に不用品回収業者が最適

断捨離は圧倒的に不用品回収業者が最適
断捨離は時間と労力のかかる作業です、それに伴い怪我などのリスクもありますが、不用品回収業者に依頼すると、あっという間にお部屋がキレイになります。ここでは、業者の強みを具体的に解説します。

✔ 即日対応で早い・安い・簡単の三拍子

不用品回収業者の魅力は対応スピード、作業スピード、手間が掛からないのが魅力です。業者により差はありますが、最短で連絡から30分以内に訪問できる場合もあります。

あなたがする事は業者に連絡をすること、たったこれだけです。あとは業者のスタッフが運搬や回収など面倒で大変な作業を全て代行して行ってくれます。

弊社では場所や状況にもよりますが最短20分でお悩みに急行することが可能な為、お急ぎの場合もご安心してご相談ください。スタッフがすぐに駆けつけてくれます。

このように、不用品回収業者なら時間がなくても断捨離ができるという何にも変えられないメリットがあります。

✔ 費用を抑えられる仕組み作りが豊富

断捨離は粗大ゴミや様々な種類の不用品を大量に処分する事になるので、自治体や行政でもそれなりの費用が必要です。更に単品価格なので不用品が多ければ多いほど費用は右肩上がりになります。

そして片付けから掃除、指定場所までの運搬まで全て自分で行うと非常に大変で場合によっては数日かかる場合もあり、コスの悪い作業となります。

このように、時間も手間や怪我などのリスクを考えると、不用品回収業者のほうがコスパが良いと言えるでしょう。

なぜなら定額プランや乗せ放題プランなどの費用を抑えられる仕組みがあり、不用品を単品で計算すると高額になりがちですが、のせ放題、定額プランを利用すると、さまざまな費用を含めた定額で処分できます。

✔運搬・分別・片付け・清掃丸ごと代行

断捨離は不用品の選別から処分、片付け、運搬や解体など、作業量が多いです。途中で疲れて挫折する人や、捨ててはいけない物を処分してしまう人もいます。

回収業者に依頼すれば、電話一本だけで断捨離を任せられ、事前準備さえも必要ありません。選別以外の分別や、解体、運搬、片付けなど、全て丸ごとスタッフが代行してくれます。

最近ではLINEやメールでも連絡や依頼が可能なので電話が苦手な人でも気軽に相談することができます。また、お部屋をピカピカに清掃したい方は、ハウスクリーニングサービスにも対応可能です。

以上のように、非常に面倒で大変な断捨離を簡単にできるのが回収業者の魅力です。

断捨離を業者でコスパ良くする方法

断捨離を業者でコスパ良くする方法
不用品回収業者は、探し方や依頼の仕方で安く利用できることがあります。紹介するテクニックを押さえて業者を探すことで、予算内で満足なサービスが期待できるでしょう。

✔ 定額プランを提供している業者

断捨離は様々な不用品を処分する為、定額プランを提供している業者を選ぶことをオススメします。
注意点としては安過ぎる金額を提示している業者には注意が必要です。片付け作業などは定額だが人件費や出張費は別など後から追加料金を支払い損する可能性があります。

企業努力だけではどうにもならない事もあるので安過ぎる価格設定をしている業者は極力避けましょう。破格過ぎる場合、利益が出なければ業者は存続できません。

存続ができなければお困り事を解決できず、サービスを提供する事はできませんので本末転倒です。是非、目の前の金額に惑わされずコスパの良い業者を選ぶことが大切です。

✔ 無駄な費用が掛からない業者

業者により初期費用や基本料金などの費用が必要な項目が異なるので、極力無駄な費用がかからない業者選びをしましょう。具体的には、

✔ 出張費
✔ 見積もり費用
✔ 車両費用
✔ 人件費
✔ キャンセル費
✔ 基本料金
✔ 諸追加費用

業者により、他にも費用がかかる項目が存在することもあるので、これらの費用が必要ない業者を選ぶようにしましょう。
弊社リ・バスターでは上記を含めその他お客さまにとって無駄な費用は基本料金なしでご利用頂けます。

✔ 業者に依頼する前に出来ることをやる

業者に依頼をする際にほんの少しの工夫をすると料金を抑えることができます。不用品の選別や片付け作業まで全て依頼すると業者によっては料金は高くなる事もあります。

つまり、自分で選別や簡単な片付け、自分で処分できるものは処分することでその分の費用を浮かせることができます。

または、ご自身で予算を決めて、その金額分の回収をお願いする方法もあります。予算が少ない場合は効果的な方法の一つです。
しかし、予算が少ない場合でもまとめて処分したいというのが本音だと思います。そんな時は弊社では分割払いやクレジットカード払いをご用意しておりますので、即日でご負担を抑えることが可能です。

安心・信頼できる業者の選び方

安心・信頼できる業者の選び方
全ての業界にはごく一部ですが質の悪い所謂、悪徳業者が一定存在します。不用品回収業界もまた例外ではありません。当然、良い業者に依頼したほうが良く、価格に見合ったサービスを受けられるので業者選びは重要です。

ここでは、最低限押さえておきたい信頼できる業者を見抜くポイントを紹介します。

✔ 経験・実績豊富な業者

ホームページやSNSなどに、作業実績や事例を掲載している業者は信頼できます。特に写真付きの場合はより信頼して良いでしょう。

なぜなら、一目で実績を確認できるのはもちろん、作業記録を保管して改善に役立てているからです。依頼人への対応や、技術力も高い業者といえるでしょう。

情報や実績をオープンにしている業者安心してご利用できる可能性が高いかと思います。業者を探すときは、サイトの有無、SNSno有無の確認や実績・事例を確認しておきましょう。

✔ 保険・補償に対応している業者

信頼できる不用品回収業者は、損害保険などに加入しています。これは作業中に室内の内装や設備、物などを万が一破損した場合に保証してくれる保険です。もちろん弊社も加入しています。

もし保険がなければ、室内に傷がついても責任を取ってくれない可能性があります。依頼人はもちろん、業者のリスクヘッジにもなるので、損害保険のある業者を選びましょう。

本記事のまとめ

空き家の片付け まとめ
今回は、お部屋の断捨離には不用品回収業者が最短、最適であること。業者選びのコツについて解説しました。いかがだったでしょうか?

ご自身で作業する場合、運搬や解体、片付け、清掃など非常に大変な作業になり時間や労力を消費するだけでなく作業による怪我のリスクや自分で処分する場合は不用品が多いほど処分に必要な金額が上がってしまいます。

そこで不用品回収業者を利用することで、あなたのする事は業者に連絡する、たったこれだけです。大変な解体も運搬も必要ありません。

スタッフが全てまるごと代行して最短で安全に片付けをしてくれます。不用品回収業者を利用する際は下記のポイントを押させてご相談しましょう。

【不用品回収業者を利用するポイント】
 即日対応で早い・安い・手間がない三拍子が揃っている
✔ 定額プランでコスパが最も良い
✔ 必要な作業を全て代行してくれる
✔ 無駄な費用が発生しない業者を
経験豊富で補償に加入している業者

不用品・ゴミ屋敷問題の解決はリ・バスターへ

ゴミ屋敷 分割払い 即日
ゴミ屋敷などの片付けはリ・バスターへご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

24時間365日お気軽にご相談ください!

ゴミ屋敷業者 分割払い 即日
リ・バスターなら追加料金なし
以下のサービスがすべて含まれています︕
✔見積/出張費/基本料等ありません!
✔分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業
全てコミコミ価格で安心の明朗会計

片付けたいお悩みを解決します!

不用品回収 業者 ランキングゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。
このようなお悩みをお持ちの方!

最速/安心丁寧で選ぶなら当社

初期費用/追加料金は必要なし

✔ 頭金不要/分割払いも対応可能

✔ 明朗会計/好評安心定額パック

✔ どんな不用品もまるごと回収!

✔ 限定割引/24時間365日相談可

✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速

✔ 資格など取得済みの優良業者

【業界最速の最安値でご対応】
 不用品もゴミ屋敷もお客様のお悩みに急行し即日解決!

【損をしない安心な明朗会計】
基本料金オール0円で分割払いやクレジットカード可能!

【個人様・法人様も利用可能】
廃品回収・粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!

【幅広い対応力と豊富な実績】
プロ集団リ・バスターに安心してお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。
片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も即日対応可能!

不用品回収・ゴミ屋敷の片付けなど片付け掃除のプロ集団
専門業者リ・バスターであれば一括でまるごと即日解決可能!

個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。
リ・バスターのサイトトップをチェック!

Twitter Facebook Instagram
ゴミ屋敷 不用品回収 分割払い ゴミ屋敷 業者 即日 不用品回収 業者 即日
不用品回収業者 優良 選び方
不用品回収 業者 即日 ゴミ屋敷 即日 業者 不用品回収 引越し 業者
空き家 不用品 処分 店舗 不用品回収 業者 不用品回収 買取業者
遺品整理 ゴミ回収 遺品整理士 片付け 業者 特殊清掃 生前整理 業者 選び方
ハウスクリーニング 相場 おすすめ リフォーム 不用品処分 業者 庭の手入れ 業者 おすすめ

【汚部屋から脱出】断捨離や片付けのポイントと維持する方法

日々、忙しい生活を送っていると、少ない自由な時間を疲れや他のやりたい事などにより、つい片付けるのを後回しにしていまいがちですよね。

「あとでやる、いつかやる」と後手後手にしてしまうと、いつか来る片付けようとしたときには自分では処分できなくなってまう事態にもなります。

そこで、今回は部屋の断捨離を成功させるコツ、綺麗にした状態を維持するコツをゴミ屋敷専門業者で遺品整理や特殊清掃など実績・経験豊富な最前線で解決しているリ・バスターが解説いたします。
ゴミ屋敷・汚部屋に関係するコラム記事一覧

断捨離するメリットとは

汚部屋の断捨離

近年、徐々に必要最低限の物だけで生活する「ミニマリスト」という価値観が注目されていることから、断捨離をすることが再注目されてきています。

背景としてはミニマリスト系のYouTuberやSNSなどのインフルエンサーの方々も増えているので断捨離が注目される後押しになっていると予想されます。

では、どうして断捨離をすることが注目されているのか、そのメリットやコツについて順に解説していきます。

【ポイント】
✔ 時間を有効的に使える
✔ 無駄なお金を浪費しない
✔ 人間関係が良くなる
✔ 価値観や思考を見直せる

✔ 時間を有効的に使える

ものが散乱していると目的のものを探しだすのに時間を取られてしまったり、その後の収納が面倒になってしまいストレスまで感じてしまいます。これは無駄な時間、無駄なストレスと言えるかと思います。

時間の消費やストレスは思っている以上に生活やメンタルに重要な事なので、断捨離を行うことで必要なものがどこにあるのかすぐに見つけやすくなり、時間を有効に使いストレス軽減することができるようになります。

✔ 無駄なお金を浪費しない

ものが散乱してしまう理由の一つに、「無駄なものを買い込んでしまう」と言う原因が一つあります。断捨離は、無駄なものを買ってしまうのを辞める方法になるだけではありません。

更に必要以上に物が増えてしまうと、無駄な出費が増えるだけでなくお部屋を圧迫してします。つまり、無駄なものを置いている面積分の家賃を払っていることになります。

年間の家賃(年額の物件価格)÷専有面積=1㎡あたりの年間収納コスト

1㎡あたりの年間収納コストを明らかにすることで、ムダなモノの収納にいくらかけているのかを数字で確認しよう、というものです。

例)70㎡で3500万円のマンションに住んでいる場合
30年ローンだとすると、3500万円を30で割って、1年あたり約117万円
117万円÷70㎡=1㎡あたり約1.7万円

例)24㎡で家賃6万円の賃貸に住んでいる場合
年間の家賃は72万円なので
72÷24㎡=1㎡あたり3万円

無駄なものを買わない=必要なものだけにお金を使うことができる、というメリットを生み出します。

✔ 人間関係が良くなる

ものが散乱している部屋で生活をしていると、いずれ自分自身を見繕っていることですら散乱してくるようになります。

また、ものが散乱している部屋で生活していると、身も心も荒み、人と接することですら億劫になりマイナスの連鎖につながります。

部屋の乱れは心の乱れなんて昔から言われてますので、断捨離をすることで自分自身も整理整頓することができ、人と接することや物事にも前向きになれます。

✔自分の価値観・思考を見直せる

断捨離を行うことで、本当に自分にとって必要なものは何なのかを見つめ直す時間を作ることができます。断捨離で自分自身の価値観を取捨選択していくことで、新しい自分を見つけることができる可能性もあります。

目の前が物で溢れていると、思考の整理がし辛くなり余計なことに意識が持って行かれてしまいます。このように断捨離を行うことで様々なメリットをもたらすことができるので、是非手放す練習をしてみてはいかがでしょうか?

失敗しない断捨離を効率よく片付けるコツ

断捨離を効率良くする方法
ここからは断捨離を行うときに部屋を効率よく片付けていく方法をご紹介していきます。

【ポイント】
✔ 小さな場所から始める
✔ 不要・必要・保留に選別

✔小さな場所・一箇所ずつ始める

片付けを始めるならまずはカバンや小物入れなどの狭い範囲から行うようにしましょう。もしくは部屋の一箇所だけ、カラーボックからなど。

比較的片付けが簡単な場所から始めると効率的に進められます。ポイントとしては一気に片付けようと部屋全体をあちこち手をつけないことです。

狭い範囲は少しの時間で片付けを完了させることができる。、狭い範囲の片付けを完了することで成功体験を感じ達成感からモチベーション維持にも繋がり、作業が進むほど処分にも慣れて効率化も図れます。

✔不要・必要・保留に選別する

断捨離や片付けるときにモノを仕分けるコツですが、モノを3種類に分けるように片付けを進めていきましょう。

このときの注意点ですが、片付けを行うときは一旦モノを仕分けてから、整頓するように進めます。仕分けと整頓を同時進行で行うと、必要でないものまで残してしまい、せっかく片付けで空いたスペースにモノを詰め込む可能性があります。

まずは、仕分けを行い、モノの全容を把握してから整頓するスペースを考えるよう片付けを行っていきましょう。

不要・必要・保留と3つに分類しましたが、保留の枠があるからと安易に保留にして終わるのではなくその後、本当に必要かどうか吟味することは大切です。

断捨離で仕分けをする基準

断捨離の仕分けるコツ
では、どのような基準を持って仕分けていけばいいのか、そのポイントを解説していきます。

【ポイント】
✔ 必要なものだけを残す
✔ 1年以上使っていない物を基準にする
✔ 思い出品は最後にする
✔ 後悔をしない
✔ いつか使うをやめる

✔必要なものだけを残す

先ほど、必要、不要、保留で仕分けようと解説しましたが、部屋に整頓しておくものは「必要」なモノのみにしましょう。

不要なものは捨て、保留にしたものは一定期間吟味する時間を持って「本当に必要なものなのか」捨てるか残すか判断するようにすると無理なく仕分けることができるようになります。

✔1年以上使っていないものを基準に考える

片付けの正解では、必要なものか判断することに迷ってしまった場合一年以内に使ったものかどうか判断してみましょう。一年以内に使っていないものは、これからも使う可能性は低いということが考えられます。

もし本当に必要になった際はまた購入するようにしましょう。後ろ髪を引かれるかもしれませんが、はっきりとした判断基準を設けて片付けを行うと効率よく片付けを行うことができるのでおすすめです。

✔思い出の詰まった物は最後にする

思い出の品は替えできるものではありません。そのため、思い出の品は取っておくことを前提に捨てないように、他のものから仕分けていくようにしましょう。

一つも捨てられないと思っていた場合も、片付けをしていく中で手放すことに抵抗が少なくなり自分の中で基準や判断ができるようになり、替えできないけどもう要らないと考えが変わり始めます。

また、自分でも絶対に必要ないけど思い出があるから何となく取って起きたい人の中には写真に撮るなどデータ化して残すと言う人も増えています。

✔処分に後悔をしない

片付けを進めていく中で、どうしても捨ててしまうときに一瞬でも「本当に捨てていいのか」「捨てない方がいいかも」と後悔してしまう気持ちが出てくるかもしれません。

捨てようか後悔してしまうのは、捨てるべきか考える時間が長ければ長いほど後悔や迷いが出て、処分をしない方向に舵を取ってしまいます。

捨てるときに深く考える前に片付けを効率よく済ませることを意識してみるといいですね。

✔いつか使うを捨てる

モノを溜め込んでしまう要因に、捨てるのがもったいないというもったいない精神が気持ちがあります。

「いつか使うかもしれない」と考えてしまうと捨てることも躊躇してしまいます。モノへの執着を捨てなければ、ものが減ることも片付けを進めることもできません。

モノは使われてこそ意味があります。使わなければモノがかわいそうなので使わないものを譲るなり処分するなり思い切って手放しましょう。

断捨離を行うタイミング

汚部屋の断捨離をするタイミング
では、どんなときに断捨離を行うのが良いのでしょうか。おすすめのタイミングをご紹介していきます。

【ポイント】
✔ 引越し前
✔ 大掃除
✔ 今だと思った時

✔引っ越す前

引っ越し前は、今までため込んでいたものを全て掻き出すので断捨離には良いタイミングです。

また、きれいな新居に必要最低限のモノを持ち込んでいきたい、引っ越しの際の荷物をなるべく少なくしたいという目的を達成する上でも断捨離はうってつけの片付け方法だといえます。

引っ越しのタイミングで部屋にあるものをひっくり返し、断捨離をしてスッキリした気持ちで引っ越しましょう。

✔大掃除

年末年始の大掃除、大型連休などのタイミングで大掃除をすることは多いのではないでしょうか。毎日の掃除では見送る部分を大掃除するタイミングで断捨離を行うと更に部屋をきれいにすることができるのでおすすめです。

大掃除で断捨離を行うのであれば、モノの仕分け→掃除→整頓の順で行うと効率よく片付けることができるので、このタイミングで済ませてしまいましょう。

更にものを減らせば片付けや掃除も楽になり日常生活も快適に過ごせるようになるのでメリットが大きいですね。

✔決断した時

とは言え「思い立ったが吉日」というように、なんとなく掃除をしたい日に行う掃除はとても気持ちよくスムーズに断捨離や掃除を行うことができる最高のタイミングです。

書いたい時が買い時というように結局、やる気になったときが一番のやり時です。気持ちが入っている分作業は捗ります。

但し、一遍に全ての断捨離や掃除を行うのではなく、普段一番気になっている場所から始め、まだやる気が維持できるのであれば次に気になっている場所を一つずつ片付けていくようにするとやる気を維持したまま片付けを行うことができます。

是非、お休みなどでなんとなく掃除をしたいときに是非実践してみてください。

リ・バスターでは、プロとして短時間で問題を解決できますので自分たちで断捨離を行うことが難しい場合、少しでも早く済ませたいときはお気軽にご相談ください。

業者を利用すればあなたがすることは連絡をする事だけです。面倒なゴミの分別も運搬も怪我などリスクもありません。

やってはいけない片付け方法

汚部屋のかたづけやってはいけないこと
「いつも断捨離や片付けをした後、きれいを維持できない…」と悩んでいる方も非常に多くいらっしゃります。

その原因は、断捨離の後が問題ではなく、断捨離の仕方に問題があるかもしれません。

そこで、ここではきれいな部屋を維持できなくなるNGな断捨離方法をご紹介していきます。

【ポイント】
✔ とりあえず使えそうだから残す
✔ 基準ではなく気分で捨てる
✔ しっかり収納し維持する
✔ 小さな場所から始める
✔ 不要・必要・保留に選別

✔とりあえず使いそうだから残しておく

断捨離をしているときにモノを仕分けていくときに「とりあえず取っておくかな…」と使えそうなものをとっておきがちになるかもしれません。

ものを片付けるときは「本当に必要なものか」「他で代替えできるものではないのか」と考えながら行うようにしていかなければ、不必要なものまでとっておきがちになります。

これではものを移動しただけで意味がありません。モノを片付けたとしても収納がなく、結局モノで溢れた部屋になってしまうので仕分ける際は判断基準を設けて仕分けをしましょう。

✔気分で捨てる

「これはなんとなく必要かな」「捨てると後悔しそうだな」と自分の気持ちを優先して片付けを行うことはあまりおすすめしません。

そのときの気分で片付けを行うと、必要なものなのかどうかの判断までも鈍らせてしまう可能性があります。

また、自分の生活上必要でないものまで取っておく可能性もあるので仕分けが終わった後に整頓しきれなくなってしまうこともあります。

片付けを行う前にまずは、一定に基準やルールを設けて片付けを行うようにしましょう。

✔しっかり収納する

片付けを行うとき、必要なものから「これはここに収納できそうだな」「まだ収納スペースに入りそうだから使えそうなものは取っておこう」と収納を優先して片付けを行いがちになるかと思います。

片付けを行う段階で収納スペースをきっちり収めてしまうといざ新しいものが増えたときに収納することが難しくなります。

収納に余裕を持たせて片付けを行うと、新しいものが増えたとしてもモノがあふれかえることの可能性が少なく済みますし、見た目も余裕がりスッキリしますのできれいを維持することができるようになります。

極端に言えば理想は何か買ったら何か捨てることです。

断捨離後に汚部屋にならないためには

断捨離後に汚部屋にならないために
スッキリ断捨離した後、少しでも部屋を綺麗に維持したいですよね。では、少しでも綺麗な部屋を維持する為のちょっとしたコツをご紹介します。

【ポイント】
✔ 収納よりも整頓を意識する
✔ 掃除の動線を妨げない
✔ 買ったら手放す

✔収納よりも日々の整頓

日々の片付けで収納をすることも重要ですが、整頓を行うことを心掛けましょう。整頓を優先して行うことで、収納はできるけど整頓するのが厳しそう」と判断することもできるようになります。

収納できるだけ収納しようとしてしまうとすぐに元通りになる可能性は非常に高いです。

景観も維持することができるので、部屋をきれいにしておこうという気持ちにもできるのでおすすめな方法です。

✔掃除の動線を妨げない

日々の掃除で動線にモノがあるとどける作業が億劫になってきます。モノをどかす作業が積み重なっていくと、掃除を行うことも億劫になり、部屋を整頓することもままならなくなってきます。

特に動線の要である床にモノが置いてあると掃除をするときの妨げになる可能性が高くなります。なるべく、床にはモノを置かないように棚などに収納して掃除の動線を妨げないようにしましょう。

綺麗を維持するコツは日々の意識を維持する事です。弊害になる要素を取り除くようにしておけば自然と片付けや掃除に億劫さを感じることは減ります。日々の簡単な方法で変わります。

✔買ったら手放す

先程も簡単に記述しましたが、一つ買ったら一つ処分することが重要です。買う比率と手放す比率はなるべく同じくらいを保つようにしましょう。

買う比率が高くなってしまうと、部屋に収納するスペースをどんどん圧迫してしまうので整頓することが追い付かなくなってきます。
ものを買えば自動的にモノが増えます。その後の対処をしなければモノは増える一方です。物が増えてしまうと片付けが大変になり面倒になってしまいます。

面倒になってしまうとあっという間に元通りになってしまいます。

本記事のまとめ

汚部屋の片付け まとめ
今回は、汚い部屋から脱出する為の断捨離や片付けのポイントや意地をする方法について解説しました。いかがだったでしょうか?

汚い部屋状態のお部屋を片付けることで得られるメリットが大きかったのでないでしょうか。逆にいうと汚部屋状態のまま生活を続けてしまうと、リスクを抱えながら生活し続けることになってしまいます。

【片付けるメリット・ポイント】
✔ 時間を有効的に使える
✔ 無駄なお金を浪費しない
✔ 人間関係が良くなる
✔ 価値観や思考を見直せる

【片付け時のポイント】
✔ 必要なものだけを残す
✔ 1年以上使っていない物を基準にする
✔ 思い出品は最後にする
✔ 後悔をしない
✔ いつか使うをやめる

片付けるタイミングは、引越し時や大型連休などがタイミングはいいが、最高のタイミングは思い立った時。

【注意点・ポイント】
✔ とりあえず使えそうだから残す
✔ 基準ではなく気分で捨てる
✔ しっかり収納し維持する
✔ 小さな場所から始める
✔ 不要・必要・保留に選別

【綺麗を維持するコツ】
✔ 収納よりも整頓を意識する
✔ 掃除の動線を妨げない
✔ 買ったら手放す

ご自身での作業が大変な場合、弊社リ・バスターを頼って頂ければ幸いでございます。

不用品・ゴミ屋敷問題の解決はリ・バスターへ

ゴミ屋敷 分割払い 即日
ゴミ屋敷などの片付けはリ・バスターへご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

24時間365日お気軽にご相談ください!

ゴミ屋敷業者 分割払い 即日
リ・バスターなら追加料金なし
以下のサービスがすべて含まれています︕
✔見積/出張費/基本料等ありません!
✔分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業
全てコミコミ価格で安心の明朗会計

片付けたいお悩みを解決します!

不用品回収 業者 ランキングゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。
このようなお悩みをお持ちの方!

最速/安心丁寧で選ぶなら当社

初期費用/追加料金は必要なし

✔ 頭金不要/分割払いも対応可能

✔ 明朗会計/好評安心定額パック

✔ どんな不用品もまるごと回収!

✔ 限定割引/24時間365日相談可

✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速

✔ 資格など取得済みの優良業者

【業界最速の最安値でご対応】
 不用品もゴミ屋敷もお客様のお悩みに急行し即日解決!

【損をしない安心な明朗会計】
基本料金オール0円で分割払いやクレジットカード可能!

【個人様・法人様も利用可能】
廃品回収・粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!

【幅広い対応力と豊富な実績】
プロ集団リ・バスターに安心してお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も即日対応可能!

不用品回収・ゴミ屋敷の片付けなど片付け掃除のプロ集団
専門業者リ・バスターであれば一括でまるごと即日解決可能!

個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。
リ・バスターのサイトトップをチェック!

Twitter Facebook Instagram
ゴミ屋敷 不用品回収 分割払い ゴミ屋敷 業者 即日 不用品回収 業者 即日
不用品回収業者 優良 選び方
不用品回収 業者 即日 ゴミ屋敷 即日 業者 不用品回収 引越し 業者
空き家 不用品 処分 店舗 不用品回収 業者 不用品回収 買取業者
遺品整理 ゴミ回収 遺品整理士 片付け 業者 特殊清掃 生前整理 業者 選び方
ハウスクリーニング 相場 おすすめ リフォーム 不用品処分 業者 庭の手入れ 業者 おすすめ

【プロが解説】空き家の片付けは早急に対応すべきリスクについて

親御様が施設に入られたり、お亡くなりになられてしまった事でご実家が空き家になっている。このような場合、空き家になった実家の片付けや遺品整理などを行う必要があります。

もし放置しておくと状態が悪化し、余計に費用が掛かってしまったり、放火などの外的要因なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

空き家を放置していることで、治安悪化を招くリスクもあります。街の景観を損ねるだけでなく、場合によっては犯罪に利用される恐れもあるのです。

しかし、空き家となった実家の片付けや遺品整理は時間と労力が掛かってしまうものです。物量が非常に多く整理するのはなかなか大変なものです。

例え、体力や力に自信のある方でもお部屋丸ごと整理するのは非常に大変なことです。更に時間を確保する事が難しい事も悩みの一つではないでしょうか?

もし、ご自身での作業が大変な際は、是非リ・バスターにお頼りくださいね。ご相談から丁寧にご対応する事をお約束致します。
遺品整理の詳細
生前整理の詳細

空き家の片付けは早急にすべき理由

空き家の片付けを早急にするべき理由生活する中で不意に状況が変化しご実家が空き家になってしまう。これは、いずれ誰にでも経験し起こりうることですよね。しかし、空き家のままで放置しているのは危険。

こういった経緯によりご実家の片付けや遺品整理を一年以上放置している場合も珍しくありません。ですが放置期間が長いほど費用が掛かったり、トラブルに巻き込まるなど、様々な負担がかかってしまうリスクがあります。

✔ 特定空き家になってしまうリスク

特定空き家、空き家対策特別措置法という言葉を聞いたことはありますか?空き家状態の実家を放置しているとこれらに指定されてしまうリスクがあります。

【空き家対策特別措置法とは】
空き家問題の打開策として制定された法律です。空き家の増加は増え周囲へ悪影響を及ぼす恐れがあるとし、その被害を防ぐために制定されました。

空き家対策特別措置法の具体的な目的としては、地域住民の生命、身体又は財産を保護する”、空家等の活躍を促進するなどがあります。

【特定空き家とは】
自治体が行政強制代執行を行使することができる空き家のこと。つまり、自分の意思とは関係なく、解体されてしまうリスクがあるのです。

空き家対策特別措置法対象となるのは、特定空家等のみです。したがって、特定空家等に指定されていない空き家であれば、空き家対策特別措置法の適用を受けることはありません。

空き家対策特別措置法の適用を受けると、空き家の管理者は解体や修繕、立竹木の伐採といった助言・指導を受けることになります。

その後も改善が見られなければ勧告、命令を受け、最終的に強制執行を受けることになります。また、勧告を受けると固定資産税の優遇措置を除外されることにもなります。

これにより固定資産税が増額するなど、金銭的リスクを負うことになるため要注意です。空き家対策特別措置法の対象にならないためには、自身が所有する空き家をしっかり管理する必要があります。

【行政代執行とは】
行政執行代行とは、所有者に代わって適正な管理・取り組みを行うことです。所有者へ何度も改善要求したにも関わらず対応に応じない場合、行政は強制的に対策をとることができます。

具体的には、放置された空き家やゴミ屋敷のゴミを撤去や、倒壊する危険性のある家屋を解体です。これは緊急性が高いと判断された場合に行われます。

【行政代執行の費用は】
行政代執行にかかる費用は税金債務として扱われ、税金と同様に所有者に請求されます。
所有者が支払わない場合、税金債務の回収を目的としてその人の持つ不動産などが差し押さえられ公売にかけることができます。

所有者が今住んでいる自宅や車が差し押さえられることもあります。なお作業を依頼する行政職員が安い業者を探して依頼するとは限りません。

注意すべき点は、解体費用などは空き家の所有者に請求されます。実例を挙げると100万円を超える費用を請求されるケースもあり、突然強制的に大きな出費が必要になってしまいます。

更に戸建住宅の場合、固定資産税が掛かります。家が建っている場合、土地面積に応じて6分の1もしくは3分の1の固定資産税の軽減処置がされていますが、特定空き家に指定されると軽減処置が受けられなくなります。

そのため、実家の維持費用が一気に6倍にまで上昇するケースもあるのです。特定空き家に指定されないよう、速やかに空き家を片付けなければならないのです。

費用は所有者自身が業者へ依頼するよりも高額になる可能性が高くなります。行政が重い腰を上げる前に、片付けていくことが大切です。

✔ 片付ければ資産・放置すれば不良債権

もし空き家が特定空き家に指定されない場合でも、維持管理をしていくために放置していても費用が発生し続けてしまいます。もったいないですよね?

維持費用は、固定資産税や都市計画税などの税金、光熱費、管理費などを併せると、最低でも年間20万円程度は支払わなければなりません。

仮に、空き家を誰かに貸す・売却したいという目的がある場合は、費用をかける価値もありますが、放置するだけでは貸すことも売却も難しく、負担を抱え続けるだけです。

片付ければ資産になるものを、片付けないだけで不良債権になってしまうリスクを抱えてしまいます。同じ維持費を掛けるなら、しっかり片付けて空き家をどうするのか?を真剣に考える必要があります。

✔ 空き家で発生する事故・トラブル

空き家を放置しておくと、様々な事故やトラブルが発生する可能性があります。空き家で事故やトラブルが発生した場合の責任は空き家の管理者が負う事になります。

  • 空き家が廃墟化し倒壊する。

  • 老朽化が進み屋根など恐怖で飛び、近隣に被害が及ぶ。

  • 放火されてしまう。

  • 不審者など第三者が利用・住み着く。

あくまで一部ですが、空き家が原因で上記のような事故やトラブルが起こってしまった場合、その責任を負うのは空き家の管理者ということになります。

空き家になった家をどうするのか考えると同時に、空き家に関わる事故やトラブルを防ぐためにも、空き家を放置しておくのは大変危険といえます。

✔中でも放火リスクが最も高い

空き家を利用して行われる犯罪として、最も被害が多い内容は放火です。消防庁から発表されたデータでは、出火原因の第1位は放火となっています。

総出火件数43,741件のうち放火は4,884件。これは全体の11.2%を占めていることになります。また、放火の疑いの3,154件を足すと、全体の18.4%を占めることになります。

つまり、およそ5件に1件は、放火あるいは放火の疑いにより火事が発生していることになるのです。空き家は、放火犯に狙われやすい建物です。

何故なら、人の出入りがほとんどないため放火に入っても気づかれにくく、また管理不十分により枯草やゴミなどが散乱していることが多いからです。

さらに、門扉がなかったり、玄関ドア・窓が施錠されていなかったりする空き家だと、放火のリスクは更に高くなります。

✔犯罪に利用されるリスク

放火の他、空き家を利用して行われる犯罪には“薬物栽培”があげられます。過去に外国人と日本人の4人グループが空き家を利用して大麻の大量栽培を行っていたというニュースが報道されました。

3軒の民家を大麻工場に改造し、およそ530株の大麻草や、およそ6.1キロもの乾燥大麻を作っていたといわれています。また、同様のニュースは平成27年にも報道されており、外国人2人組が逮捕されました。

こちらは2軒の民家を大麻工場に改造し、およそ279株の大麻草や、およそ100グラムの乾燥大麻を作っていたといわれています。売却、賃貸、解体、移住などのさまざまな選択肢から判断するためにも、まずは片付けから始めなければならないのです。

空き家の片付けは時間や労力がかかる

空き家の片付けには時間と労力がかかる実際に空き家を片付けることになったとしても、更に問題が出てきます。その一つに空き家の片付けには時間と労力が掛かるということです。

空き家になる前は、実際に長年ご両親が住まわれていた家、家財道具から日用品など沢山モノので溢れていると思います。これらのものを必要・不要で仕分ける、不用品を処分する、遺品を整理する。

と考えると、大変な時間と労力が掛かることは容易に想像ができると思います。また、粗大ゴミとして処分したいものが大量に発生した場合は、全てを指定場所まで運搬しなければならず回収には一ヶ月以上掛かるケースもあり、不用品が多い程単品価格なので割高になってしまいます。

「空き家を片付けた方がいい」と言うのは非常に簡単ですが、実際には大変な苦労が伴うことなのです。

空き家の片付けは業者に依頼することが最適

空き家の片付け業者
空き家を片付けたいが時間が足りない、作業が困難、遺品整理の進め方が分からないなどの場合にオススメなのは、空き家整理してくれる業者に依頼するという方法です。

優良な整理業者は、家の状態を把握しながら最適な方法、対応で空き家の整理を丸ごとに引き受けてくれます。
簡単な片付けから、空き家のすべての片付け、さらには整理後の清掃まで行なってくれるなど、業者によって様々なサービスを用意しています。

あなたの都合に合わせて依頼することができるのも強力なメリットの1つでしょう。

不用品の処分についても任せる事が可能な為、処分してくれる品目も幅広く、手続きなども代行してくれますので、片付けに対する手間暇を劇的に削減することができます。

業者を利用する場合、必要な工程は業者に連絡する。たったこれだけです。又、リ・バスターでは、仏壇の供養処分も一緒に対応可能です。

本記事のまとめ

空き家の片付け まとめ
今回は、空き家の片付けは早急に対応すべきリスクについて解説しました。いかがだったでしょうか?
空き家を放置してしまうと、思いもよらない費用や事故、トラブルに巻き込まれてしまい、行政から強制執行に遭ってしまいます。

また、今回は空き家と指定しましたが、実はゴミ屋敷にも全く同じリスクがあります。

更にどのようなケースであっても責任を負うのは管理者・所有者になるので、ご自身を守るためにも心当たりがある方はこれを機に片付けをしてみてはいかがでしょうか?

ご自身での作業が大変な場合、弊社リ・バスターを頼って頂ければ幸いでございます。

不用品・ゴミ屋敷問題の解決はリ・バスターへ

ゴミ屋敷 分割払い 即日
ゴミ屋敷などの片付けはリ・バスターへご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

24時間365日お気軽にご相談ください!

ゴミ屋敷業者 分割払い 即日
リ・バスターなら追加料金なし
以下のサービスがすべて含まれています︕
✔見積/出張費/基本料等ありません!
✔分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業
全てコミコミ価格で安心の明朗会計

片付けたいお悩みを解決します!

不用品回収 業者 ランキングゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。
このようなお悩みをお持ちの方!

最速/安心丁寧で選ぶなら当社

初期費用/追加料金は必要なし

✔ 頭金不要/分割払いも対応可能

✔ 明朗会計/好評安心定額パック

✔ どんな不用品もまるごと回収!

✔ 限定割引/24時間365日相談可

✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速

✔ 資格など取得済みの優良業者

【業界最速の最安値でご対応】
 不用品もゴミ屋敷もお客様のお悩みに急行し即日解決!

【損をしない安心な明朗会計】
基本料金オール0円で分割払いやクレジットカード可能!

【個人様・法人様も利用可能】
廃品回収・粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!

【幅広い対応力と豊富な実績】
プロ集団リ・バスターに安心してお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。
片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も即日対応可能!

不用品回収・ゴミ屋敷の片付けなど片付け掃除のプロ集団
専門業者リ・バスターであれば一括でまるごと即日解決可能!

個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。
リ・バスターのサイトトップをチェック!

Twitter Facebook Instagram
ゴミ屋敷 不用品回収 分割払い ゴミ屋敷 業者 即日 不用品回収 業者 即日
不用品回収業者 優良 選び方
不用品回収 業者 即日 ゴミ屋敷 即日 業者 不用品回収 引越し 業者
空き家 不用品 処分 店舗 不用品回収 業者 不用品回収 買取業者
遺品整理 ゴミ回収 遺品整理士 片付け 業者 特殊清掃 生前整理 業者 選び方
ハウスクリーニング 相場 おすすめ リフォーム 不用品処分 業者 庭の手入れ 業者 おすすめ
不用品回収 東京 即日
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
ゴミ屋敷片付け 分割払い
即日ゴミ回収・不用品回収・粗大ゴミ処分・空き家整理・ゴミ屋敷片付け

リ・バスター

産業廃棄物収集運搬許可番号:第01200196332
古物商許可番号:第41120000835号
事件現場特殊清掃センター認定:第CSCO1461号
遺品整理士認定協会認定:第IO05913号

個人情報保護方針 | 運営会社