対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉
片付けコラム 2023.8.30

【あなたはどのタイプ?】ゴミ屋敷と物屋敷で別れる原因と片付け・清掃業者の選び方

『散らかった部屋を片付けたい』『ゴミ屋敷状態の部屋を清掃したい』

そんなお悩みに応えます。

こういった散らかった部屋には、大まかに「ゴミ屋敷」と「物屋敷」の2つに分かれています。それぞれ異なる特徴と片付け方法も異なります。

ゴミ屋敷は雑多なゴミや不用品が散乱し、部屋を圧迫している状態を指し、物屋敷は必要な物が多く整理されずに部屋が満杯になる状態です。

そこで、それぞれの特徴や原因、片付けにおけるポイントを解説します。また、適切な片付け業者の選び方についてもご紹介します。

ゴミ屋敷と物屋敷の特徴を知ろう

ゴミ屋敷 片付け 業者
散らかった部屋は大きく分けて「ゴミ屋敷」と「物屋敷」の2つです。それぞれの特徴を知って最適な部屋の片付けを実現しましょう!

ゴミ屋敷の特徴とは

ゴミ屋敷という単語は聞いた事があるでしょう。

ゴミ屋敷を簡単に説明すると、
雑多なゴミや不用品が乱雑に放置され部屋を圧迫している状態です。

つまり、ゴミや不用品など物が大量に放置され匂いや汚れが目立っている状態。

ゴミ屋敷が悪化していれば外からゴミ屋敷と確認できる事も珍しくありません。こういった状態をゴミ屋敷と呼び、外から分からないゴミ屋敷を隠れゴミ屋敷とも呼ばれています。

ゴミ屋敷の原因や背景も片付けポイント

ゴミ屋敷を清掃・片付けを一度行い部屋をリセットしても根本的な解決になり得ない場合もあり、ゴミ屋敷化した原因や背景が改善されなければ、繰り返してしまう可能性もゼロではないです。

✔︎精神的な理由から部屋を片付ける余裕がなくなる
✔︎身体的に部屋の片付けができなくなる
✔︎時代背景から物を捨てる事ができない

例えば、精神疾患・身体的な問題からゴミ屋敷を片付ける意思はあるものの片付けができない・物が豊富でない時代を過ごし物を処分する頃が忍びない。などが挙げられます。

隠れゴミ屋敷化する原因は現代社会

多様性が求められ日進月歩し続ける現代社会。

近年、急増する隠れゴミ屋敷は、仕事や生活が忙しく片付ける余裕がなくなり隠れゴミ屋敷に。

・日勤夜勤の交代制で生活が不規則。
・夜勤でゴミや不用品が捨てられない。

多忙により片付けを後回しになってしまったり、夜勤などで世間の生活サイクルと自分の生活習慣が合わない事から隠れゴミ屋敷になるケースが増えています。

多様性・多忙性・利便性が仇になる

一言で言うならば現代社会の多様性による多忙性と利便性が影響しています。働き方だけでなく私たちの生活周りは便利になりました。

食生活がお弁当やペットボトル飲料がが増え、便利で安く良いものが手に入る分ゴミや不用品が増えやすくなったという事です。

目まぐるしく回る多忙な日々と生活していると出てくるゴミや不用品。部屋を片付ける事が追いつかなくなり、隠れゴミ屋敷へ発展し改善されなければゴミ屋敷となってしまうのです。

物屋敷の特徴とは


物屋敷とはゴミ屋敷に分類されますが似て非なるものです。

汚部屋を一言で説明するなら、
住人にとって必要な物が多く整理整頓・清掃ができない状態です。

つまり、極端に言うなら物が多いだけです。汚部屋やオタク部屋とも呼ばれるケースもあります。

ゴミ屋敷とは違い、ただ雑多なゴミや不用品が大量に散乱し放置されているわけではありませんが、物量が増え、清掃が行き届かず、取捨選択が出来ない状態が続けば、ゴミ屋敷へ変貌する可能性もあります。

汚部屋化する原因

例えば、具体例として、

✔︎アニメやマンガのグッズ
✔︎昔のビデオテープ
✔︎楽器やCD・ガジェット

何か趣味や凝っていてコレクションしている物が大量にあれば仮にワンルームで保管すると考えると分かりやすいですね。

この場合、生活最低限の物もある為ワンルームのお部屋に対して空きスペースはほとんどなくなります。

片付けをしようにも捨てられない物の量が多いので、なかなか部屋の片付けが進まず解決できません。

ゴミ屋敷と物屋敷に共通するたった1つの課題

ゴミ屋敷と物屋敷。部屋に物が多く散らかっている点では同じように感じるかと思いますが、部屋の状態や原因や背景も異なります。

ゴミ屋敷や物屋敷を片付けて「一時的なリセット」をしても、ライフスタイルにゴミ屋敷化・物屋敷化した原因や背景が潜んでいて見直さなければそれぞれの状態を繰り返す可能性があります。

ゴミ屋敷や物屋敷の状態が徐々に悪化しその状態に慣れたように、最初は維持する事を意識し徐々に改善する事で日常化し意識せずとも快適な生活を送る癖が身につきます。

ゴミ屋敷と物屋敷の片付け業者に求めるべきこと

ゴミ屋敷 片付け 業者
それぞれの特徴に応じて片付け業者に求める作業内容が変わります。

同じくゴミ屋敷片付け業者と物屋敷片付け業者は似ているようで片付け方や得意な事が違う為、片付け業者の特徴も把握し、あなたに合った片付け業者を選びましょう!

片付け業者の選び分けはたった2つ


結論からお伝えすると依頼すべき片付け業者に選び分けは下記です。

✔︎ゴミ屋敷(隠れゴミ屋敷含む):片付け・清掃に対応したゴミ屋敷清掃業者
✔︎汚部屋:部屋に汚れが少なく早く片付けたいなら不用品回収業者

では、ゴミ屋敷と物屋敷の片付け業者の特徴をご紹介します。

ゴミ屋敷は迷わずゴミ屋敷清掃業者に依頼

「ゴミ屋敷」ならばその名の通りゴミ屋敷清掃業者が最適です。

どんなに汚れた大量のゴミや不用品でも関係なく処分をスムーズかつ適切に扱ってくれます。また匂いや汚れの清掃も視野に入れておきましょう。

ポイントはゴミ屋敷の片付けと清掃両方に対応しているゴミ屋敷清掃業者に相談しましょう。何故なら後述しますが、片付け業者と清掃業者を分けると様々なリスクがあります。

汚部屋の片付けは2種類の業者を検討する

汚部屋の場合は2つの片付け業者が候補に挙がります。

✔︎物を減らすだけなら不用品回収業者
✔︎部屋の汚れや処分に困る場合がゴミ屋敷清掃業者

何故なら、不用品回収業者は最もフットワークが軽く即日対応などの対応が可能です。汚れが気になる場合や不用品回収業者では片付けられない際はゴミ屋敷清掃業者を利用しましょう。

✔︎物屋敷の片付け業者ポイント

不用品回収業者迅速に細かく片付けに対応できる変わりに大掛かりな片付けが苦手であり、回収できる物や量に制限がある。

ゴミ屋敷清掃業者即日対応など迅速さは劣るが大掛かりな作業が得意で短時間かつ適切に片付け、物の種類や状態・量に制限なく部屋の片付け・清掃が可能

ゴミ屋敷に共通する業者選びのポイントは2つ


では、最後に全てのゴミ屋敷に共通する重要なポイントを2つご紹介します。

✔︎実績と何ができるか確認
✔︎会社情報と相談時などの対応を確認

ゴミ屋敷や物屋敷の片付け業者選びをするならば、このポイントを必ず意識してください。

実績が確認できる業者

ゴミ屋敷状態のお部屋の片付けにはスキルと経験が大切です。実績が確認できず経験が乏しい片付け業者を利用するとリスクがあります。

✔︎スタッフのスキル不足から人数を多くしてしまい費用がかさむ
✔︎片付け中に家内に傷や破損の可能性がある

また、片付け業者に何をどこまでできるのか分からなければ、

✔︎日程調整など手続きが面倒
✔︎片付け・清掃費用が割高になる

✔︎片付け業者と清掃業者を分ける手間

といった問題があります。

会社情報と相談時などの対応を確認

これは悪徳業者の利用を防ぐ為です。何がトラブルに発展した際に、所在地も連絡先も分からなければ泣き寝入りするしかありません。

会社情報や資格の確認のほか、相談や見積もり時の対応は丁寧な説明や話は聞いてくれたか確認しましょう。片付けサービスに関しても何をどこまでやってくれるか事前に確認する事をが大切です。

結局片付け業者はどう選ぶの?

ゴミ屋敷と物屋敷の特徴とそれぞれに適した片付け業者の特徴がイメージできたかと思います。しかし、このようにも思っている方もいるのではないでしょうか?

『結局どんな片付け業者を選べば良いのか教えてよ』と。

ゴミ屋敷の片付けや物屋敷の片付け始め、即日の不用品回収など実績・経験豊富なリ・バスターであればもうゴミ屋敷・物屋敷であっても片付けで悩む必要はありません。

長年の片付け実績からゴミ屋敷清掃業者・不用品回収業者の良い所を併せ持つリ・バスターへご相談ください。

豊富な選択肢で柔軟なゴミ屋敷や物屋敷の片付けが可能です

リ・バスターではゴミ屋敷の片付け・清掃において最適なご案内と片付け・清掃作業をお約束致します。

分割払い・クレジットカード・PayPayを始めQRコード決済などキャッシュレス決済対応

即日対応や日時指定・豊富な料金プラン・支払い方法により、最適なゴミ屋敷・物屋敷の片付け・清掃が可能です。

リ・バスター最大の魅力は最適なサービスを提供できるスタッフの質の良さです。

人に寄り添える事が大切だと考え、それを再現できるスタッフがお伺いします。まずはお気軽にご相談ください。


あなたはどのタイプ?ゴミ屋敷と物屋敷で別れる原因と片付け・清掃業者はリ・バスター
https://re-baster.com/

TOPページに戻る
                
ゴミ屋敷片付け
不用品回収 東京 即日
ゴミ屋敷片付け 東京
不用品回収 東京 即日 ゴミ屋敷片付け 分割払い
不用品回収 東京 即日
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
ゴミ屋敷片付け 分割払い
即日ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷片付け・引越し片付け・遺品整理

リ・バスター

産業廃棄物収集運搬許可番号:第01200196332
古物商許可番号:第41120000835号
事件現場特殊清掃センター認定:第CSCO1461号
遺品整理士認定協会認定:第IO05913号

個人情報保護方針 | 運営会社