対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉
片付けコラム 2022.7.18

引越しの際に自分で片付けができない時は不用品回収業者を利用しよう

引越し前の大きな悩み・問題の一つが部屋の片付け・不用品の処分ではないでしょうか?大型の家具・家電を処分したいけど自分では運べない。引越しまでにゴミや不用品の処分が間に合わず新居にゴミや不用品は持ち込みたくはありませんよね。そこで、越しの状況に応じた部屋の片付けに伴う不用品の処分方法と特徴・選び方を解説します。

引越しで部屋の片付けをするなら方法は2つ

引越し 部屋の片付け 不用品回収
主な引越し時の部屋の片付け・不用品の処分方法は以下の2通りです。

自治体でゴミや不用品を処分する
不用品回収業者に片付け〜ゴミと不用品の回収を依頼する

2つの片付け方法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

自治体で粗大ゴミとして回収・処分する

1,000~2,000円以内で処分できるので少量の不用品・粗大ゴミを処分する場合は費用・料金を抑えることが可能です。

不用品・粗大ゴミの回収費用・料金は自治体によって異なりますが大型になるほど費用・料金は高くなります。事前の回収予約が必要で引越し前に回収を考えるなら日程に余裕をもって予約する必要があります。

回収日時と場所を指定されるため引越し直前に申し込むと間に合わなくなります。

不用品回収業者に部屋の片付け・不用品の回収を依頼する

引越し 片付け 不用品回収
片付けが終わらず不用品が処分できないまま引越しを迎えてしまう可能性も充分にあり得ます。

部屋の片付け・不用品の処分において最適なのが不用品回収業者に依頼をする事です。引越し日を間近に控えていても即日対応で迅速に部屋の片付け・不用品の処分が可能です。たとえ引越し前日・当日であっても諦めず不用品回収業者に相談しましょう。

不用品回収業を利用する事で手間・時間を気にする事なく迅速な部屋の片付け・不用品の処分が可能なだけでなく、他では回収や処分ができないゴミや不用品の回収も可能です

引越し時には家具・家電など粗大ゴミだけでなく細かなゴミ・不用品も出てくるかと思いますが、そんな時でも丸ごと一括で代行し部屋の片付け・不用品回収が可能です。

不用品回収業者のメリットは定額プランで手間と時間を節約

不用品回収業者に料金体系は大きく分けて2つ。自治体の粗大ゴミ回収のように品目事に単品で費用・料金が決められている場合と指定の部屋の広さ・トラックの積載量に応じた積み放題などの定額プランです。

あなたの状況に応じて最適な料金体系を提供している不用品回収業者に依頼する事で不用品回収業者を利用しスムーズに引越しを進めましょう。

不用品回収業者リ・バスターはお客様の要望に合わせた柔軟な対応力によって最適なご案内とお客様に寄り添うスタッフが部屋の片付け・不用品回収を行います。

引越しの際に自分で片付けができない時は不用品回収業者を利用しようはリ・バスター
https://re-baster.com/

TOPページに戻る
                
ゴミ屋敷片付け
不用品回収 東京 即日
ゴミ屋敷片付け 東京
不用品回収 東京 即日 ゴミ屋敷片付け 分割払い
不用品回収 東京 即日
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
ゴミ屋敷片付け 分割払い
即日ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷片付け・引越し片付け・遺品整理

リ・バスター

産業廃棄物収集運搬許可番号:第01200196332
古物商許可番号:第41120000835号
事件現場特殊清掃センター認定:第CSCO1461号
遺品整理士認定協会認定:第IO05913号

個人情報保護方針 | 運営会社