対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・長野・群馬・山梨
不用品コラム 2022.8.2

【実家の片付け】生前整理で親を説得する方法と片付けのコツ

「実家を綺麗にして快適に過ごしてほしい」「元気な内に生前整理をしたい」親だけとなった実家は、体力・気力的な問題から散らかりやすくなります。

しかし、早めに片付けなければ親がこの世から去った後、現実的な問題として残された者に大きな負担が掛かる可能性は高いでしょう。

この記事では生前整理という観点から実家を片付けるポイント、親を説得の方法を解説します。業者に初めて依頼する人にはぜひ読んで頂きたいです。

実家を片付けたいと悩む人は多い

断捨離とは
親が亡くなった後のことを考えると、実家の片付けは早い段階で行うべき。広い一軒家で親が1人で住んでいるケースは珍しくありません。

実家が散らかる主な原因

ゴミやモノの片付けができず散らかっているという話を良く聞きます。原因として、親が高齢になるにつれて起こる以下の問題が考えられます。

・親の体力が落ちている
・親の認知能力が落ちている
・孤独感が強まっている

高齢になると、どうしても体力、認知能力が落ちてしまい家の片付けが困難になります。また、周りに人がいない孤独感からモノに愛着を持ち、捨てられなくなることも多いです。

事前に対策することが大事

しかし、実家の片付けはなるべく早く行わなければ親が亡くなった後、片付けは全て親族の負担になってしまいます。今は大丈夫でも、実家は些細なキッカケで散らかってしまいます。

実家の片付けは他人事ではありません。実家がゴミ屋敷化する前に対策を考えることが大切です。では、親が元気なうちに実家を片付けておくべき理由についてご紹介します。

元気な間に実家を片付けよう

断捨離のメリット
親の体力は今後も落ちていくので、親が元気なうちに片付けを始めることが最も大切です。親が亡くなった後、実家の片付けは子どもたちの負担になってしまいます。

意識すべき生前整理とは

実家が遠方にある場合、特に片付けが大変になってしまうので早い段階での対処が必要でしょう。単に荷物の整理をするだけでなく「生前整理」を行うことも必要です。

生前整理とは、死後を考えて身の回りのモノや財産の整理をすることです。実家の片付けでは、生前整理を意識し親がどんな財産を持っているかも明確にする必要があります。

✔ 生前整理のポイント

片付けを行う中で以下のポイントを意識すると、いつか訪れるであろう親が亡くなった後の実家の片付けや整理を楽に行うことができるかと思います。

・貴重品を一箇所にまとめる
・死後処分してほしいものをリストアップする
・不要なものはできるだけ早く処分する

以上のポイントを意識し、少しづつでも確実に片付けてみてください。片付けた分、親も快適に生活でき、あなた自身も後々の整理に悩む事が減ります。

親の意見も聞いてみよう

今後のことについて親と話し合う機会を設ければ、親の持ち物にどんな価値があるのかしっかり把握することができます。片付けと併せに生前整理を進めましょう。

実家は早く片付けなければ、突然親が倒れた時の負担が大きくなってしまいます。しかし、親が実家の片付けに反対し、作業が進まないケースも少なくありません。

そこで、実家の片付けに賛同してもらう方法を解説します。自分の今後、親の今後を考え片付けに賛同してもらえるよう交渉してみましょう。

実家の片付けに同意してもらう

断捨離を始める手順
実家の片付けには、その家に住んでいる親の同意が必要です。実家を無断で片付ければ、親との関係が悪くなってしまいます。

親を説得する方法

実家がゴミ屋敷のような状態であっても、ゴミを勝手に捨てるのはトラブルのもとです。実家の片付けに同意してもらうには、以下のような方法があります。

・汚部屋のリスクを知ってもらう
・リサイクルや寄付を提案する
・とにかく1ヶ所だけ掃除をする

それぞれの方法をチェックし最適なものを選び、親の孤立化を防ぐためにも、親を説得して片付けに同意してもらいましょう。

1:汚部屋のリスクを知ってもらう

体力がなくて片付けられない、片付けが面倒、という親に対しては、ゴミ屋敷のリスクを知ってもらいましょう。片付けようと前向きな気持ちになる人も多いはずです。汚れた部屋に住むリスクとしては、以下のものがあります。

・火災のきっかけとなる
・転倒事故につながる
・カビが発生する
・害虫被害に遭う
・近所からクレームが来る

命や家財を失う危険があると知れば、片付けに前向きになってくれるでしょう。一方、リスクを説明しても親が片付けを嫌がる場合も少なくありません。

その際は清掃業者を利用することを提案し、自分で片付けをしなくても家が綺麗になり、ストレスのない快適な生活ができる事を説明しましょう。

2:リサイクルや寄付を提案する

もったいない精神からモノ捨てられない、という親にはリサイクルや寄付を提案しましょう。まだ使えるかも、別の人が使うかも、と考えてものを溜め込みやすいです。

そのため、捨てようとしても「まだ使える」と抵抗されるケースが多くあります。ただ捨てるのではなく思い出話を聞いてあげたり、寄付やリサイクルをしましょう。

ものを捨てるられない親も、リサイクルや寄付で別の人に使ってもらえるなら手放しても構わない、と考えてくれるはずです。

3:1ヶ所だけ掃除をする

親がどうしても片付けに賛成してくれない場合、1ヶ所だけでも掃除をしましょう。一部分だけでも綺麗になれば、片付けることの気持ちよさや快適さに気がつくはずです。

また、綺麗なスペースを守ろうとゴミを積極的に捨てる人も多いので、新しく出たゴミはゴミ箱に捨てるなど親の行動にも変化があるかもしれません。

ゴミだと思っても親の所有物ですから無断で片付けるのはNGです。まず説得することを心がけてみてください。次は、実家の片付けが決まった後について解説します。

実家の片付けを行う時のコツ

断捨離の手順
親が片付けに同意してくれただけでは、実家の片付けが進みません。親や他の家族とも話し合い、具体的な片付け計画を作りましょう。

実家を片付けるコツ

片付けの途中でトラブルが起こると、親がネガティブになり片付けを拒否することもあります。上手く片付けるため、以下のコツを意識して作業を進めましょう。

・モノを勝手に捨てない
・残したいモノをピックアップする
・小さいスペースから片付ける
・一時保管する余裕を設ける

では1つずつ、それぞれのコツについて詳しくご紹介しますので、是非ご参考いただきご実家の片付けをサポートできると幸いです。

✔ モノを勝手に捨てない

大前提として、親の許可なく実家のものを捨てるのは避けましょう。片付けに同意していても、大切なものを捨てれば家族仲が一気に悪くなる可能性もあります。

ゴミに見えるものでも、親にとっては大切なものかもしれません。捨てられないものは一時保管する場所や期間を設けるなどして、親の気持ちに寄り添うことが大切です。

✔ 残したいモノをピックアップする

事前に残しておきたいモノをリスト化しましょう。片付けの最中に大切なものを無くしてしまうと、後の生活が不便になることもあります。

まだ使う家電、家具はもちろん、通帳や印鑑などを事前にメモしておけば、その可能性は低くなるでしょう。貴重品のみを入れる貴重品ボックスを用意しておくと安心です。

事前に保管場所も決めておけば片付けは更にスムーズに進むでしょう。片付けの前に話し合いをして、どうしても捨てたくないものは何か考えてもらいましょう。

✔ 小さいスペースから片付ける

片付けの達成感や成功体験を積み重ね、モチベーションを上げるためには小さいスペースから片付けることが大切です。最初に広いリビングの掃除を始めると、大変な作業から挫折などネガティブな気持ちになります。

一方、台所や洗面所、玄関などの小さいスペースなら、取捨選択が簡単で片付けが捗りやすいです。綺麗になった部屋を見れば、親の気分も前向きになるでしょう。

✔ 一時保管する余裕を設ける

事前に一時保管する余裕を設けスペースなども作っておけば、ものを捨てるストレスを軽減できます。いきなり不要なものを全部捨てるのは相当なストレスです。

捨てるという決断をするのは大きな負担になるので、片付けを途中で諦めてしまう可能性もあります。捨てるべきか捨てないべきか迷うものを一時保管する余裕が必要な場合もあります。

どうしても迷うモノを一時保存すれば処分という大きな決断を減らすことができるので心の負担は軽くなります。順調に進むよう様子を見ながら慎重に進めましょう。

実家の片付けは業者に頼む

断捨離 やり方
ゴミ袋が溜まっているだけで、まだ床が見える状態なら自力で掃除することもできますが。本格的に実家を片付けるなら、自力で行うより業者に頼むのが最もオススメです。

自力で困難な場合は業者を利用しよう

しかしゴミが山積みになり、足の踏み場もない状態だと自分たちで清掃するのは困難です。ですが清掃業者に頼めば、長くても数日で片付けを完璧に済ませることができます。

高齢の親と子供だけでは、片付けで体力的に疲れ果て、言い争いに発展する恐れも少なくありません。しかし専門の業者に依頼すれば、必要なものと不要なものを確認しながら清掃を進めてもらえるので親と喧嘩になる可能性は低いでしょう。

また、大型の家具などを運ぶ際に怪我をしてしまうケースもあります。トラブルを防ぐためにも、ゴミをスムーズに処分してくれる清掃業者に依頼するのがおすすめです。

業者を利用する前に確認しよう

通常、生活する中でモノを捨てるときは、分別をして自治体のごみ収集や粗大ごみの回収予約をしたりする必要があります。断捨離で一気に沢山のモノを処分したいときは、手間がかかって大変ですよね。

メリット デメリット
・分別、解体、運搬など処分に関して丸投げできる ・どの業界にも悪徳業者が存在する

行政の粗大ゴミでは必要に応じて解体や指定場所まで自分で運搬をする必要があります。更に単品価格で不用品が多いほど手間もお金もかかり、回収まで一ヶ月以上待つ事もあり、コスパが悪くなってしまいます。

回収できない品目もあり、不用品を処分できない可能性もあります。また、回収日まで不用品を部屋に置いておくと、「やっぱり取っておこうかな」と決意が揺らいでしまうかもしれません。

✔ 安心・安全に処分が可能


捨てることを決めてすぐに不用品回収業者に依頼すれば、迷う余地なく処分できますよ。不用品回収業者なら、回収できない物は基本的にありません。自分で面倒な分別や解体、大変な運搬も必要ありません。

あなたが唯一することは、業者に連絡する。
たったこれだけです。

業者を利用する際は定額パックなどを用意している業者に選ぶことで、手間や時間を節約する他、圧倒的に価格面でのコスパもいいです。

ご自身で作業をすると運搬や解体が必要となればお金や時間を消費するだけでなく、怪我などのリスクもあるため、不用品が数点ある場合は不用品回収業者を利用することがオススメです。

✔ 業者を選ぶ注意点

断捨離は様々な不用品を処分する為、定額プランを提供している業者を選ぶことをオススメします。
注意点としては安過ぎる金額を提示している業者には注意が必要です。片付け作業などは定額だが人件費や出張費は別など後から追加料金を支払い損する可能性があります。

企業努力だけではどうにもならない事もあるので安過ぎる価格設定をしている業者は極力避けましょう。破格過ぎる場合、利益が出なければ業者は存続できません。

存続ができなければお困り事を解決できず、サービスを提供する事はできませんので本末転倒です。目の前の金額に惑わされずコスパの良い業者を選ぶことが大切です。

✔ 業者利用する前の工夫

業者に依頼をする際にほんの少しの工夫をすると料金を抑えることができます。不用品の選別や片付け作業まで全て依頼すると業者によっては料金は高くなる事もあります。

つまり、自分で選別や簡単な片付け、自分で処分できるものは処分することでその分の費用を浮かせることができます。

または、ご自身で予算を決めて、その金額分の回収をお願いする方法もあります。予算が少ない場合は効果的な方法の一つです。
しかし、予算が少ない場合でもまとめて処分したいというのが本音だと思います。そんな時は弊社では分割払いやクレジットカード払いをご用意しておりますので、即日でご負担を抑えることが可能です。

まとめ

断捨離のやり方 まとめ
いかがだったでしょうか?実家の片付けや、生前整理で親を説得する方法と片付けのコツをご紹介しました。お部屋がスッキリすると親も快適に生活ができます。仮に施設に入居する時や、もしもの際もスムーズに行うことができるかと思います。

✔ 実家が散らかる原因
✔ 生前整理のポイント
✔ まずは親の意見も聞いてみよう
✔ ものを勝手に捨てることはしない
✔ 実家を片付るコツを知る

もし、ご自身での断捨離が困難な場合、弊社リ・バスターでは実家の片付けのお悩みをまるごと即日で一括解決する片付け・清掃のプロ集団です。

業界最速・最安値かつ確かな経験と実績で安心丁寧に、お客様のお悩みに合わせた柔軟さにご好評頂いている弊社へ安心してご相談ください!

断捨離・片付けの解決はリ・バスター

ゴミ屋敷 分割払い 即日
どんなお部屋の片付けもリ・バスターへ24時間365日お気軽にご相談ください。予算なども考慮して最適な片付けをお約束します。

無駄な費用はありません

リ・バスターなら無駄な追加料金や初期費用、基本料金はありません。例えば、以下のサービスが全て含まれています。

✔ 見積/出張費/基本料等ありません!
✔ 分別/整理/解体/清掃/貴重品の探索
✔ 廃棄物処理/基本清掃作業/運搬作業

全てコミコミ価格で安心の明朗会計!これだけではなく、更にこのようなメリットで皆様に大変ご好評頂いております!

✔ 最速/安心丁寧で選ぶなら当社
✔ 初期費用/追加料金は必要なし
✔ 頭金不要/分割払いも対応可能
✔ 明朗会計/好評安心定額パック
✔ どんな不用品もまるごと回収!
✔ 限定割引/24時間365日相談可
✔ お客様第一主義/柔軟かつ迅速
✔ 資格など取得済みの優良業者

ゴミ屋敷状態のお部屋の片付けたい悩みを解決したい。不用品を処分したい。汚部屋を片付けたい。一人では片付けられない。このようなお悩みをお持ちの方!

片付けたいお悩みを解決します

不用品回収 業者 ランキング【業界最速の最安値でご対応】
✔お客様のお悩みに急行し一括で即日解決!
【損をしない安心な明朗会計】
✔基本料金0円で分割払いやクレジット可能!
【個人様・法人様も利用可能】
✔粗大ゴミ・不用品やゴミなら何でも回収!
【幅広い対応力と豊富な実績】
✔プロ集団リ・バスターにお任せください!

信頼できる業者利用が安心

弊社リ・バスターはこれまで皆様に大変ご好評頂いております。片付けは業者のスキルにより時間が大きく変わります。

ゴミや不用品を長い間溜めてしまうと、部屋が汚れ放置期間が長いほど汚れや匂いは進行し手に負えなくなってしまいます。 また、状態が進行するほど作業の時間、労力、費用もかかります。

弊社は片付け・清掃のプロ集団ですので、短時間で作業完了するため、余計な費用をかける事なく高品質かつ料金も安く抑えることができます。

ご自身で片付ける事が困難でも、業者を利用しリセットすることで、早期のゴミ屋敷状態のお部屋はもちろん不用品回収・片付け・清掃も可能です。

即日対応も可能!不用品回収・ゴミ屋敷など片付け掃除のプロ集団専門業者リ・バスターなら一括で即日解決!個人宅の他、店舗、事務所、倉庫もまるごとお任せ下さい。

サイトトップ
Twitter
Facebook
Instagram

TOPページに戻る
ゴミ屋敷片付け 東京
不用品回収 東京 即日 ゴミ屋敷片付け 分割払い
不用品回収 東京 即日
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
ゴミ屋敷片付け 分割払い
即日ゴミ回収・不用品回収・粗大ゴミ処分・空き家整理・ゴミ屋敷片付け

リ・バスター

産業廃棄物収集運搬許可番号:第01200196332
古物商許可番号:第41120000835号
事件現場特殊清掃センター認定:第CSCO1461号
遺品整理士認定協会認定:第IO05913号

個人情報保護方針 | 運営会社