対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・長野・群馬・山梨
不用品コラム 2022.6.8

【実家の片付け方法】実家がゴミ屋敷状態になったら?

\業界最速・最安値でご対応します/
不用品やゴミ屋敷片付けのお悩みを丸ごと即日で一括解決するリ・バスターです!
弊社はゴミ屋敷の片付けを始め、不用品回収・片付け・清掃のプロ集団です。
確かな経験と実績で安心丁寧にお客様のお悩みに合わせ即日解決いたします。
お金がない人のゴミ屋敷の片付け方

【実家がゴミ屋敷状態になったら?】
ゴミ屋敷の実家を放置するのは危険

皆さんが過ごしたであろう実家についてお話しします。
離れて暮すご高齢の両親のお住まいがゴミ屋敷化してる場合があります。
以前はご両親が綺麗に整理整頓されていたと思いますが最近はどうでしょう?
実家に帰省する度に物が溢れて散らかってきたと思う事はないでしょうか?
少し今までと違うなと思ったら早やめに片づけをする事をおおすすめします。

とは言え実家に帰ったらのんびりしたいですよね?
ご家族やご自身でゴミ屋敷に挑むのは非常に大変です。
まだ本格的なゴミ屋敷になる前にリ・バスターと一緒に
ご実家の環境を整えてみませんか?

『実家がゴミ屋敷化していて心配』
『実家に結婚相手を連れいきたいのにゴミ屋敷で困っている』
『帰省の時くらいはゆっくり過ごしたい』
こうしたお悩みを抱えている人は決して珍しくありません。

実家のゴミ屋敷を放置する事により親の孤独感が強まったり
心理状態や心の病気の原因になる事もあります。
当然、転倒事故や火災などの危険も高まります。

データでは核家族世帯が6割を超え、誰にでも可能性がある問題です。
ゴミ屋敷になっている実家に疑問や嫌悪感を抱く方も多いと思います。
極論、両親が片付けたいと思わなければゴミ屋敷状態は変わりません。

この記事ではゴミ屋敷のリスクと実家のゴミ屋敷改善方法をご紹介します。
記事を読み終えるとゴミ屋敷となった実家と親との関わり方など
抱えているモヤモヤを取り除く道しるべになります。

【目次】

■実家がゴミ屋敷化する原因
■ゴミ屋敷状態の実家の放置は危険
■屋敷化を未然に防ぐ方法
■実家のゴミ屋敷を自分で片付ける方法
■業者に頼んでゴミ屋敷を清掃・片付ける
■ゴミ屋敷の片付けができる業者3つ
■信頼できる業者を選ぶポイント
■ゴミ屋敷の片付け費用を安くするコツ
■実家をゴミ屋敷にしない
■今回のまとめ
■リ・バスターの特徴

【実家がゴミ屋敷化する原因】

実家がゴミ屋敷!片付けるには?実家がゴミ屋敷になってしまう原因はいくつか考えられ
病気の場合は本人の努力や周りのサポートだけでは解決できません。

高齢の親が住む実家がなかなか片付かず悩んでいる人は少なくありません。
しかし、ゴミ屋敷となった原因を知らず無理やり片付けを進めてしまうと
親とトラブルに
なりさらに親が孤立化する危険があります。
実家がゴミ屋敷になる原因として多いのは、以下の4つです。

・孤独感が強い状態
・性格上ものが捨てられない
・体力的に片付けられない
・判断能力が落ちている

片付けやモノの処分に対する価値観の違い

実家 ゴミ屋敷 帰りたくない

片付けが苦手、捨てるのがもったいないと思いが強い方は
月日と年齢と共に物が溜まりゴミ屋敷化が加速します。
モノで溢れた現代とは違い、親世代は現代ほどモノが手に入りにくい時代です。
モノが多ければ裕福だと考える人は多くいます。
現代とモノの価値が違えば当然、親子でも価値観が違います。

そのため、「モノは貴重で処分するのは勿体無い」
不要品でも「後で何かに使える」「せっかく買ったから残しておく」
と考え処分に踏み切れません。

あなたや他人から見ればゴミでも親の視点では思い出の詰まった品です。
仮に古くても、使えそうな物を捨てるのは罪悪感を抱いてしまうのです。
といっても特に整理する事もないまま新しい物を買い放置状態に。
これを繰り返し次第にゴミ屋敷へとに近づきます。

もともと貯めやすい性格

ものを捨てられない

昔から実家にゴミが多かった場合、親がを溜め込みやすい性格かもしれません。
昭和世代で生まれ育った親は、モノが無い時代を経験している場合があります。
そのため、ものは残すべきだという価値観を持っている人が多いです。
その価値観から、子供から見れば明らかに必要の無いものでも
「いつか使えるかも」と考え捨てられません。

体力や判断力の低下

判断能力が落ちている

高齢の親の場合、認知症が原因で片付けるもの残すものの
判断が付かない状態になっている可能性もあります。
認知能力が落ちてしまうと自分を客観視する事が難しくなります。
つまり、今の状態が良いのか悪いのか判断できません。
客観的に自分の家は汚いから掃除をしよう思わなくなります。

明らかにゴミだと思って捨てようとすると『何してるんだ』と
機嫌を損ねてしまい片付けが進まない可能性も考えられます。

片付けが得意だった親でも高齢になると体力も判断力も落ちます。
定年や育児を終えてしまうと判断や時間に迫られる機会が減り
自ずと判断力が徐々に鈍くなり体力も減少してしまいます。

すると、重いものを持って歩くことも困難になってしまう。
ゴミ屋敷の片付けや不用品の運搬など重労働は困難です。
親がゴミを捨てたいと思っても実家にゴミが溜まってしまいます。

ゴミ屋敷になればゴミを邪魔に感じ更に家の中を
動くことが面倒になり、体力の低下に拍車がかかり
どんどんゴミを捨てられなくなる悪循環が生まれます。
親が暮らししている部屋が小さめなら片付けの手間は少ないです。

しかし、一軒家や広い場合は一人で掃除するのは
たとえ若い人であっても大変なことですよね?。
家が広くモノも多い場合、尚更片付けに体力が必要ですし
体力以外に気持ち的にも億劫になってしまいます。

もともと片付けが苦手なら、更に片付けを避けるようになります。
親族が『性格がルーズだから汚い』と親を非難する人は多いです。
ですが50代、60代以降と体力や思考の衰えも考慮し気遣いましょう。
そうすることで前向きに片付けを検討してもらえる事もあります。

孤独感・喪失感・虚無感

孤独感が強い

子供の自立や配偶者が亡くなったことをきっかけに
一人で住んでいる孤独感から必要ないものまで集めてしまい
孤独を埋める様にモノを集め手放せない事もあります。

両親のうちどちらかが亡くなるなど、高齢の親が一人暮らしを
せざるを得ない状況になるのが避けられない場合もあります。

残された親の孤独感があまりに強いと心のスキマを埋めようと
ゴミでは気持ちを埋められないことは分かっていても

物に囲まれることで安心感を覚えている状態です。

別の何かに依存することは脳のドーパミンと呼ばれる快楽物質です。
モノを集める事で快楽を得られ繰り返されると考えられます。
親と長く顔を合わせていない、電話もしていないという
状況が続いているならそれが孤独感の原因の場合も。

身近に関われる方がいないと孤独感は増幅してしまいます。

子どもが定期的に実家に帰省できれば一番ですが
仕事やそれぞれの家庭の関係もあるので頻繁に訪れるのも困難です。
こうした要因が積み重なり、孤独感が原因でゴミが増えてしまい
子供も実家へ徐々に行かなくなりゴミ屋敷が加速するのです。

自他共に知らずに実は病気だった

実家がゴミ屋敷になる原因

ゴミ屋敷になる原因には病気の可能性もあります。
ADHD、認知症、溜め込み症、買い物依存症等々ですね。

ADHDは先天的な病気ですが、一般的に認識されたのは割と最近です。
おそらく昔は病名が付いていない時代です。

また、年齢と共に認知症が始まっていることもあります。
物忘れは老若男女問わず誰にでもある事ですが
認知症になると忘れたことを忘れます。

買った事を忘れているので同じものを何度も買ってしまい
次第に実家にモノがあふれてしまう状態になってしまいます。
衝動買いしてしまう買い物依存症や溜め込んでしまう溜め込み症も
ゴミ屋敷の要因の一つとなっています。

以上がゴミ屋敷化する実家の原因でした。
ゴミ屋敷は本人の問題と思われる人は少なくありませんが
病気や強い孤独感など、親本人ではどうしようもない事情で
ゴミ屋敷になっていることもあります。

早くゴミ屋敷を片付けるべきですが親が抱えている悩みや
考えを尊重しつつ、片付けに前向きになってもらうことが大切です。

リ・バスターなら追加料金一切なし
リ・バスターでは以下のサービスがすべて料金に含まれています︕
【見積/出張費/基本料/キャンセル料0円】
【分別/整理/解体/貴重品の探索】
【廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業】
など全てコミコミ価格で安心の明朗会計

【ゴミ屋敷状態の実家の放置は危険】

ゴミ屋敷の実家を放置するのは危険
ゴミ屋敷となっている実家をそのまま放置すると
最悪、命に関わるケース
も少なくありません。

病気や怪我の起因になる

ゴミ屋敷 病気

ゴミであふれたゴミ屋敷状態だと異臭や害虫・カビが発生し
不衛生で病気にかかりやすい環境になってしまいます。

足の踏み場がないほどゴミであふれていると歩きづらく
転倒しやすくなり怪我の可能性が増します。
特に高齢になれば少しの転倒で骨折し入院する事もあります。

ゴミが積み上がるとホコリやチリ、カビなどが充満します。
体内に吸い込み続けることでアレルギーや喘息を引き起こします。
例えば、目の充血・皮膚の腫れ・蕁麻疹・くしゃみ・鼻詰まりなど
引き起こされたアレルギーは薬で軽減できても根治は厳しいです。

そして食べ残しや腐った食べ物もがあれば、それを求め害虫が発生します。
害虫には、ハエ・ネズミ・ゴキブリ・ダニ・アシタカグモ等々。
こうした害虫はあらゆる病原菌を媒介しています。
例えばハエは、60種類以上の病原菌を媒介させます。

ダニの糞は脳炎の原因にもなり刺されることで
痒みを発生させシックハウス症候群も引き起こします。
発症すると患者の約25%が麻痺や激しい頭痛などの重篤な症状に襲われます。
このようにゴミが溜まるだけで命の安全性が脅かされるのです。

火災リスクや災害時の以外拡大

実家 ゴミ屋敷 放置

ゴミ屋敷には紙や段ボール、化学繊維など可燃性のゴミも大量に散らばっています。
たばこの不始末やストーブの点火で火が燃え移ってしまうと
一気に大きい火災が発生するため非常に危険です。
お酒を飲む方や化粧をする方であれば、そこに含まれる
アルコールも火の勢いを増してしまいます。

ゴミ屋敷では掃除も行き届いていないのでコードやコンセントの周辺に
ほこりが溜まってしまいトラッキング現象が発生してしまい
小さな火花がつき埃に引火し火災の危険性があります。

例えば、親が実家で一人暮らしをしていると
仮に倒れても気づけず孤独死に至る可能性もあります
実家がゴミ屋敷の状態では近所の人や、子供や孫結婚相手も
実家に呼ぶ気にはなりません。「実家に帰りたくない」という
気持ちが長く続いてしまうと親子間の関係が悪くなりさらなる孤立
を招く可能性も上がってしまうかもしれません。

親族や近隣とのトラブルや孤立

ゴミ屋敷 近隣 トラブル

このようにゴミ屋敷は見た目にも悪いだけでなく
見た目以上に沢山の危険が潜んでいる状態です。
親族も距離を取るようになりますし、小さい子ど持つ方は
子どもがゴミで怪我やアレルギーにならないように避けます。

影響は実家内だけとは限りません。
ゴミから漂った悪臭が近隣に悪影響を与え苦情の原因になります。
ゴミ屋敷で発生した害虫が移動すれば、近隣住民に被害が発生します。
公道や共用部までゴミが溢れていればご近所トラブルに発展します。
最悪、退去の要求やゴミ屋敷条例に基づき強制排除が行われます。
その費用はゴミ屋敷の住人、または親族が負担します。

孤独死のリスク・遺品整理の辛さ

ゴミ屋敷 精神疾患

社会や地域との繋がりが減ると孤独死後の発見を遅らせます。
家で倒れた時に助けを呼べず誰にも気にかけられず異臭や害虫の多さに
気づいた近隣住民からの通報で発見される事も珍しくありません。
ゴミ屋敷状態で息を引き取らせてしまったことへの
後悔もあるかと思いますので遺品整理がより辛くなります。

実家がゴミ屋敷状態になると遺品整理の負担が増します。
貴重品や思い出の品を見つけるは困難になっていきます。
見つかっても汚れやカビなどで腐敗してるかもしれません。

【ゴミ屋敷化を未然に防ぐ方法
ゴミ屋敷化を未然に防ぐ方法
ゴミ屋敷化の前兆を知っていればゴミ屋敷化を防ぐことができます。
再発防止にも役に立つかと思いますの未然に防ぐ方法と
親を説得しやすいタイミングをご紹介します。

以下のような状態は実家がゴミ屋敷になる前兆かもしれません。
実家がゴミで溢れないうち未然に片付けを始めましょう。

・脱いだままの衣類が重なっている
・賞味期限切れのものが多く存在する
・未開封の荷物が多数存在する
・閉鎖的で窓やカーテンが閉められたまま
・大量の段ボールやレジ袋が必要以上に存在する
・ゴミが捨てられずに放置されている
・導線がない・導線上に物が散乱している
実家のゴミ屋敷を片付けるには業者に依頼しなければいけません
もし、部屋がさほど荒れていない場合なら時間と労力をかけて
自分と親で片付けることも不可能ではないです。
しかし、高齢の両親に数日間片付けできる体力がないですし
無理に動かせてしまえばその負担は相当なもので
片付けがより嫌になり疎遠になってしまいます。

ゴミ屋敷化が進むと自力での清掃は困難です。
特実家がゴミ屋敷になってしまう家には一人暮らしの人が多く
高齢の親に一人で片づけるのは非常に難しいでしょう。
ゴミ屋敷化した実家を業者に依頼をし片付けてもらう前に
やるべき流れは以下の通りです。

・親に事情を聞きゴミ屋敷の原因を知る
・説得して片付けに賛成してもらう
・業者に依頼をしてゴミ屋敷を一気に片付ける

実家のゴミ屋敷を少しでも早く片付け健康を取り戻しましょう。
実家がゴミ屋敷になっていて片付けたくても親と喧嘩してしまう事があります。
そんな時は両親の気持ちに寄り添い実家を片付けるようにしましょう。
そこから、片付けの方向性を親と一緒に考えてみてください。

根本的な目標は安心安全な環境にすること

実家がゴミ屋敷!片付けるには?
実家の片付けはただ綺麗にすることが目的ではありません。
高齢な親が室内で思わぬケガや、災害など有事に安全に避難ができる
「安心で安全」な部屋を作ることが片付けの目標です。

寄り添う言葉を選ぼう

実家 ゴミ屋敷 帰りたくない

ゴミを処分しようと思ったら「それは捨てるな」と反対され作業が進まない。
親の為を思って整理したら「勝手なことするな」と親の意思に沿わず
整理をすると親子関係に亀裂が生じる原因にもなります。
あくまで親の所有物なので一方的な整理は避けたいところです。
そこで言い方1つ変えるだけで人間、受け取り方も変わりますので
スムーズに進む可能性のあるパターンを挙げてみます。

OK NG
「どう片付けてほしい?」「どっちを残しておきたい?」
「すぐ使わないからとりあえず移動させておこうか?」
「使う分だけ残しておこうか?」
「こんなに古いものいつまでもとってないで早く捨てろ」
「ゴミが残されても結局捨てるのは私だ」
「とりあえず要らないから捨てて」「こんなの使わない」

 親の居心地の良い空間を残す

実家 ゴミ屋敷 ブログ

親と子では片付いた部屋・居心地に良い部屋に対する価値観が同じとは限りません。
いつも座ってテレビを見ている場所などお気に入りの居心地の良い場所は
日常生活の中でほっとできるいつもの空間を残しておくことが大切です。

一歩的に処分したり家具の配置を変えれば
親にとって実家が居心地の悪い別の家になってしまいます。
整理する場所や配置場所などをしっかり確認しましょう。
親しき中にも礼儀ありです。

実家を片付けるタイミング

実家を片付けるタイミング
実家を片付ける時に大切な要素にタイミングが含まれています。
ゴミ屋敷状態に慣れてしまいそれが日常になりゴミ屋敷の掃除を
提案してもいつも通り過ごせているからと
必要性が伝わらない

怪我や健康被害に遭った時

実家 ゴミ屋敷 放置

ゴミ屋敷が原因で怪我をした時や食あたりになったときは
危機感が高まっているので説得しやすいです。
65歳以上になると歩行中に足をあげる高さが低くなり
小さな段差にもつまずきやすくなります。

食あたりや怪我をしてしまった時など弱っているときに
子供や兄弟の提案を聞き入れてくれやすいので
タイミングを逃さないようにやさしく説得します。

デイサービスや施設を利用する時

実家 ゴミ屋敷 放置

要介護認定を受けた時やデイサービスへの入所が決まったときには
世間の目を気にする方であればゴミ屋敷の片付けに前向きになってくれます。
老いはゆっくりと進行するため本人は周囲よりも5歳若い気持ちでいます。
介護認定を受けることで自分の老いを受け入れゴミ屋敷や生活状況についても
客観視できる可能性が広がります。

配偶者が亡くなってしまった時

実家 ゴミ屋敷 遺品整理

一緒に暮らしていた配偶者が亡くなったときは生活に
変化が生まれるため、ゴミ屋敷を片付けやすいタイミングです。
長年に寄り添っていた場合は夫のものを捨てるのに
許可が必要で捨てられなかっという事もあります。

配偶者の遺品整理をすると半分以上のモノが無くなることになります。
片付いていく部屋を目の当たりにする事で
ゴミ屋敷の片付けに意欲が沸くこともあります。
ただし、配偶者を失った喪失感がある時は逆効果です。

【実家のゴミ屋敷を自分で片付ける方法】
実家のゴミ屋敷を自分で片付ける方法
自分で実家を片付けられる場合と業者への依頼が必要になる場合があります。
まずは実家のの状況を確認し自分たちだけで行う時にはコツがあります。

準備、計画はしっかりと

やる気になった親の熱が冷めないうちに入念な準備と計画で
一週間から長くても1か月で片付けるのがコツです。
片付けの途中で足りないものがあると、片付け作業が中断し
集中力が切れ進まなくなってしまうので事前に必要なものを
必要な分を揃えてから始めましょう。

必要な道具 使い方
マスク・メガネ・ゴム手袋 マスク、メガネ、ゴム手袋はゴミ屋敷の片付け作業を効率的かつ安全にします。
マスクには食べかすなど有機物系の匂いを軽減する効果もありアレルギー対策にもなります。
手袋はゴム製でひじのあたりまでの長いものがおすすめです。
ゴミ袋 ゴミ袋を準備する前に自治体指定の袋を確認しましょう。
可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミなど自治体で分別されている種類だけ必要です。
ゴミ袋のサイズは一番大きいもので切れにくい分厚いものを用意します。
紐、ガムテープ、はさみ、新聞紙 紐やガムテープ、ハサミは雑誌や毛布、布団をまとめるときに必要になります。
新聞紙は生ゴミを捨てるときや見られたくないモノを包むために使用します。
殺虫剤 ゴミの山を片付けが進み、床が見えてくると、ゴキブリやハエからみたこともないような虫や卵が出てきます。
強力なスプレーを1用意しておきましょう。
作業前に燻煙剤タイプを使用する方法もあります。
車両 ゴミの持ち込み処分に使用します。
ゴミの臭いがつくので軽トラックなどの大量にゴミを
載せられる車両を借りたほうが効率的に進められます。

ルール

実家がゴミ屋敷!片付けるには?
自治体によってゴミ出しのルールが違うため
分別方法や収集日、収集場所を確認しましょう。
可燃ゴミ、不燃ゴミなど収集日は別々にされていることが多く
一度に出せるゴミの量に個数制限がある場合などもありますので
必ず確認する様にしましょう。

スケジュール

実家がゴミ屋敷!片付けるには? width=
ゴミ屋敷の片付けに充てられる時間や日数、人数から計画します。
ゴミを処分するまでが片付けですので、燃えるゴミの前日や
ゴミ処理施設に持ち込める日に片付けられるとベストタイミングです。

見えない場所から片付ける

実家がゴミ屋敷!片付けるには?

利用頻度の少ない2階や納戸から徐々に片付けた方がスムーズです。
いきなりプライベートスペースやリビングから片付けてしまうと
親も抵抗を感じ途中でゴミ屋敷の片付けを放棄することも考えられます。
リビングやキッチンから片付けた方が綺麗に見えますが
実家の片付けの場合は親の熱量を冷まさないことが大切です。

そしてプライベートスペースは台所や自室、リビングなどです。
この辺りの片付けを行う際は、むやみに物を処分してはいけません。
物にまつわる思い出話などをしながら親のペースを尊重しつ
残す物とそうでない物を分けながら進めていきます。

親と一緒に片付ける

実家がゴミ屋敷!片付けるには?

親と一緒に片付けると不要なものが溜まっていたことを自覚し再発防止に繋がります。
1つ1つに思い入れがあって捨てないのであれば、その思い出を聞いてあげることで
決心をし処分に繋がり実家のゴミ屋敷解消になったりします。
孤独が原因でゴミ屋敷を作り出してきた場合は根本的な解決にも役立ちます。

2〜3日を費やし自力で片付けられるケース

一週間以上費やし自力で片付けられるケース

・間取りがワンルームや1Kなど広くない場合
・特定の1部屋だけがゴミ屋敷状態となっている
・なんとか生活はできる状態である
・間取りが2Kから3DKまで
・キッチンやお風呂などの水回りが使用可能

 

【業者に頼んでゴミ屋敷を清掃・片付ける】実家 ゴミ屋敷 業者

相当量の時間と労力と根気を消費すれば自分たちだけで
片付けられる量のゴミであれば自力で対応できます。
しかし、対応できる事にも限界もあります。

下手に手を出すと怪我をしたり害虫によって体調を崩したりします。
何よりも最も大切ですが軽視しがちな時間を代償にします。
時間は有限で失った時間は戻ってきません。

近隣住民とトラブルに発展していれば早く掃除しなければなりません。
緊急性が高い時や手に負えない時は実家の掃除は業者に依頼しましょう。
自分たちでは処理するのが難しい大型の家具や触れるのを躊躇うような
汚いゴミなども迅速に丁寧に片付けてくれます。

実家のゴミ屋敷を一度リセットするなら業者に頼むのが確実です。
そこでゴミ屋敷清掃を業者に頼む流れや注意点について解説します。
親が片付けに前向きな気持ちになってくれたら安心で丁寧な業者を選び
ゴミ屋敷問題を一気に解決させましょう。

ゴミ屋敷の清掃を担当する業者はプロなので事前に
「捨てないでほしい」と伝えたものを捨てることはありません。
弊社も判断に迷った場合は必ず確認を取ります。

当日は作業に立ち会うだけ・事前にお話しが固まっていれば
作業開始と完了後の確認時のみでも構いません。
ゴミ屋敷が綺麗になるので業者の選定と見積もり
事前打ち合わせさえ終えればもう安心です。

業者に依頼した場合の清掃の流れは、以下の通りです。

・問い合わせを行う
・見積もりを出してもらう
・詳細な作業内容の確認を行う
・清掃作業を実行する

ゴミ屋敷清掃業者を頼む際のポイント
ゴミ屋敷清掃業者を頼む際のポイント

ゴミ屋敷の清掃自体は、業者に任せれば問題なく完了します。
しかし最初に悪徳業者など選んでしまうと高額な作業費用の請求や
実家や家財の破損被害に遭う可能性
もあります。

安心して依頼できるゴミ屋敷清掃業者を選ぶポイントは以下の通りです。

・清掃にかかる料金が分かりやすい
・応対が丁寧である

知らない内に追加料金が勝手に発生しない。
ゴミ屋敷清掃の実績を数多くあるか。
片付け、清掃をどこまでやってくれるか。
などポイントはいくつかあります

業者に依頼する前に親に確認する必要しておきましょう。
親にとって大切なものを処分する事もあるので
しっかり片付ける前に親と話し合いの場を設けましょう。

【ゴミ屋敷の片付けができる業者3つ】
ゴミ屋敷の片付けができる業者
ゴミ屋敷の片付けができる業者は大きく分けると3つ。それぞれ特徴があります。

不用品回収業者

不用品回収業者はゴミ屋敷の片付けが最も得意な業者です。
企業や一般家庭から不用になった家具や家電、雑貨を回収しています。
古物商許可を持っていれば不用品の買取もできます。
実績豊富な業者ならゴミ屋敷の依頼も多く作業スピードや近隣へ
迷惑が掛からないような配慮にも期待できます。

遺品整理業者

遺品の分別や仕分け、貴重品の捜索が得意な業者です。
古物商許可を取得している遺品整理業者は買取も可能で
人形や仏壇の供養ができるのも魅力の一つです。
実家の片付けと生前整理も同時にするときには、
遺品整理の目線からアドバイスしてくれます。
弊社は遺品整理士の資格認定もしています。

便利屋

家具の移動や庭の草刈り、犬の散歩、時にゲームのレベル上げなど
小さな業務から家の片付けなども受けてくれるのが便利屋です。
幅広い業務を引き受けてくれますが、この中で最も専門性に欠けるため
ゴミ屋敷の片付けには時間がかかることも予想されます。
回収した不用品の処分ルートを持っていないことが多いので、
依頼する時には処分方法の確認をおすすめします。

【信頼できる業者を選ぶポイント】
ゴミ屋敷 信頼できる業者を選ぶポイント

信頼できる片付け業者を選ぶと片付けに同意してくれた
親も満足し、良好な関係のまま快適な実家になります。

スタッフの質はどうか?

作業が丁寧な業者はスタッフの接客や社員教育にも力を入れています。
例えば、清潔感のある身だしなみで気持ちの良い挨拶ができる好感が持てる
スタッフが見積もりに来る時、電話をした時、その後の作業も期待ができます。
まずは人として社会人として、という事です。

ゴミ屋敷の片付け経験が豊富

ゴミ屋敷の片付けは経験によってスピードも効率も上がります。
中から貴重品を見つけるのも得意になっていきます。
ゴミ屋敷の回収実績がサイトに掲載されている場合やゴミ屋敷についての
コラム記事やブログ記事が掲載されている業者の方が満足する作業を提供してくれます。

【ゴミ屋敷の片付け費用を安くするコツ】ゴミ屋敷 分割払い

片付け費用を分割払いにする

クレジットカードの分割払いができる業者を選ぶ方法です。
カード払いやPayPayなどQRコード払いを導入する業者も増えてはきましたが、
依然として現金払いのみ、一括払いしか受け付けていない業者がほとんどです。
ごく一部の業者の場合、分割払いに対応している場合があります。
すぐにお金を用意できない時は分割払いに対応している片付け業者から選びましょう。

予算の範囲内で依頼する

予算をあらかじめ提示して業者に見積もりを依頼する方法もあります。
「50,000円でどこまで片付けられるか」と先に伝えておく。
「一部屋だけ」「玄関周り」など部分的な箇所を依頼する方法もあります。

手持ちのお金がなく片付けの依頼が出来ないとお考えの方!
リ・バスターであれば初期費用・頭金不要の分割払いでの対応も可能!
ゴミ屋敷 分割払い
その場のお支払いは一切ありません。
手持ちがない・手持ちを残したい場合も安心してご利用ください!
更に不用品回収時に不用品買取も行なっています。

【実家をゴミ屋敷にしない】

ただ1度片付けても根本的な原因が解決されていなければ、
半年後にはに実家は高確率でゴミ屋敷に戻ります。
手遅れになる前に実家をゴミ屋敷にしない方法をご紹介します。

定期的に実家に行く

お盆と正月には実家に顔を出すとゴミ屋敷化防止に繋がります。
人が来ることはイベントなので程よい緊張感が生まれて部屋を片付けるきっかけになります。
半年に1回は片付けるきっかけを作るためにも実家に帰ってあげましょう。

簡単でも良いから連絡をとる

電話やメールなどオンラインで連絡を取り合うだけでも効果はあります。
新型コロナウィルスの影響で近距離であっても実家に帰省しにくくなっています。
物理的な距離は仕方ありませんが心の距離は縮めることができます。
小さな積み重ねをして孤独感を和らげてあげましょう。

ますは親の話を聞く

実家がどんな状態でもまずは親の意見を聞くことを意識しましょう。
実家がゴミ屋敷になる前には、原因となる背景や出来事
実は病気が隠れていることもあります。
日頃からコミュニケーションをとる機会を増やし、
ゴミ屋敷になるきっかけを見逃さないようにしましょう。
話を聞く時には自分の意見は控えめにした方が
話しやすい環境になります。否定的な言葉は話す気を失います。

【今回のまとめ】

実家がゴミ屋敷になってしまう原因は主に4つ。
原因を取り除くことで根本的解決に繋がる。

実家がゴミ屋敷になると火災や健康被害、近隣トラブルの他に
孤独死のリスクも高くなる。遺品整理も辛く負担も増す。

ゴミ屋敷を片付けるには親の説得が必要。
タイミングや親との接し方が重要。

ゴミ屋敷の片付けが自分たちでできない時には
実績豊富な片付け業者を利用する。

実家をゴミ屋敷にしないためには
小さくても親と接する頻度を高める。

実家はあくまで親の持ち物です。
ゴミ屋敷にしても本人が片付ける意思がなければ動くことはできませんし
ゴミ屋敷状態は解消されません。
片付けが必要だと気づくタイミングに合わせて、
適切なサポートをしてあげると実家のゴミ屋敷は解消されます。

実家がゴミ屋敷で悩んでいる方はリ・バスターにご相談ください。
ゴミ屋敷を片付けるには、親を説得して専門業者に依頼する事が確実です。
自分で片付けをする場合でも家財の処分費用やゴミ出し等々費用が嵩みます。
そのため、少しの片付けであっても清掃をまとめて対応可能の
業者に依頼するのが最もおすすめです。
費用面でのトラブルを防ぐためにも、明瞭な見積もり
的確なサービスをご提供できるリ・バスターをご検討くださいませ。

【リ・バスターの特徴】

ゴミ屋敷の片付けはリ・バスターへお金がない人のゴミ屋敷の片付け方まとめ
ゴミ屋敷の片付けはリ・バスターへご相談ください。
予算を考慮して最適な片付けをお約束します。

リ・バスターが選ばれる理由
・お客様第一主義の柔軟な安心対応
・資格や許可を持った優良業者
・明確な明朗会計で安心
・最短当日からお悩みに直行
・分割払い・後払いが可能
リ・バスターは皆様に大変ご好評頂いております。

ご自身で片付けをすることが困難でも、業者を利用し
すべてリセットすることで早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん
不用品回収・片付け・清掃もまとめて
実績業界ナンバーワンの専門業者「リ・バスター」であれば
一括でお悩みをまるごと即日解決が可能!

ゴミや不用品を長い間溜めこんでしまいますと、
カビなどでお部屋が汚れたりなど放置すればするほど汚れや
ニオイは進行し全く手に負えなくなってしまいます。
またゴミ屋敷化は進めば進むほど片付け作業の
時間も増えていきますし費用も嵩んでしまいます。
もちろん個人宅以外にも店舗や倉庫もまるごと片付け可能です。

即日対応も可能!不用品回収・ゴミ屋敷の片付けなど
回収・片付け・処分・掃除のプロ集団『リ・バスター』にお気軽にご相談ください。

あなたのお悩みを24時間365日いつでもご相談可能です!
https://re-baster.com/

Twitter Facebook Instagram
不用品回収 即日 目黒区 不用品回収 即日 目黒区 不用品回収 即日 目黒区

不用品回収 業者 ランキング

ゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。
不用品を処分したい。
汚部屋を片付けたい。
一人では片付けられない。
このようなお悩みをお持ちの方!
【業界最速最安/安心丁寧で選ぶなら当社】
【明朗会計で初期費用/追加料金は費用一切なし】
【初期費用/頭金不要/分割払い/後払い/】
【安心の定額パック 追加料金なし】
【自宅の不用どんなゴミでも丸ごと回収】
【WEB・SNS限定割引/24時間365日相談可能】

【幅広い対応力と豊富な実績】私たち「リ・バスター」に安心してお任せ下さい!
【業界最速の最安値でご対応】回収もゴミ屋敷もお客様のお悩みに急行し即日解決します!
【損をしない安心な明朗会計】出張費/見積もり/基本料金オール0円で分割払いや後払い可能!
【個人様・法人様も利用可能】 廃品回収・粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収します!

 \大還元祭実施中!/
不用品回収業者 優良 選び方

室内消毒の詳細はコチラ!/
コロナ 室内消毒 業者
⇒https://re-baster.com/corona/

不用品回収 即日 東京 ゴミ屋敷 即日 業者 不用品回収 引越し 業者
空き家 不用品 処分 店舗 不用品回収 業者 不用品回収業者 買取 業者
遺品整理 ゴミ回収 遺品整理士 片付け 業者 特殊清掃 生前整理 業者 選び方
ハウスクリーニング 相場 おすすめ リフォーム 不用品処分 業者 庭の手入れ 業者 おすすめ

\24時間365日お気軽にご相談ください!/

サイトトップはコチラ ⇒ https://re-baster.com/
お問い合わせはサイト下記から直ぐにお悩みを解決できますよ!

不用品回収・粗大ゴミ回収・廃品回収・残置物撤去
ゴミ屋敷の片付け・引越し・引越しゴミ回収・ゴミ回収・空き家の片付け
遺品整理・生前整理・汚部屋の片付け・事務所の片付け・清掃・掃除
片付け・回収・処分・掃除・個人様・法人様サービスなど
\東京・千葉・埼玉・神奈川を中心に業界最速対応で代行します!/
皆さまに安心の初期費用不要・頭金不要の分割払い・後払い・買取など
柔軟にお客様1人1人のご希望に合わせてご対応しますので
あなたのお悩みを是非、お気軽に仰ってくださいね!

TOPページに戻る
ゴミ屋敷片付け 東京
不用品回収 東京 即日 ゴミ屋敷片付け 分割払い
不用品回収 東京 即日
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
ゴミ屋敷片付け 分割払い
即日ゴミ回収・不用品回収・粗大ゴミ処分・空き家整理・ゴミ屋敷片付け

リ・バスター

産業廃棄物収集運搬許可番号:第01200196332
古物商許可番号:第41120000835号
事件現場特殊清掃センター認定:第CSCO1461号
遺品整理士認定協会認定:第IO05913号

個人情報保護方針 | 運営会社