対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・長野・群馬・山梨
不用品コラム 2022.6.23

【片付け術】収納や片付けのコツを徹底解説!

人には向き不向きがあり、片付けが苦手な人も自分に適した片付けや収納方法を知るだけで解決できます。苦手を克服して、スッキリした生活を手に入れましょう。

片付けが苦手な人の特徴や、部屋がすぐに散らかってしまう原因についても解説します。自分に合った方法と特徴さえ知ってしまえば難しい事ではありません。

片付けが苦手な人の特徴

片付けができない特徴
「いつも散らかっている」「片付けてもすぐに散らかる」という方には、共通点があります。まずは自分に該当するか、チェックしてみましょう。

現状の確認をしよう

片付けが苦手な人の特徴として最も多い理由の1つに「もったいない精神」を持っていることです。「もったいない」と思い物を捨てられないことです。

物を大切にするのは決して悪いことではありません。しかし、それは使っている物に関しての場合です。使わない物まで持っていると、家に物が溢れて片付けができなくなってしまいます。

使わないままでは物も可哀想ですし、物はあくまで生活を便利にする為、豊かにする目的で使う為に存在しています。使わなければ意味がありません。

後でまとめてやろう、先送りにするのも片付けが苦手な人の特徴です。片付け上手な人は「使ったらしまう」と都度片付けを実行します。

また、常に部屋が散らかっている人の中には、収納場所を決めていないという場合も多いです。まずは「どこに何をしまうのか」を明確しましょう。

・もったいない精神を持っている
・片付けを先送りにしてしまう
・収納場所を決めていない

該当する内容があれば意識してみましょう。ほんの少しの意識で変わってきます。

片付けができない状態とは

片付けができない状態
自分では片付けられていると思っていても、実は散らかった部屋と思われていることもあるかもしれません。

そもそもどういう状態か

物が部屋のどこにあるか分からず、探し物をする事がよくある、などという場合は片付けができていない状態と言えます。ぱっと見は部屋全体が綺麗に見えたとしても、一か所に物を詰め込むなど整理整頓ができていなければ、片付けができているとはいえません。

また、床の上に物が溢れている部屋も、片付けができていない状態です。「床」に物を置くと散らかって見える上に、いくらでも物を置けてしまうので癖になりどんどん部屋が物で溢れ始めてしまいます。

・一部分に詰め込んでいる
・床に物を置いている
・探し物をしがち

思い当たることがあれば、改善してみてはいかがでしょうか?

片付けられない原因

部屋を片付けられない原因
片付けなきゃと分かっていても、片付けられないのは何が原因なのか。整理整頓された部屋を維持するにはどうすればいいのか原因を探っていきましょう。

片付ける方法が分からない

片付けが苦手な人は「部屋が散らかっているせいで、友達を家に呼べなかった」「遅刻寸前なときに、探し物が見つからなかった」といったような、困った経験を持っていると思います。

片付いた部屋を維持するには最低限のルールが必要です。綺麗な部屋を保っている人は、そのルールを無意識にしています。

しかし、片付けが苦手な人はルールを知らないため、片付け方が分からないという場合が多いです。物の収納場所を決めるときは、物の使用頻度を基準に考えましょう。

ポイントは必要な時に取り出しやすく、片付けも楽でストレスが少ない事を意識してみましょう。また、物を置かない場所を決めることも大切です。

・ルールや基準も設ける
・収納場所を決める
・取り出し時などのストレスを意識する

床の上はもちろん、例えばデスクの上やテーブルなど日常的に使う場所、何か作業する場所には物を置かないよう出しっぱなしにしてしまう癖を治していきましょう。

最初は一箇所ずつでも良いので、物を出したらしまう習慣をつけれれば自然と片付いていきます。

時間に余裕がない

日々の仕事や家事により忙し過ぎる人は、時間が足りないことが原因かもしれません。散らかり過ぎてしまうと片付けにも多くの時間と体力、気力が必要になります。

自分で片付けることが困難な場合は、不用品回収業者などを利用する事をオススメします。

例えば、業者を利用し一気にリセットし、その後、必要に応じて食洗機や乾燥機能付き洗濯機、お掃除ロボットなどを導入し簡単に綺麗を維持することもいいですね。

✔ 物を増やさない事を意識する

掃除や片付けするだけでなく、「新しい物を増やさない」事を意識してみましょう。

物が増えるほど部屋は散らかりやすくなってしまいます。購入する際には本当に必要か考え、購入するなら買った分だけ今まで使用していた物は処分しましょう。

物が増えなければ、片付けをする事は劇的に減ります。

片付けが日常ではない

「来客時だけ」「気が向いたら」と片付けを一時的なイベントとして捉えてはいる場合が多いです。一気に片付けをしようとすると、時間や労力が必要で大変な作業になりストレスを感じ、片付けにマイナスなイメージがついてしまいます。

本来、片付けとは日常的に行うこと、それほど時間が掛かる事はありません。都度、何かをした後は元に戻す習慣を付けるようにしましょう。

片付けないデメリット

部屋を片付けないデメリット
片付けが苦手な人は、生活において損をしているかもしれません。散らかった部屋で生活し続けると、どのようなデメリットがあるのか解説します。

デメリットの具体例

持ち物を把握できない、物をなくす事が多いため同じ物を購入して無駄な出費に繋がることがあります。探し物をする手間も増えるため、時間や気力、金銭的な浪費に繋がります。

・家にある物を購入してしまう
・探し物によるストレス・時間効率の低下
・健康や精神面に悪影響がある

ゴミやホコリが放置される環境で生活をし続けると、健康面にも負担が掛かります。気分がスッキリせず「あとで片付けをしなきゃ」とストレスを感じたり、ハウスダストなどでアレルギーを引き起こすこともあります。

苦手を克服:片付けるコツを解説

部屋を片付けるコツ
苦手を克服することで、生活の質も上がり気分も晴れます。理想の部屋をイメージして、片付けに取り組んでみてください。

少しのコツを意識する

片付けが苦手な人でも、片付けのコツを意識して生活していれば、整理整頓された部屋を保つことができます。片付け抑えるべきポイントやコツを解説していきます。

少しのコツと意識をするだけで劇的にお部屋は綺麗になるだけでなく、維持をすることも簡単にできます。。

一箇所ずつ小さな範囲から始める

一気に部屋全体を片付けようとすると、途方もない作業に感じ挫折に繋がります。更に家全体を片付けようとするとあちこちに手をつけてしまい、片付けているつもりが、ただ不用品やごみを移動しているだけ、なんてことも。

小さな範囲から確実に片付けてみましょう。あくまで根を詰めたり、無理は禁物です。

例えば、キッチン下の収納箇所を片付けるなど、少しの範囲で簡単に片付けることができるため、成功体験から達成感が感じその積み重ねからモチベーションを維持になります。

不用品の選別をし処分する

「いつか使うかもしれない」では片付けが進みません。明確な活用シーンがなければ使うことはありません。便利グッツなんかも同じです。

物は無理に使おうと思えば何かに使えます。しかし、あれば便利でなくても困らない物です。更に使えばの話です。使わなければ意味がありません。

片付けのメジャーな基準は、一年間使わなかったものを基準に処分する、ワンシーズン着なかった服を処分する、といったように、明確なルールや基準を設け片付けを進めましょう。

・一年使わなかったものは処分する
・ワンシーズン着なかった服は処分する
・処分に対して基準を設ける

「思い出の品」など使わないけど捨てられない物もあるでしょう。そういった物を無理に処分する必要はありません。また、写真をとってデータとして保存して捨てるといった方法もオススメです。

片付け後の収納方法

片付け 収納方法
完璧を目指さずとも部屋がスッキリと片付いており、どこに何がしまってあるかを把握できるだけでも、生活は快適になります。

見えない収納をする

「全て綺麗に整理整頓しなくては」と思っていると、片付けが億劫になり苦手意識がさらに強くなってしまいます。そこで、片付けが苦手な人でも実践できる、収納方法をご紹介します。

見える収納はゴチャゴチャした印象を与えてしまうことが多いため、見えないよう収納することをおすすめします。

片付けが好きな人やインテリアや部屋の雰囲気に対し意識が高い人であれば、部屋のイメージやインテリアに合わせた「見える収納」によりもおしゃれに収納することもできます。

しかし、片付けが苦手な人が片付け始めたばかりの段階ではハードルが高めです。まずは片付けや収納を整えシンプルになった状態になるまではオススメしません。

・見える収納はまだしない
・外から見えない収納する

扉付きの棚や箱、カゴなどを利用すると、外からの見栄えを気にしなくて良いため、片付けの時間を短縮することができます。

ボックスやカゴを買い足す際には、全て同じ色や形状、規格で揃える、色味を合わせるなど、部屋全体の統一感を出すと、さらにスッキリした印象になります。

注意点は先に収納グッズは買わないようにしましょう。片付けを終えてから、必要な分だけ購入しましょう。
先に買ってしまうと、サイズが合わなかった、余ってしまいます。

・同じ規格、色で合わせる
・家全体で統一感を意識する
・収納グッズは必要最低限だけ

更に、余ってしまった時などは、ものを保存するスペースを設けてしまいつい詰め込んでしまいます。そのため収納グッズは必要最低限に抑えましょう。

細かく分類しない

慣れないうちに細かく分類しすぎると、収納場所が分からなくなってしまったり、収納グッズが増えすぎて逆に部屋が散らかって見えたりしてしまいます。

片付けは日常的に行うものなので、細かく収納してしまうと長続きしないことも。ある程度大雑把に分類して収納していた方が良いでしょう。

出しっぱなしのものに居場所を与える

置き場所に悩み出しっぱなしになっているものはありませんか?常に出しっぱなしになっているものや、片付けにくいと感じるものは、収納場所が生活スタイルに合っていない証拠です。

物の定位置を見直し、収納しやすいようにしまう場所を決めましょう。頻繁に使う物だからと収納場所を決めないのも散らかってしまう原因になります。

収納する量を決める

「いつか使うから」ストックを置き過ぎるのも物が溢れてしまう原因になります。例えば安売りされていたからと日用品を購入するのではなく、収納場所にストックできる量だけを購入するようにしましょう。

買い物をした際にもらったビニール袋や、街中でもらったポケットティッシュなども、ストックが減ってきたときに、またもらってくれば良いのです。

そのため、残すもの、ストックする量に基準を設け、その範囲で管理し適度な量を心がけましょう。

片付けられない場合は不用品回収業者に

部屋の片付けには不用品回収業者がオススメ
部屋の片付けや断捨離をする上で、最も最適な方法は不用品回収業者を利用することです。その理由をご紹介します。

プロに丸投げしてしまう

ここまで片付けるコツやポイントをご紹介しましたが、とはいえ「片付けが上手くいかない」「片付けをする時間がない」という事もあるでしょう。

そんな場合は、プロに片付けを依頼するという手段もあります。あなたに最適な片付けを提案し作業をし丸ごと代行してくれ、住みやすい環境を作ってくれます。

一度プロに片付けを依頼しリセットしてしまえば、これまでご紹介したことを少し意識するだけで簡単に維持することはできます。

初めは意識していたことが、それが習慣化し無意識に行えるようにもなることもあるでしょう。

最適解:不用品回収業者を利用する

通常、生活する中でモノを捨てるときは、分別をして自治体のごみ収集や粗大ごみの回収予約をしたりする必要があります。断捨離で一気に沢山のモノを処分したいときは、手間がかかって大変ですよね。

メリット デメリット
・分別、解体、運搬など処分に関して丸投げできる ・どの業界にも悪徳業者が存在する

行政の粗大ゴミでは必要に応じて解体や指定場所まで自分で運搬をする必要があります。更に単品価格で不用品が多いほど手間もお金もかかり、回収まで一ヶ月以上待つ事もあり、コスパが悪くなってしまいます。

回収できない品目もあり、不用品を処分できない可能性もあります。また、回収日まで不用品を部屋に置いておくと、「やっぱり取っておこうかな」と決意が揺らいでしまうかもしれません。

✔ 安心・安全に処分が可能

捨てることを決めてすぐに不用品回収業者に依頼すれば、迷う余地なく処分できますよ。不用品回収業者なら、回収できない物は基本的にありません。自分で面倒な分別や解体、大変な運搬も必要ありません。

あなたが唯一することは、業者に連絡する。たったこれだけです。

業者を利用する際は定額パックなどを用意している業者に選ぶことで、手間や時間を節約する他、圧倒的に価格面でのコスパもいいです。

ご自身で作業をすると運搬や解体が必要となればお金や時間を消費するだけでなく、怪我などのリスクもあるため、不用品が数点ある場合は不用品回収業者を利用することがオススメです。

✔ 業者を選ぶ注意点

断捨離は様々な不用品を処分する為、定額プランを提供している業者を選ぶことをオススメします。
注意点としては安過ぎる金額を提示している業者には注意が必要です。片付け作業などは定額だが人件費や出張費は別など後から追加料金を支払い損する可能性があります。

企業努力だけではどうにもならない事もあるので安過ぎる価格設定をしている業者は極力避けましょう。破格過ぎる場合、利益が出なければ業者は存続できません。

存続ができなければお困り事を解決できず、サービスを提供する事はできませんので本末転倒です。是非、目の前の金額に惑わされずコスパの良い業者を選ぶことが大切です。

✔ 業者利用する前の工夫

業者に依頼をする際にほんの少しの工夫をすると料金を抑えることができます。不用品の選別や片付け作業まで全て依頼すると業者によっては料金は高くなる事もあります。

つまり、自分で選別や簡単な片付け、自分で処分できるものは処分することでその分の費用を浮かせることができます。

または、ご自身で予算を決めて、その金額分の回収をお願いする方法もあります。予算が少ない場合は効果的な方法の一つです。
しかし、予算が少ない場合でもまとめて処分したいというのが本音だと思います。そんな時は弊社では分割払いやクレジットカード払いをご用意しておりますので、即日でご負担を抑えることが可能です。
関連記事:部屋の断捨離は不用品回収業者が最適!選び方を解説します

断捨離・片付けの解決はリ・バスター

ゴミ屋敷 分割払い 即日
どんなお部屋の片付けもリ・バスターへ24時間365日お気軽にご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

無駄な費用はありません

リ・バスターなら無駄な追加料金や初期費用、基本料金はありません。例えば、以下のサービスが全て含まれています。

✔ 見積/出張費/基本料等ありません!
✔ 分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔ 廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業

全てコミコミ価格で安心の明朗会計!これだけではなく、更にこのようなメリットで皆様に大変ご好評頂いております!

✔ 最速/安心丁寧で選ぶなら当社
✔ 初期費用/追加料金は必要なし
✔ 頭金不要/分割払いも対応可能
✔ 明朗会計/好評安心定額パック
✔ どんな不用品もまるごと回収!
✔ 限定割引/24時間365日相談可
✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速
✔ 資格など取得済みの優良業者

ゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。このようなお悩みをお持ちの方!

片付けたいお悩みを解決します

不用品回収 業者 ランキング【業界最速の最安値でご対応】
✔お客様のお悩みに急行し一括で即日解決!
【損をしない安心な明朗会計】
✔基本料金0円で分割払いやクレジット可能!
【個人様・法人様も利用可能】
✔粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!
【幅広い対応力と豊富な実績】
✔プロ集団リ・バスターにお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も可能です。

即日対応も可能!不用品回収・ゴミ屋敷など片付け掃除のプロ集団専門業者リ・バスターなら一括で即日解決!個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。

サイトトップ
Twitter
Facebook
Instagram

TOPページに戻る
ゴミ屋敷片付け 東京
不用品回収 東京 即日 ゴミ屋敷片付け 分割払い
不用品回収 東京 即日
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
ゴミ屋敷片付け 分割払い
即日ゴミ回収・不用品回収・粗大ゴミ処分・空き家整理・ゴミ屋敷片付け

リ・バスター

産業廃棄物収集運搬許可番号:第01200196332
古物商許可番号:第41120000835号
事件現場特殊清掃センター認定:第CSCO1461号
遺品整理士認定協会認定:第IO05913号

個人情報保護方針 | 運営会社